« 近鉄1位通過 | トップページ | TL10節結果 »

大学決勝結果

大学選手権決勝戦は、早大が慶大を26-6で破り、2年ぶり14回目の優勝を決めた。あいにくの天候となった国立競技場だったが、23,694人の観衆が集った。写真は、試合終了後、放送席で撮影したもの。

Waseda

前半はキックでうまく陣地をとった慶應が健闘したが、後半は、ブレイクダウン(ボール争奪局面)で優位に立つ早稲田が、ラインアウト、スクラムのセットプレー、モールでも慶應にプレッシャーをかけ、着々と得点した。後半16分のCTB長尾のトライは、スクラムからNO8豊田がサイドアタックを仕掛けつつ、すぐにSH三井にパス。三井が抜け出して長尾につないだもの。慶應SO川本が豊田にタックルに行くことを見越しての意図的なトライだった。

その後も、慶應の攻撃を前に出るディフェンスで止めきり、HO臼井、LO橋本がトライして突き放した。慶應は早稲田の強力モールを低い姿勢で押し返すなど健闘したが、チャンスは作れず終いだった。ときおりラインブレイクしていただけにチャンスをトライに結びつけられなかったのは残念だったが、それだけ早稲田のディフェンスが堅かったということだろう。危なげのない優勝だった気がする。

昨年の決勝戦で関東学大に敗れたあと、どんな状況でも勝てるチームを目標に強化にあたってきた中竹監督も感慨深げ。「選手達の頑張りに感謝したいです。こんなに嬉しいことはありません。僕の予想を超えるチームになりました」

一方、怪我でこの試合に出ることができなかった慶應の金井キャプテンは「いい試合でした。敗北感というより、互いに力を出し合った試合だったのかなと思います」と潔く語った。

中竹監督は試合前、「本当はボール動かして攻めたいんですけどね」と空を見上げた。降りしきる雨の中では、理想的なラグビーをすることは難しかったが、そうであればFWにこだわってトライできるとことが今季の早稲田の強さでもあった。なにより、一年を通して取り組んだ前に出るディフェンスが機能したのは嬉しかったと思う。今年は早稲田の力が抜けているという評価がもっぱらだったが、当事者にすれば勝つことはそう簡単ではない。権丈キャプテンら、チームを引っ張る4年生がしっかり役割を果たした優勝だった。

◎大学選手権決勝結果
早稲田大○26-6●慶應義塾大(前半7-3)

◎高校東西対抗
東軍△12-12△西軍

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 近鉄1位通過 | トップページ | TL10節結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

     慶応の後半30分くらいのPGはいかがなものでしょうか?あそこでトライを取れないのなら、いくらPGで点差を詰めても、逆転は無理だと思いました。
     テレビで見ているだけの人間と、ピッチで実際に戦っている選手とは、現状の捉え方が違うのでしょうけれど。

    投稿: rugbyhead | 2008年1月13日 09:02

    寒かったです。これだけの雨の決勝戦はおそらく22年ぶり(1986年明治×慶應)じゃないでしょうか。
    早稲田は強かったです。慶應応援してましたが、ちょっとレベルが違うなぁと思いながら見てました。でもそれを打ち破ってくれることを期待したのですが。
    TBさせていただきます。よろしくお願します。

    投稿: SIDELINE CAP | 2008年1月13日 08:23

    花園ラグビー場では来期の昇格を賭けた大事一戦がありました。
    僅差の勝負でしたが、近鉄に軍配
    久々にライナーズがトップリーグに戻ってきそうですね
    http://blog.goo.ne.jp/mizuho8758/e/38c3d13041aa8946716cbc04fd7bddf1

    投稿: 瑞穂 | 2008年1月13日 04:32

    氷雨は観る者も理想的とはいえない状況でした。残念・・・
    今季の大学選手権を通して、早稲田が3つしかトライをとられなかったことからも、早稲田のディフェンス力を計り知ることができますね。
    前座の高校対抗も終了間際の同点劇。
    これはおもしろかった!こちらも理想的な状況で観戦したかったものです。
    記事をTBさせていただきました。よろしくお願いします。

    投稿: SANDA | 2008年1月13日 02:51

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/17674732

    この記事へのトラックバック一覧です: 大学決勝結果:

    » 慶応義塾大学vs早稲田大学(20080112) [SANDA]
    === 第44回全国大学選手権決勝〜国立〜 === === 慶応義塾大学vs早稲田大学 === [[attached(1)]] 伝統校 この言葉に嫌気がさす人もいれば、憧れと親しみを感じる人もいる。 大学ラグビーは最終章。 全国の大学一を賭けた戦いは『伝統校』同士の対決。 早稲田と慶応だけが国立の地に残った。 国立の天候は雨。 BK攻撃を得意とした今季の慶応にとってはマイナス要素。 とはい..... [続きを読む]

    受信: 2008年1月13日 02:46

    » トップウェスト1位決定戦 Live in 花園 [瑞穂のラグビー好き]
     11時キックオフ1時間前、 昨夜からの雨が残る花園では 近鉄、ワールドのファンが開門待ちの集団ができていました  勝てばほぼ間違いなくトップリーグに昇格できる重要な戦いは、 僅差のゲームとなりました ワールド風上で前半開始、ワールドが風の有利さを存分に生かし 近鉄陣に攻め込む時間が長い展開となりました ところが先制したのは近鉄、ラインアウトからのモールを押し込み トライG決まります                      (7:0)  その後も風を味方につけたワールドが攻め込み、バックスに展開... [続きを読む]

    受信: 2008年1月13日 04:28

    » 重い翼〜ラグビー大学選手権ファイナル(20080112) [SIDELINE CAP]
    [[attached(1,center)]]垂れ込める厚い雲。氷雨が国立の芝を濡らす。 週半ばから天気予報を聞いて暗鬱な気持ちになる。週末は雨らしい。迎えた決戦の朝、無情の霧雨が空気を覆う。 この一週間、ずっと咳こみがち。今日もどうしようかなぁと思ったが、山田章仁を今シーズンまだ一度も生で眺めていないため、ジャパンサポーターズクラブのフリーチケット握り締め、出かける。 背番号14は黄金を抱いてはばたけるのか。 慶應のゲームプランは低く鋭いFWがギリギリのボールを裁いて、大きく..... [続きを読む]

    受信: 2008年1月13日 08:14

    » 慶応、善戦かな? [出会いは生きる力]
    早稲田の圧勝@大学ラグビー選手権決勝。 あの対抗戦の屈辱から50日の慶応と 7年連続のファイナリストの早稲田 (Jスポーツのアナウンサーから頂きました)。 結果は実力通りなのでしょう。 慶応のSO川本選手に期待。 前回の早慶戦はぶっつけ本番で あまりいい所がなかった。 激しい雨の中のため、FW戦に。 ラインアウトにおいて 豊田選手と山崎選手の駆け引きは 面白かった。 お互いが口撃でけん制。 結局、川本選手 随所にいいプレーを見せたが 豊田選手..... [続きを読む]

    受信: 2008年1月13日 12:20

    » ラグビー大学選手権決勝  [RIKIMARUBLOG]
    昨日行われたラグビーの大学選手権決勝。 早稲田大学と慶應義塾大学が雨の中闘った。 [続きを読む]

    受信: 2008年1月14日 00:24

    « 近鉄1位通過 | トップページ | TL10節結果 »