« 神戸の闘い | トップページ | TL録画観戦7節 »

大学&TL7節結果

日曜日は秩父宮ラグビー場だった。風が冷たく、日陰部分のスタンドはかなり冷え込んだようだ。僕はJSPORTSで東海大対関西学院大の解説をした。2試合目はバックスタンド観戦。きょうの2試合は実力差はあると予想されたし、最終的な点差も概ね予想通りではあったのだが、チャレンジャー側の頑張りで局面局面では見所ある内容だった。

前半風下で苦しんだのは東海大。関西学大の低いタックルにたびたびリズムを乱された。しかし、FL宮本キャプテンを軸に慌てず、HO岸、FL荒木がよくゲインし、防御を意図的に崩しながらよく前に出た。「終始、バタバタしてしまった」と木村監督の言うとおり、ボール出しのタイミングは安定しなかったが、地力を見せつける60点だった。関西学大のWTB片岡は何度も素晴らしいランニングスキルを見せ、NO8西川も力強かった。そして、ボールをもらう機会は少なかったが、7人制日本代表のWTB長野のスピードには目を見張らされた。もっとボールを持たせればいいのに、と思ったけど、そうできるならしてますよね。

早大は中竹監督は「中央大学の思った以上のプレッシャーに、思い通り試合が運べませんでした」という不満の内容。SO山中の自在のパスワークは冴えていたが、個々にボールを持ちすぎるところもあって、テンポのいい攻撃は少なかった。それでも、WTB早田がスピード豊かに防御を切り裂いたり、後半登場した1年生HO有田が3トライをあげるなど、個々の豊かな才能を見せつけていた。次の相手は法政大に決まった。中竹監督は「夏に試合をしたときには大勝したが、そのときより相手は断然強くなっているはず。あの結果を忘れてひたむきになれるように集中したい」と話した。

この2試合を含む他会場の結果は以下の通り。筑波大学が関西王者の同大を破り、関東大学対抗戦グループは出場全5チームが勝ち残った。関西は、京産大が唯一勝ち残っている。

◎大学選手権1回戦結果
東海大○60-12●関西学院大(前半22-5)
中央大●7-50○早稲田大(前半0-24)
大阪体育大●5-72○慶應義塾大(前半0-36)
同志社大●20-25○筑波大(前半10-8)
法政大○41-14●立命館大(前半17-14)
明治大○43-0●大東文化大(前半21-0)
帝京大○52-19●拓殖大(前半26-5)
福岡大●5-43○京都産業大(前半0-19)

トップリーグ第7節は、昨日に続いて3試合が行われた。注目の東芝対三洋電機は、なんと三洋の完封勝ち。内容については、録画を見て明日以降に感想を書きたい。

◎トップリーグ第7節結果(16日分)
東芝ブレイブルーパス●0-41○三洋電機ワイルドナイツ(前半0-13)
コカ・コーラウエストレッドスパークス○13-10●日本IBMビッグブルー(前半3-10)
福岡サニックスブルース○17-10●三菱重工相模原ダイナボアーズ(前半10-0)

◆お知らせ
JSPORTSのオンラインショップで、「大学ラグビー激闘史」と銘打ったDVDボックスが予約受付開始になりました(発売元・NHKエンタープライズ)。1987年~1991年までの各年代の名勝負が満載。大学ラグビーファンには見逃せないDVDです。しかし!僕が卒業したのは、1986年度。ってことは、入ってないのかぁ。残念。1987年以降だから、雪の早明戦はあり。下の写真をクリックすると、詳細あります。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 神戸の闘い | トップページ | TL録画観戦7節 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    村上さんこんばんわ。先日大学のトークバトルの記事を読んで、遅ればせながら坂田さんのお話の「空飛ぶウイング」読みたいと思ったのですが、もう品切れでないんです!再販の予定はないのでしょうか?

