« ニコラスお見事 | トップページ | 村田亙選手引退 »

懐かしい映像

いま、DVDを見終わってじんわりと感動にひたっている。『大学ラグビー激闘史 1987年度~1991年度 BOXセット』は、1月25日に発売になるのだが、その中の一本を見ることができた。1987年度というのは、僕がラグビーマガジン編集部に入った年だ。あの頃、大学ラグビー人気は絶頂期だった。なかでも僕は1990年度が一番盛り上がったと感じていた。本、売れたもんなぁ。明治が吉田義人キャプテン、早稲田が堀越正巳キャプテンの時代だ。

このDVDは、NHKが中継・放送してきた試合映像の中から残存している1987年度以降の映像素材を活用しているのだが、まずは、その年のニュースなどで時代背景を紹介し、薫田真広さんの解説で、各リーグの状況を説明。そして、1990年度の場合は、大学選手権決勝をたっぷりと見せる。この年は、優勝した明治大の吉田義人さんが、当時を振り返るインタビューが入っている。

この決勝戦が面白い。解説は宿澤広朗さんだ。僕も現場にいたし、その試合についていろんな原稿を書いたけど、忘れている部分がたくさんあってけっこう興奮した。伏線は、12月の早明戦での早稲田FB今泉清選手の80m独走トライ。このトライとSO守屋のコンバージョンで引き分けとなったわけだが、その決着戦となった決勝戦は最後までもつれる。いくつも感心するプレーがあるのだが、早稲田SH堀越の難しいボールを次々にさばく俊敏な動き、明治SH永友のサイドをすり抜けるスピードは印象的。早稲田の1年生WTB増保もいいトライをするし、明治の1年生CTB元木はパワフルなタックル、突進、そして紙一重のパスと大活躍。今泉のキレ味あるステップもいい。プレースキック時には、6万人の大観衆から「イチ、ニー、サン」のかけ声。懐かしい。

吉田義人の決勝トライは質が高い。僕はいつのまにか起点はスクラムだと思いこんでいたのだが、ラインアウトからだった。そこからの連続攻撃で早稲田のディフェンスを真ん中に集めた後、一気に外に展開する。最後の吉田のランニングはキャプテンの責任感にあふれている。何を叫びながら走ったかも、インタビューで明らかにされる。そのあと、早稲田も逆転のチャンスがあった。吉田のトライが印象深くて、そのあとの記憶が曖昧だったから、恥ずかしながら、ドキドキした。後にいろんなチームで監督やコーチになったり、今も指導者として活躍している人が多くて、「若っ」なんて言いながら見ているのも楽しい。

ミスも多いのだが、ボール争奪戦が互いに不安定だから、逆に攻守の入れ替わりが激しく、何が起こるかわからなくて面白い。ルールもかなり違っている。PKからタッチを蹴っても相手ボールだし、ラインアウトの双方の列の間隔も50㎝(今は真ん中の線から双方50㎝離れているから、1m)。スクラムはボールが出る前に平気でFLが離れる。フェアキャッチすると、蹴った位置のスクラムが選択できる国内特別ルールもある。これ、僕も現役のとき、けっこう便利に使っていた。あと4本あるから、じっくり見よう。下の写真をクリックすると詳細あります。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ニコラスお見事 | トップページ | 村田亙選手引退 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    DVD予約しました。届くのが楽しみです。
    私も90年度シーズンの堀越組×吉田組の激闘に感銘を受けて以来、ラグビー観戦をするようになったうちの1人です。当時の私は早大2年生。先輩に連れられて行った国立で目にした劇的なロスタイムの同点劇。年を跨いで決勝での再戦...。あまりにもドラマチックでした。吉田主将の勝利インタビュー「メイジの魂がグランドのあちこちにたくさんいました」の名言は未だに耳に残っています。ライバルチームながら感動し、このチームに負けたら仕方ないな、と諦めがつきました(皮肉なことに早稲田は翌年以降低迷期に突入し、"荒ぶる"を歌うまでに13年を要するのですが...)。
    この年の「ラグマガ増刊・早明戦特集号〜両雄相譲らず〜」は今も大切に保管しています。DVDを見る前に久しぶりに読み返してみようかな...。

    投稿: Not-Release-The-Ball | 2008年1月24日 14:44

    1990年12月の対抗戦の早明戦が自分が初めて見に行ったラグビー観戦でした♪
    6万の大観衆の中ものすごい雰囲気だったのを覚えています♪
    明治を応援していただけに同点に追いつかれたときは負けたみたいにショックでした^^;

    投稿: ターボ | 2008年1月23日 21:34

    髪型がかくも時代を象徴するモノだとは....
    現代を象徴するのはアイスラッガー刈りでしょうか

    投稿: ナベゾ | 2008年1月23日 05:49

    そうですよね 思い出に残る試合が 自分の中では 編集されていて 記憶と違い、改めてみると 最近観た試合のごとく、妙に興奮すること!
    特にその場所に自分も居たよ~とその名場面の客席で応援していた満足も 嬉しいですよね。

    投稿: にゃん吉 | 2008年1月23日 01:13

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/17789585

    この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい映像:

    « ニコラスお見事 | トップページ | 村田亙選手引退 »