« 伏見工グラウンド | トップページ | トークライブ10 »

こたつシート

Kotatsu

こちら、新しい花園ラグビー場名物「こたつでほっこり応援シート」である。「ラグビー場は寒いから、きょうはこたつにでも入ってテレビで見てまっさ」という常套句があるけれど、「きょうはこたつで生観戦ですわ」と言える日がやってきたわけだ。しかも、メインスタンドの最上段の部分に設置してあるから見やすい。今のところ3セットのみだが、希望が多ければさらに増設される可能性もある。

1セット12,000円。4人が座ることができて、1セットにオペラグラス・FMラジオ・きつねうどん・ワンドリンク券・ラグビーまん付き。相撲の枡席の感覚でラグビーが見られるというわけ。うどんは、注文すると岡持で届けてくれる。スポーツ界では珍しい試みで、関西のほぼ全部のスポーツ紙が取材に訪れていたとか。花園で開催されるトップリーグでは毎節このシートが用意される。一度ここから解説してみたいなぁ。

この日の花園では、トップリーグ第6節の日本IBMビッグブルー対ヤマハ発動機ジュビロ、神戸製鋼コベルコスティーラーズ対コカ・コーラウエストレッドスパークスの2試合が行われたが、僕はJSPORTSで第1試合の解説だった。前半こそ、IBMが、スピードに乗って次々にゲインしたが、後半はFW戦で優位に立つヤマハ発動機ペースに。モールで崩してBKに展開し、WTBソトゥトゥらがトライラインを駆け抜けた。NO8に入った久保晃一選手は、この日がヤマハで100回目の公式戦出場。チームメイトは記念の試合で白星をプレゼントしたことになる。

39-17の快勝ではあったが、木曽キャプテンは「きょうはグッドスタートがテーマだった。先制トライはしましたが、立ち上がりはもたついたので、課題は多いですね」と気持ちを引き締めていた。その先制トライは、ヤマハのキックオフのボールをIBMが処理ミスし、CTB大西将太郎がインゴールに飛び込んだのだが、なんと開始15秒という早業だった。

第2試合は、ベテランのNO8伊藤剛臣、CTB元木由記雄が怪我から復帰した神戸製鋼が、鉄壁の防御を、チャンスの逃さない試合巧者ぶりで27-16と勝利。6点差に追い上げられていた終了間際には、ゴール前でPKチャンスを得ながら、PGを狙わずにトライ狙いで攻め続け、しっかり4トライも奪った。「この内容では優勝なんて言っていられない」と後藤キャプテンは辛い評価だったが、ボーナス点を獲っての勝利は今後の順位争いで大きな意味を持つ。それにしても、後藤キャプテンのスタミナは凄い。コカ・コーラは、一時は、13-17まで迫りながら、大事な局面でのハンドリングエラーや、防御ミスで自滅した感すらあった。LOアンドリュース、SO淵上を怪我などで欠きながら、この点差というのは、コカ・コーラの地力の表れではあるのだが。

その他の結果は、文末に。日曜日は今節最注目カードの三洋電機ワイルドナイツ対トヨタ自動車ヴェルブリッツがある。真っ向勝負の肉弾戦の行方は?

なお、昨日、トップリーグがニュージーランドで放送されることが明らかになった。JSPORTSの放送カードから、毎節1試合をピックアップして(マイクロソフトカップの準決勝、決勝も)、SkyNZが放送するもの。JSPORTSの映像にNZの実況解説陣がコメントをつけることになるので、いま僕らがトライネイションズなどでやっていることと、まったく逆のことが行われるわけだ。ということで、選手紹介の文字などは日本語のまま映像に出てくるみたい。NZ在住の日本のみなさんは、かなり楽しめるのではないだろうか。12月8日(土)開催のクボタスピアーズ対リコーブラックラムズの試合は、NZで12月14日(金)に放送される予定。

◎トップリーグ第6節結果(8日の分)
クボタスピアーズ○30-14●リコーブラックラムズ(前半15-14)
三菱重工相模原ダイナボアーズ●26-59○東芝ブレイブルーパス(前半7-33)
日本IBMビッグブルー●17-39○ヤマハ発動機ジュビロ(前半12-15)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ○27-16●コカ・コーラウエストレッドスパークス(前半14-0)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 伏見工グラウンド | トップページ | トークライブ10 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    トップリーグの海外放映もさることながら、「こたつシート」に感動しました。2007年ラグビー界のベストヒット賞だと思います。最近の家にはこたつが無く(うちもそうですが)、昔みかんを食べながらテレビを観たりとか、居眠りをしたりとか、足を伸ばしたら中に猫がいたりとかしたことを懐かしく思い出しました。

    投稿: チャーリー | 2007年12月10日 14:42

    昨日、神鋼-コーラの試合を見ていて衝撃を受けました。
    コタツシート、面白すぎます。利用したい。

    投稿: 空海 | 2007年12月 9日 13:20

    と言うことは
    NZにおける日本人プレーヤーのテレビショッピングが可能になると言う事ですね
    高値がつく人誰だろう...

