« 茶色ボール | トップページ | TL第2節結果&お知らせ »

土曜日のTL第2節結果

朝、東京駅のホームで久しぶりに、「柔らかカツサンド」を買う。相変わらずの味で嬉しくなる。新聞を買ったら、チェ・ゲバラの特集があった。発売中のラグマガ巻頭の藤島さんのコラムにもあるが、ゲバラはラグビーをプレーし、専門誌を作っていた時期がある。もちろん、新聞にはそんなことは書いていない。いまを生きる夫人の話が中心。いい記事で泣けた。

土曜日は瑞穂ラグビー場だった。快晴。日焼けした。トヨタ自動車ヴェルブリッツ対三菱重工相模原ダイナボアーズ戦の解説だったのだが、トヨタ圧倒的有利の予想を覆し、三菱が健闘した。低いタックルで粘り、ミスを誘って素速く切り返す。アレックス、佐藤の両FLはしぶとく、CTB兼村などBK陣はよくゲインを切った。前半を終えて5点のリードに、波乱の予感さえした。トヨタは浮き足立っていた。しかし、後半、トヨタはNO8菊谷、PR豊山ら経験豊富な選手を投入して流れを変える。菊谷は何度も大幅ゲイン。SO正面も好判断から3トライを奪った。終盤に流れは決定的となったが、三菱の低いタックルとよく前に出続けるディフェンスが光っていた。

トヨタの大籔BKコーチに少し話を聞いた。きょうの試合で、本来はWTBの岩本がアウトサイドCTBに入っていたのだが、「SO正面、CTB岩本は4年後のワールドカップに出てもらいたい」と、潜在能力抜群の2人に大いに期待しているとのこと。正面の能力の高さは広く知られるところだが、岩本のサイズとスピードも魅力だ。パススキルにも優れる大型の日本人CTBとして、ぜひ育ってほしいと願う。終盤、ライダー登場。瞬間移動ステップ炸裂でトライ。あの一歩は桁外れだ。

第1試合のヤマハ発動機ジュビロ対NECグリーンロケッツは、NECが前節とは見違える気迫あふれる動きを見せ、前半19分までに、SOヤコ・ファンデルヴェストハイゼンが、2トライ、1DGを決め、17-0とリード。後半は一転してヤマハが攻めたが、届かなかった。それでもヤマハは、CTB大西のトライで4点差に迫り、ボーナス点「1」を獲得した。きょうは、大西のプレースキックが不調で、逆にNECのCTB安藤は堅実に決め、明暗を分けていた。

その他の結果は以下の通り。大学ラグビーは、慶応と明治が引き分け。いったいどんな試合だったのか。録画を見るのが楽しみだ。

◎トップリーグ第2節結果(3日)
ヤマハ発動機ジュビロ ●19-23 ○NECグリーンロケッツ(前半5-23)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ○59-10●三菱重工相模原ダイナボアーズ(前半5-10)
コカ・コーラウエストレッドスパークス○25-13●クボタスピアーズ(前半3-10)
三洋電機ワイルドナイツ○72-5●福岡サニックスブルース(前半39-0)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 茶色ボール | トップページ | TL第2節結果&お知らせ »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    金曜日に日曜日のペア券を買いにコンビニへ。しかし完売の表示が。そんなはずはないと調べたら、今年から5日前までだって。去年までは前日まで買えたのに!再入場も出来なくなった時にも思いましたが、どんどん改悪されてますね。野球がファンサービスを見直してるのに・・・。

    投稿: 風 | 2007年11月 4日 11:23

    昨日の解説ご苦労様でした。寒かったでしょう?1試合目でお見かけして早速下向いてなにやら書く作業を始めたのでさすがスポーツジャーナリストと思っていたらサンドウィッチ食べていたんのですね。とても美味しそうでした。これが「柔らかカツサンド」だったのかな?東京から持ってきたのならすごい。僕ならすぐ新幹線内で食べてしまいそう。

    投稿: 深緑郎を探せ! | 2007年11月 4日 10:14

    昨日は瑞穂での解説お疲れ様でした
    大学も名門が復活の兆しで面白いですね
    佐賀工の試合にとんでもないスコアが残って
    しましましたが、ちょっと考えてしまいます
    http://www.rugby-try.jp/taikai/taikai.php?id=524

    投稿: 瑞穂 | 2007年11月 4日 09:46

    高校ラグビー、佐賀工はやり過ぎだ~。

    投稿: rugbyhead | 2007年11月 4日 07:49

    明慶戦を観戦。思ったより観客が少ない感がありました。去年のほうが入っていたような・・・勘違いかな・・・・
    村上さんのビデオ録画チェック後の感想を期待しております。記事をTBさせていただきました!

