« TL8節土曜の結果 | トップページ | お知らせが2つ。 »

大学選手権2回戦結果

日曜日は秩父宮ラグビー場だった。大学選手権2回戦の早大対法大の試合をJSPORTSで解説するためだ。第1試合は、東海大対慶大。僕はこの両監督に試合前のインタビューする仕事もあり、朝10時に会場入りしたのだが、家を出るときには降っていた雨があがり、試合前には晴れ間ものぞいた。

「ここを乗り越えないと」と東海大の木村監督。過去、強くなり始めて一気に頂点に立ったチームは数少ない。伝統校の壁に何度か跳ね返されつつ、どのチームも地力をつけていく。そういう意味で東海大にとっては慶大に勝っての2回戦突破というのは、強豪チームへの階段を上っていくための大きな壁だったと思う。

一方の慶大・林監督は、「FWがある程度劣勢になるのは分かっていることなので、ボールを動かしていきたい」と話していた。そして試合は、FW戦では優位に立つ東海大が攻めきれず、慶大がSO川本を軸にWTB出雲らを走らせてスコアしていく展開となった。後半はようやく地力を出して、15人が一体となって防御を崩していく動きができた東海大だが、時間切れとなった。慶大は低いタックルも炸裂していたし、FW周辺の防御は粘り強かった。東海大の強化は着実だし、こうした経験を積んで壁を乗り越えてほしいと思う。

第2試合の早大対法大は、早大がスクラム、ラインアウトの優位を生かし、まずはスクラムを押し込んでのトライで先制。以降も、ラインアウトからのモールで次々にトライを重ねた。中竹監督は「FWのテーマはモールだった」と、そのまとまりには満足げ。ただし、後半はBKでテンポアップしたかったところが、法大の厳しいプレッシャーの前に準備したプレーがほとんど出せなかった。これには不満の表情。それでも、後半のSO山中の飛ばしパスはパスの軌道といい、走り込むWTB早田のタイミングといい、見事だった。

法大もBKのキレは相変わらず。SO文字の軽やかなパスに、CTB宮本、FB城戸らがスピード豊かに防御を翻弄した。後半は、早大防御を崩しきることも多かったし、途中出場の岸和田のランニングには驚かされた。もう少しセットプレーで抵抗できれば、早大を脅かせるBKだと思うなぁ。気持ちのいい展開ラグビーだった。

秩父宮ラグビー場の観衆は、2試合目で13,001人という発表だった。

他2試合は、花園ラグビー場で行われ、明大、帝京大が勝利。2試合目での観衆は、5,131人。この結果、準決勝は1月2日、国立競技場にて慶大対明大(12時15分キックオフ)、帝京大対早大(14時、国立競技場)というカードになる。関東大学対抗戦の4校がトップ4に残ったのは、1974年度に、早、慶、明、日体大が勝ち残って以来のこと。

◎大学選手権2回戦結果(23日)
東海大学●14-28○慶應義塾大学(前半7-14)
法政大学●7-39○早稲田大学(前半7-29)
明治大学○29-0●京都産業大学(前半12-0)
筑波大学●8-46○帝京大学(前半8-12)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL8節土曜の結果 | トップページ | お知らせが2つ。 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    昨日の秩父宮はは天候が回復してよかったです。
    準決勝はまるで対抗戦のプレイオフのようになってしまいましたね。
    慶明の再戦は楽しみです。前戦引き分けだったので、決着をつけるための激しい試合を期待します

    投稿: SANDA | 2007年12月24日 10:11

    今年は”ヒマナスター”でお茶挽いちゃってたけど、来シーズンは一回り大きくなった和田を楽しみたいものです
    何処かで続けてくれるんだろうか

    投稿: ナベゾ | 2007年12月24日 06:24

    東海大、残念でした。確かに見えない壁があるんですな。来年、も一度チャレンジ!

    投稿: マスター | 2007年12月24日 06:10

    大学選手権に入って,早大は精彩を欠く印象を受けました.
    強力FWでトライを重ねて早々と法大の戦意を喪失させたものの,BK陣はさえないような.
    FB五郎丸の故障は完治していないように見えます.大黒柱がこけると,決勝あたりで思わぬ結果が!?

    投稿: neuron | 2007年12月23日 23:24

    応援していた法政が負けて残念でしたが,今シーズンの当初を考えれば,早稲田相手によく頑張ったと思います。
    見ていて気持ち良かったです。
    準決勝はまた楽しみです。

    投稿: さちこ | 2007年12月23日 22:07

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/17454683

    この記事へのトラックバック一覧です: 大学選手権2回戦結果:

    » 宝物の取り合い [出会いは生きる力]
    うちの家内が ラグビーを見て ポロリと、 “(ボールという)宝物の取り合いみたい” ほんとに。 今日の慶応は 魂がこもっていた。 SOの川本選手も 試合勘が戻ってきたようだ。 一人一人が体格差に劣る分、 タックルも下に突き刺さっていた。 体が思わず、熱くなった。 早稲田は後半、中だるみ。 ピークは大学決勝に照準か。 関東がいない分、 やっぱり物足りない。...... [続きを読む]

    受信: 2007年12月24日 00:13

    » 法政大学vs早稲田大学(20071223) [SANDA]
    === 第44回全国大学ラグビー選手権2回戦〜秩父宮〜 === === 法政大学vs早稲田大学 === [[attached(1)]] 今年最後の秩父宮での観戦。大学ラグビーは2回戦へと駒を進めた。 ベストエイトに名を連ねたはのは早稲田、明治、慶応、帝京、筑波の対抗戦から進出したチーム全てと、 東海、法政、そして唯一の関西勢となった京産大。 ここから、国立を目指した凌ぎあいとなる。 ここで国立にいけるかどうかは、大学ラグビーにとっては大きな違いだ。 ここで終わるのと、正月..... [続きを読む]

    受信: 2007年12月24日 10:07

    « TL8節土曜の結果 | トップページ | お知らせが2つ。 »