« 高校ラグビーの話 | トップページ | 八幡山とTL第5節 »

ラポルト氏、上井草へ

木曜日は早大ラグビー部の上井草グラウンドに行ってきた。前フランス代表監督ベルナール・ラポルト氏が来日して早大の練習を見ることになっていたからだ。

Lapokiyo

同氏は10月に同代表監督を退任後、厚生青少年スポーツ省・スポーツ担当閣外大臣に就任した。来年は日仏交流150周年ということもあり、イベントの提案などのために、フランスの柔道関係者らと来日したようだ。短期間の来日(30日帰国)だが、世話役の一人がサントリーサンゴリアスの清宮監督と旧知の仲とあって、清宮監督、早大の中竹監督と会食の機会も持った。スケジュールの都合がつく29日は、サントリーの練習が休みだったため、早大の練習を見学することになったという。

Kenjyo

早大の前監督でもある清宮氏の案内で練習見学したラポルト氏は、「素晴らしい環境」と驚きつつ、熱心に練習する選手達に目を細めていた。また、「ラグビーで一番大切なのはディフェンスです」など選手達にアドバイス。実際にグラウンドにいたのは1時間ほどだったが、熱のこもったスクラム練習に真剣な眼差しを向けるあたり、コーチの感覚が呼び覚まされたようだった。

さて、その早大は、関東大学対抗戦での7年連続全勝優勝をかけて、12月2日の明大戦に臨む。きょうもコンタクトをともなう激しい練習をしていた。「この4年間で明大のスクラムは一番強いと思う」と中竹監督。FW第一列は、怪我をしていた両PR瀧澤、畠山も復調。「この3人で合わせた期間は少ないですが、意地で組んでくれるでしょう。スクラムで勝ちたいですね」と期待を寄せた。怪我のため、この日もグラウンドには出てこなかったFB五郎丸も試合には出場できる見込み。火曜日から体育館では調整をしているようだ。権丈キャプテンは、「明治は勢いがあると思います。でも、次の明治戦が(大学の)決勝のつもりで戦います。昨年の決勝戦で関東学院に負けてから、どんな相手にも1点差でもいいから勝つことを考えてやってきましたから」と力を込めた。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 高校ラグビーの話 | トップページ | 八幡山とTL第5節 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    2011年ワールドカップも出場20ヶ国となることが決定しました。

    滞りなく代表を強化してもらいたいものです。

    投稿: 通りすがりのもの | 2007年11月30日 22:11

    KYONと申します。
    元杉並ラガー様のおっしゃりたいことは
    小生も同感します。
    件の人(もう選手には戻れないでしょうから)が、一本目にほど遠い存在の人
    ならともかく、公式試合のメンバー(たとえスタータでないにしろ)に選ばれたこと
    がある人が何故そのようなものを取り扱う(取り扱える)場所(しかもクラブ)に
    行っていて、誰も知らなかったというのは
    ありえない(少なくとも監督、スタッフ)
    ことでは無いでしょうか。
    このものを取り扱ったというより社会通念上好ましくない場所に行って注意
    できない組織は解体すべきでしょう。
    確かにあの大学がなくなることで、一時期は大学ラグビの興味が減って観客
    が減少するかもしれませんが、これを
    放置していると、(W-CUPの(ある
    程度予測してはいたことですが)残念
    な結果と踏まえて、よほどコアなファン
    以外見放すことになりかねません。
    (コアなファンと自称の小生も宗旨替え
    したい心境では有ります。)
      ⇒ 某国技と称する興行の現状
        を見れば想像に難くない
        でしょう。
    最近富みに勝敗のみが最優先する
    傾向から本来のラグビーという
    スポーツの意味づけを再考するため
    にも、この問題はもっと検討すべき
    と思います。

    投稿: KYON | 2007年11月30日 15:28

    ラポルトさんの話もいいけど、ラグビーマガジンをみてがっかりしました。皆さん口をそろえて大麻の件は連帯責任とするのがおかしいという論調でした。みなさん、ラグビーを愛するあまりに一般社会と乖離していることに目をつぶっていませんか?
    大麻をはじめとする麻薬に関して一般社会がどれほど厳しい目を持っているか意識しているでしょうか。
    選手がかわいそうという意識が先に出て、重大犯罪を相対的にたいしたことがないと言ってはいませんか?
    成長過程の大学生、それも寮生活をしている人間を個人の問題として大学と切り分けることは非常に理解しがたいし、選手のためにもなりません。チームメイトに対してそのような犯罪をおこさないようにするのが肝要です。
    自分自身長くラグビーしてますから、ラグビー選手が聖人君子であるとは言いませんが、チームメイトのやったことを、俺と関係ないと言い切る人間にはなりたくありません。
    心底そう言いたいのならさっさとプロになればいいんですよ。
    ラグビー解説者諸氏の一連の発言に対して非常な違和感を持ちましたので、久しぶりに投稿させていただきました。今回の事件に負けず、関東学院、大学ラグビー、日本ラグビーが発展することをひたすら祈ります。でも犯罪を矮小化したり詭弁で責任逃れをすることはやめてください。

    投稿: 元杉並ラガー | 2007年11月30日 12:35

    ルーベン・ソーンが来年のスーパー14終了後、ヤマハに入団するみたいですね。
    他にも何人かNZから来日するみたいですから、またトップリーグ活性化されればイイですね。

    投稿: Magpies | 2007年11月30日 10:47

    ドイエの件は、雨降って地固まったようですな
    あとはエリちゃんの件だけか

    投稿: ナベゾ | 2007年11月30日 08:06

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/17224959

    この記事へのトラックバック一覧です: ラポルト氏、上井草へ:

    « 高校ラグビーの話 | トップページ | 八幡山とTL第5節 »