    投稿: SANDA | 2007年11月 4日 07:27

    今朝のサンスポ記事にありましたが、明治のコンバージョンでラインズマンがゴールポストを通ったと旗を上げましたが、レフリーはゴールを認めませんでした。
    これが勝負のあやになってもおかしくありませんでしたが、明治サイドで異議を唱える人がなく、「勝ちきれなかったことが悔しい」という純粋なコメントが聞けたことがうれしいです。
    でもこういった事態が起こるのであれば”ビデオレフリー”はやはり必要なんじゃないでしょうか。

    投稿: 通りすがりのもの | 2007年11月 4日 07:21

    喘息持ちのラグビープレーヤーってとこまでは誰かさんと似てるけど、家柄が良くて頭脳明晰な医学生とくればもはや比較の対象では...
    でも、ポデローサ号を駆って未知なる世界へ飛び出したゲバラの精神性には学んで欲しい
    末期は真似しなくていいけどね

    投稿: ナベゾ | 2007年11月 4日 07:01

    瑞穂でNEC:ヤマハを見ました。今年から応援席が指定されていたので、NEC側に座り、観戦しました。去年よりスピード感があり、面白かったけれども、始めの陣取りで反対であったなら、ヤマハが勝ってたかもしれません。名古屋の太陽の眩しさはゲーム影響に大です。明治の引き分けは残念です。明日の大体は大丈夫だと思いますが。

    投稿: Y | 2007年11月 3日 21:56

    明治 vs 慶応,いい試合でした.
    トップリーグとは一味違って,大学ラグビー伝統の一戦らしく,堅く締まったゲーム.
    明治の藤田コーチ,よく立て直してきています.JAPANのHOを長くつとめた名選手,さすがです.
    慶応WTB山田もさることながら,明治WTB星野は強い!
    来月の早明戦が,早くも楽しみになってきました.

    投稿: neuron | 2007年11月 3日 21:27

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/16963899

    この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日のTL第2節結果:

    » トヨタ 対 三菱相模原 in 瑞穂Live [瑞穂のラグビー好き]
        久々の瑞穂ラグビー場は・・・暑かったあ 奮発してメイン指定に座ったのは良いけど 日差しがまともに当たり結構過酷な観戦でした 1試合目:ヤマハ:NEC  先週トヨタを一蹴してくれたヤマハが、神鋼に負けたNECを一気に突き  放すかと観戦していたら、突き放されたのはヤマハ・・  ヤコのワンマンショーで一気に先手を取られてずるずると  一方頼みの大西は、先週の出来とは大違い(別人みたいでした)  それでもヤマハは、後半にフィジー代表のNo.8:トーマスのトライで  7点差以内のボーナスを勝ち取り一... [続きを読む]

    受信: 2007年11月 4日 05:30

    » 明治大学VS慶應義塾大学(20071103) [SANDA]
    === 関東大学対抗戦2007 === === 明治大学 VS 慶應義塾大学 === [[attached(1)]] 今季、オープン戦を含め慶明両校フィフティーンを観戦するのははじめてである 昨年、恐ろしい潜在能力を見せた慶應。 しかし、春のオープン戦で早稲田に完敗。 最初の公式戦・筑波戦も負けを演じている。 監督が林氏に替わったことの影響なのか?それとも選手の予想以上の怪我なのか? ラグビーワールドカップで南アフリカを優勝へと導いた指導陣の一人エディー・ジョーンズま..... [続きを読む]

    受信: 2007年11月 4日 07:22

    « 茶色ボール | トップページ | TL第2節結果&お知らせ »