    投稿: らり坊 | 2007年12月18日 22:16

    関西学院大のWTB長野選手は俊足ですね。あれは、武器ですよ。ここでもう見られないのは残念です。
    トップリーグは三洋電機が爆走してますね。タックルがよく決まってました。とはいえ、東芝が完封負けとは驚きでした。次の節では神戸製鋼と東芝が対戦。いったいどうなるかしら。

    投稿: サファイヤ | 2007年12月17日 19:14

    久しぶりの書き込みです(^^ゞ
    東芝が三洋に完封されたの見ていて、本当に驚きました‥。
    色々敗因はあると思いますが、コンビネーションて本当に大事ですね。

    ところで「大学ラグビー激闘史」!
    1987年からですか〜‥う〜ん、惜しい;
    本城さん、かぶってませんね‥(T-T)
    本城さんが私のラグビーの原点なので、そこから見たかったです(>_<)
    あ、もちろん村上さんも♪
    こんなこと書いてる時点で世代がバレますね(笑)

    投稿: まゆ | 2007年12月17日 13:05

    昨日は試合がたくさんあったのに中継が少なくてがっかりしました
    それでも、試合前の勝敗予想が外れた二試合をテレビ桟敷で確認出来たのラッキーかも
    同志社と東芝がねえ
    筑波とサンヨーの実力がホンモノって事ですか

    投稿: ナベゾ | 2007年12月17日 04:22

     ロンドン・ワスプス vs. クレルモン・オーヴェルニュ の試合で、事件が起こったんですって?
     英語が不得手なので誤解しているかも知れませんが、観客席にいたアラン・ブラック元キャプテン(Alan Black)が乱闘に参加して、マルティン・セルソ選手(Martin Scelzo)を殴ったとか、何とか。 それで、”leisure rugby manager”の仕事も解雇だとか。この仕事って、何でしょうか?
     この試合、J SPORTSで放送があるみたいですが、それで事の次第が分かるのかな~?

    投稿: rugbyhead | 2007年12月17日 00:24

    東芝の完封負けはいつ以来だろう。東日本社会人リーグ時代まで遡らないと思い出せないが、監督が替わってから厳しい練習をしなくなったのではないか。このままだとベストメンバーが揃う前に今シーズンが終わってしまうかもしれない。その東芝に大勝した三洋電機は来週清宮サントリーをホームに迎えて激突する。今シーズン1の大一番は間違いない。伏兵は地道に勝ち点を重ねてきたNECかも。

    投稿: ローズプレステージ | 2007年12月16日 22:48

    瑞穂の試合は予想に反して、面白かったです。四大学とも速いテンポで動き回り、果敢にタックルしていく姿はいい感じを受けました。いつもなら、時間の長さを感じていましたが、今回はあっと言う間に終わって結構でした。次回もH大もM大もがんばってもらいたいです。

    投稿: Y | 2007年12月16日 21:02

    驚きました、東芝の完封負け。しかも失点が多すぎますしね。廣瀬不在以外の原因があるということでしょう。          次節の試合が大事です。東芝vs神戸製鋼!これは双方のチームにとって、とっても重要に試合になりそうですね。来週も面白そ〜

    投稿: マスター | 2007年12月16日 19:28

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/17384171

    この記事へのトラックバック一覧です: 大学&TL7節結果:

    » 大学選手権 関西勢は・・・。 [体脂肪マン的個人日記]
    昼過ぎまで用事で外出していたので、大学選手権を見ることはできなかったのだがルミナリエに出かけているときに日本協会からのメールで結果を知った。 関西勢は京産大しかの残っとらへンがな・・・。 戦前の私の予想というか希望では京産、同志社はMUST WIN. あわよくば大体も金星をと思っていただけに・・・。 まぁ、大学選手権はなぜか興味が湧かない今シーズンなので、残念ではあるが驚きはしなかった。 (トップリーグの結果の方がビックリです。) 1回戦がどうなろうと、早稲田の優勝は揺るぎないものと思っているか... [続きを読む]

    受信: 2007年12月17日 07:29

    » 中央大学vs早稲田大学(20071216) [SANDA]
    === 第44回全国大学ラグビー選手権1回戦〜秩父宮〜 === === 中央大学vs早稲田大学 === [[attached(1)]] 大学ラグビーの集大成 大学選手権が開幕。 関東学院の不在に興味を失せたラグビーマッドもいるようだが 本当の主人公はこの選手権に挑む全てのチームである 4年生にとっては学生ラグビー最後の晴れ舞台だけに、 ちゃんと見続けることもファンの使命だ。 そんな大学選手権に中央大学が久しぶりに帰ってきた。 今年は情熱的な中大ファンに小生も引きずり..... [続きを読む]

    受信: 2007年12月17日 08:54

    « 神戸の闘い | トップページ | TL録画観戦7節 »