« TL第3節結果 | トップページ | ラトゥ&浅野コンビ »

日曜の秩父宮と大野選手

東京は朝から雨が降っていた。日曜日は秩父宮ラグビー場で、JSPORTSの解説だった。まずは、タマリバクラブが、北海道バーバリアンズを破って東日本トップクラブリーグを制する。僕は第2試合の、帝京大対早大の試合担当。

早大の中竹監督は、この試合で「コア・ビルディング」、つまりチームの核を構築することをテーマに掲げていた。「うまくいけば、今年のチームが目指すアタックが見られると思います」と話していたのだが、内容は、その言葉通り、早大が帝京大から意図通りのトライを奪って点差を広げた。

最初のふたつは、モールを押し込んでのトライ。帝京も、SH猿渡がPGを返したが、23分、早大が、ハーフウェイライン付近右のラインアウトから展開し、まずはBKラインにLO権丈が参加して前進、すぐに左へボールを出して、ライン参加のFB五郎丸から、WTB田中に渡ってトライ。早大は前半にもうひとつトライを加えるのだが、それもSO山中の素速いパスを、ボールを受ける前の動きでディフェンスをずらしたCTB田邊がキャッチしてインゴールに飛び込む見事なものだった。

帝京は、NO8堀江、LOツイらが再三防御ラインを突破したが、連続攻撃の中でのミスが多く、ボールを確保することができなかった。最終スコアは、61-8。好機に得点できていれば、スコアは一気に縮まっただろう。ディフェンスでよく前に出ながら、あっさりと抜かれるのも気になった点。このあたりは、大学選手権までに修正したいところ。

早大は、1年生SO山中が素速いパスでラインを走らせた他、途中出場の1年生WTB中濱も力強いランニングを見せた。早大のFWを前に出させないチームでないかぎり、このBKを止めるのは難しい気がする。早大の対抗戦残り試合はふたつ。その相手となる慶大、明大も調子を上げており、対決が楽しみになってきた。

Ono

秩父宮で仕事を終え、すぐに三鷹へ。ラグマガの森本さんをパーソナリティにしたトークライブ「ラグビーに乾杯」を見に行くためだ。ゲストは東芝ブレイブルーパスの大野均選手。女性のためのラグビー講座と銘打っているのだが、カップルなら男性も参加OK。僕も参加したのだが、けっして女装した深緑郎さんとのカップルではありません。

大野選手の実感のこもった話は非常に興味深かった。フィジー戦直後、全力を出し切って点滴を受けた話や、体重が1試合で6㎏落ちたことも。誠実そのものの話し方に好感を持った参加者は多かったはず。「サッカーやバスケットは熱くなってぶつかっていったら反則だけど、ラグビーは熱くなってぶつかっていくといいプレーになる」というのは分かりやすい話だった。

僕もまた新しいラグビーファンの方々と出会うことができて、嬉しかったなぁ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL第3節結果 | トップページ | ラトゥ&浅野コンビ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    三鷹では観戦初心者の不躾な話にお付き合い下さってありがとうございました。次はぜひ村上さんのトークライブに参加したいと思います。

    投稿: tsuda | 2007年11月13日 02:36

    大野選手の人柄が出ていた、とても素敵なトークショウでした。お父さんが常々「うちの息子は素人だから」という言葉も、きっと奥ゆかしさの表れで、そんなご両親に育てられたことが、今の大野選手の謙虚な姿に反映されている気がします。

    投稿: ムーニー | 2007年11月13日 00:47

    久しぶりに村上さんのお声も聞けてうれしかったです。大野選手が、のんびりやさんというのは意外でした。こういう楽しいお話、もっと大勢のラグビーフアンが聞けるといいなあと思います。

    投稿: らり坊 | 2007年11月13日 00:24

    大野選手の話は、いい内容でした。W杯を経験した選手ならではの話は、興味深かったです。ラグビーができることの幸せ、命のやり取りなど、真剣勝負をしているのですね。

    投稿: サファイヤ | 2007年11月12日 17:22

    大野選手がヘッドキャップをやめた理由は明かされたのでしょうか

    投稿: ナベゾ | 2007年11月12日 06:07

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/17048905

    この記事へのトラックバック一覧です: 日曜の秩父宮と大野選手:

    » 早稲田大学対帝京大学(前半から後半へ) [日本大好き、好きです早稲田日記]
     五郎丸選手と豊田選手が、試合中何か言葉を交わす。プレーの確認か 五郎丸選手のコンバーション。この日は8/9でなかなかの出来。 早稲田のチャージに合い転々としたボールを拾い突破を図る帝京。一瞬場内も沸いたが… 前半終了。帝京をノートライに抑える。 ロッ...... [続きを読む]

    受信: 2007年11月12日 08:45

    » 帝京大学vs早稲田大学 (20071111) [SANDA]
    === 関東大学対抗戦2007 === === 帝京大学vs早稲田大学 (20071111) === [[attached(1)]] 「緩み」 先週ラグビーの話題はこの言葉がキーワードのような気がした 関東学院大学のラグビー部員の大麻事件がひとつ。 前述のことと同じレベルにしてはいけないが、サントリーがコーラに敗退したこと。 両方とも緩んだに違いない。小生はそう思っている。 だから、宿敵「関東」を..... [続きを読む]

    受信: 2007年11月12日 11:52

    » 早稲田大学対帝京大学(後半怒涛の攻め) [日本大好き、好きです早稲田日記]
     ハーフタイムの応援歌披露。早稲田大学は「紺碧の空」。グリークラブの合唱はちょっと違和感。「早稲田の詩」なら違ったのに。 二人がかりのタックルに転倒した五郎丸選手だが、 サポートに走った豊田選手にパスして、トライ。 早いぞ田中。ライン際を激走。 タック...... [続きを読む]

    受信: 2007年11月13日 00:29

    » 「ラグビーに乾杯 Vol.2」 [ココロミ]
    久しぶりの更新になってしまいましたね。こんなに空いてしまったのは初めてかな? まあ、こんなこともありますわ。さて、今回は森本優子さんの「ラグビーに乾杯 Vol.2」のお話ね(11月11日(日)午後6時から文鳥舎さんにて)。 ゲストは東芝ブレイブルーパスの大野均選手です。このトークイベントの参加資格は女性(男性は女性とカップルで参加可能)ということで、客席は女性の熱い視線が注がれていました。たぶん(笑)。↓ お話中の大野均選手。 入ってきた瞬間、「大きい!」というのが印象でした。背がとっても高いん... [続きを読む]

    受信: 2007年11月14日 17:30

    « TL第3節結果 | トップページ | ラトゥ&浅野コンビ »