« トークライブ10 | トップページ | エディさん »

気合いは十二分

大学選手権の出場チームが出揃い、月曜日は各チームの首脳陣が集って日本協会で記者会見だったのだが、僕は神戸出張だった。ここ数日、京都、大阪、東京、神戸と動き回って、少々疲れ気味だけど、いろんな人に話を聞くのは楽しいものだ。しかし、神戸は東京からは飛行機が楽だ。実感。

101207_1442

神戸空港から、神戸製鋼コベルコスティーラーズの灘浜グラウンドへ。クラブハウスで発見したのは、「ホームズスタジアム神戸」で行われる試合の告知ポスター。「三宮から十二分。気合いは十二分」のコピーが笑える。平尾総監督、後藤キャプテンの大なじめな表情とのバランスがいい。実際に三宮から12分で行けるらしい。

101207_1433

練習前に後藤翔太キャプテンが、一人でパス練習をしていた。コカ・コーラ戦の最後のPGを狙わずにトライを獲ったことについて質問したら、「もう4トライ狙いとかではなく、あの内容のまま終わりたくなかったんですよ」と、試合内容にまったく納得していない様子。次のサントリー戦に向けて気合いは十二分である。

きょうは、文藝春秋のナンバー誌の取材だった。1月10日発売のラグビー特集号に掲載される平尾誠二GM兼総監督のインタビューである。練習後、ホテルに移動して1時間半くらい話を聞いた。レベルは上がったが、各チームがオリジナリティを出せないでいるトップリーグをなんとか変えていきたいという気持ちを、いろんな言葉で話してくれた。

相変わらずのダンディーっぷりだったが、「このあいだコカ・コーラの向井さんと話したら、トップリーグの監督で、向井さんが一番年上で、僕が2番目なんやね。若いつもりでいたのになぁ」と笑っていた。ホテルの部屋をスタジオのようにして写真を撮ったので誌面をお楽しみに。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トークライブ10 | トップページ | エディさん »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    英語が分からないので勘違いだったら良いのですけれど、ギャビン・ヘンソン選手が酒に酔って暴れたとか、シティヴェニ・シヴィヴァトゥ選手が女性へ性的暴行を加えたとか。受け入れたくない感じ……。シヴィヴァトゥ選手には確か夫人への暴行事件の前科が有った様な気が。

    投稿: rugbyhead | 2007年12月11日 23:55

    コカ・コーラ戦、あの試合内容では後藤選手のコメントは当然ですね。勝ったのが不思議なくらいです。あんな内容で納得してもらっては困りますね。地元神戸でのサントリー戦は、白熱したゲームを期待します。

    投稿: サファイヤ | 2007年12月11日 18:31

    果たしてチーム全体がキャチコピー通りの雰囲気だったのでしょうか。

    投稿: マスター | 2007年12月11日 15:22

    ってことは、監督の平均年齢が40歳代と言う事ですね
    他の競技と比較して考えても、もっと前衛的であってよさそうだけど、随分と保守的に感じます
    雇われの身という立場もありましょうが

    投稿: ナベゾ | 2007年12月11日 05:00

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/17336467

    この記事へのトラックバック一覧です: 気合いは十二分:

    » SHOUT”コウベ” [petit buffle &petit tigre]
    怒涛の更新です(爆) 無料招待券付チラシを頂きました。 15日と1月19日の神戸ホムスタでの試合に使えます。 私はファンクラブ会員なので必要ないんですがw 誰か要ります? 「私的ホムスタへの行きかた」の改訂版を掲げておきましょう。 駅から走れば、三宮....... [続きを読む]

    受信: 2007年12月13日 22:31

    « トークライブ10 | トップページ | エディさん »