    投稿: ナベゾ | 2007年12月 9日 04:54

    この前、プレイガイドで花園で行われるトップリーグのチケットを買おうと思って検索したら、「こたつでほっこり応援シート」という項目があったので「なんだこれは」と思っていたのですが、なるほど、こういうことだったんですね。
    ただ4人で座った場合、角度的にこたつに入りながらの観戦は難しそうだなあ。

    投稿: ハイメガ | 2007年12月 9日 03:38

    オー!これがコタツシートですか!
    これって一度はまってしまうと、ずっとそこにいたくなりそうですね。みかんがついているともっとそれっぽくなりそうです。
    今日の秩父宮のほうは時間がたつにつれて、風が若干強くなり寒かったです!
    「コタツシートが欲しいな~!」って叫んでいました。
    観戦記TBさせていただきました。よろしくお願いします!

    投稿: SANDA | 2007年12月 9日 02:34

     ほえ~、トップリーグの映像が海外に売られるのですか~。それは素晴らしい事です。個人的にはトップリーグは外国籍選手の枠を撤廃して、もっといわゆるセカンドティアの選手を受け入れて、ユニークなリーグにして世界で存在感を出した方が良いと思います。それに、ジョシュ・ブラッキー選手クラスの選手も頑張って集めれば、リーグの未来は明るいかも。しかし、その前にチームの地元を明確にしないとね~。チーム名から企業の名前を取れとはまでは言わないですが、せめて地元の名前は入れて欲しいです。それをしないから、未だに今期は1万人越えの集客が1つも無いのだと思います。
     ニュージーランドの監督がグレアム・ヘンリー監督の続投だそうですが(任期2年)、これで向こう2年はカーワン監督を返してくれとは言われなくって済む、と安心です。もっとも、候補には上がってはなかったですが。

    投稿: rugbyhead | 2007年12月 8日 23:59

    近鉄鶴橋駅でお姿を拝見し、突然声を掛けてしまいました。笑顔で応対していただき、しかも写真撮影にも気軽に応じていただき家内ともども恐縮しております。ありがとうございました。
    名古屋から1年に1回の「花園通い」で神戸製鋼の成長振りを見るのが何よりの楽しみになっています。今日は元木選手の元気なプレーも見ることができ幸せでしたが、あのディフェンスはちょっと……。
    これからも“心に残る”コメントを期待しています。本当にありがとうございました。

    投稿: しゅん | 2007年12月 8日 23:19

     今日は解説前のお忙しいところ、お相手していただきありがとうございました。毎週練習グラウンド&試合会場に足を運びながら、選手と一緒に応援も頑張るのみです。
     またお会いできましたら、よろしくお願いします!

    投稿: Junko | 2007年12月 8日 21:51

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/17312204

    この記事へのトラックバック一覧です: こたつシート:

    » 関西オフ会(花園観戦) [瑞穂のラグビー好き]
        楽苦美愛のメンバーとの花園観戦オフ会に 参加してきました はじめて逢う方ばかりでしたが、ラグビーと言う共通の話題があるおかげで すぐ打ち解けられました いつもは、のんびり一人で観戦しているのですが、8人集りワイワイがやがや 話しながら観戦するのは新鮮で楽しかったです 試合の方は、1試合目は ヤマハがIBMを振り切った感じでした 2試合目は、コカコーラの応援をしながら見てましたが、神鋼のCTB今村 一人にやられた感じでした。ほとんどコーラが攻めていたんですけどね でも神戸の超攻撃的ラグビーが、... [続きを読む]

    受信: 2007年12月 9日 00:23

    » トップリーグ2007−2008・第6節〜秩父宮〜 [SANDA]
    === トップリーグ2007−2008・第6節〜秩父宮〜 === 関東学院院大学ラグビー部による大麻騒動は今週になって再燃 その事実が明かされるほど驚くばかりだ。 対象者や1チームのことにとどまってほしいと考えるのは小生だけだろうか。 ここから先の大麻汚染は日本ラグビー界を失墜させてしまう。 そんな魔物が潜む大麻。 ラグビー関係者だけでなく、人として薬物撲滅に目を向ける必要があると思う。 自分たちの周囲にもそういうことがないか目を向けるべきだ。 さて、トップリーグ第6節。..... [続きを読む]

    受信: 2007年12月 9日 02:30

    « 伏見工グラウンド | トップページ | トークライブ10 »