« トップウエスト順位決定戦 | トップページ | はなぞの探検隊募集中 »

高校決勝結果

東福岡対伏見工業の決勝戦は、いい試合だった。立ち上がりは、伏見工業が素速い仕掛けで敵陣深く攻め込んだが、PGミスもあってスコアできず。逆に東福岡は、前半8分、ハーフウェイライン付近でラインアウトを得ると、いったん左オープンに展開した後、右へ。タッチライン際でボールをもらったWTB正海は自らインゴールにパントを蹴りこみ、それを押さえるという見事な個人技で先制トライ。流れをつかむと、16分、伏見工業の前に出てくるタックルをかいくぐりながら、ボールを連続支配し、ラックサイドをSH中村が抜け出してトライ。前半を12-0とリードで折り返した。

伏見工業の激しいプレッシャーをあびながらも、ボールをキープしてゲインする東福岡が、もう1トライ追加すれば一気に差が開く可能性もあったのだが、伏見工業も懸命のタックルでスコアを許さなかった。後半5分には、伏見工業がCTB南橋の突破でチャンスを作り、FB井口が大きなステップでタックラーを次々にかわして中央トライ。7-12に迫る。以降は互いに攻め込み、そして粘りの防御という力のこもった質の高い攻防が行われた。残り10分は伏見工業が圧倒的に攻め続ける展開になったが、東福岡のタックルが次々に突き刺さり、ついに粘り勝った。前半はラインアウトが不安定だった伏見工業も後半は修正するなど、試合の中で互いに相手に対応しながら戦う素晴らしい決勝戦だったと思う。

谷崎監督は、「よくタックルしてくれた。おめでとう。そして、ありがとう、と言いたい」と涙ながらに語った。ベンチには、大会直前に事故で急逝したFL広木選手の遺影もあった。東福岡は喪章などはつけず、広木選手のことは心に秘めて戦っていた。もし事故がなければ、彼がこの決勝戦に出場していた可能性は高かった。「彼がどこかで助けてくれたのかもしれません。16人で戦っていたんじゃないですかね。あのタックルを見ていたら、広木のことが出てきますよ。最後まで人数が減らなかったですね。みんなが、小さいのに一番タックルする広木のことを認めていましたから。あいつの分までやるという心の絆があったのでしょう。(彼のことを)心のお守りにしていたと思います」

東福岡は4度目の決勝戦でついに初優勝を成し遂げた。しっかり者の山下キャプテンを筆頭に、精神的にも強いチームだった。表彰式後は、伏見工業の選手達と握手で健闘をたたえ合い、バックスタンドとメインスタンドに挨拶したあとも列を作って伏見工業の選手達を拍手で送り出した。喜びを爆発させたのは、その後だ。立派だった。

一方、敗れた伏見工業の高崎監督は、「あれが目一杯。最後に攻めきれなかったのは、そこまで鍛えきれなかったこちら(指導者)の責任です。選手はよくやってくれました」と語った。井口キャプテンは、大勢の記者に囲まれて話していたが、どうしても涙声になった。「素晴らしい仲間と最高の監督の下で3年間やれたことを日本一幸せだと思って、伏見で学んだことを今後に生かしたいです」

今回は実力的に東福岡が快勝してもおかしくないと思っていたが、それを接戦に持ち込む伏見工業の粘りには恐れ入った。きょうは両チームの健闘に感動させられた。選手達、そして彼らを育てたコーチングスタッフのみなさんに敬意を表したい。

◎高校決勝結果
東福岡○12-7●伏見工業(前半12-0)

◎第38回全国高等専門学校大会準決勝結果
富山商船高専●10-58○神戸市立高専(前半5-15)
宮城工業高専○34-0●奈良工業高専(前半12-0)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トップウエスト順位決定戦 | トップページ | はなぞの探検隊募集中 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    すばらしい試合でした。
    副音声の解説をされていた吉田さんは途中「東福岡は接戦を経験していないから最後までわからない」と言われてましたが、福岡県予選の激闘をご存知ないのだなと思いながら見てました。(準決勝18-12小倉、決勝19-7筑紫)
    東福岡の優勝は花園に勝るとも劣らない県予選で毎年揉まれてきた結果だと思います。

    投稿: ボラーチョ | 2008年1月15日 17:00

    テレビの画面から目を離すことができませんでした。すばらしいゲームでした。
    村上さんの日記を読んで、新たな感動が生まれました。連日の取材と解説、お疲れ様でした。
    ありがとうございました。
    ゆっくりと お正月をお迎えください。

    投稿: しゅん | 2008年1月 8日 18:34

    高校ラグビーの決勝戦を日曜日にできないんですかねー?もう少しお客さんが入った中でやれたほうがいいんではないのかなと、

    投稿: horiuchi | 2008年1月 8日 10:50

    村上さんお疲れさんでした。

    大学決勝の前座試合の東西対抗は、J-SPORTSでは、見れないのですか?

    投稿: 3 | 2008年1月 8日 07:33

    青春の汗を流した聖地は脳のヒダに深く刻まれるのですね。会長の総括の中で準優勝校はいつしか「東伏見」になっていました
    両校の「上井草」に進む選手達は万感の思いでこれを聞いていた事でしょう
    さすがはMr,WHO ARE YOU

    投稿: ナベゾ | 2008年1月 8日 04:51

     今回の高校ラグビーの決勝戦は、去年のワールドカップの決勝よりも面白いと思っちゃいました。
     もちろん、技術や体力などでは到底ワールドカップの方が上ですが、何と言いましょうか、ラグビーを通しての表現は、高校生の決勝戦がまさっていた様に思いました。

    投稿: rugbyhead | 2008年1月 8日 00:15

    村上さん、大会期間中の解説ありがとうございました。
    東福岡、ようやく優勝しましたね。去年も優勝してても不思議じゃなかっただけに、「よかったね、おめでとう!」と称えたいと思います。
    ところで、東福岡は毎年応援でも意欲的というか、新しい応援バージョンを用意してくるので、バックスタンドで観戦する私もとても楽しみにしています。
    伝統的な応援団もあって、相手チームにエールを送るのには感心します(それに応えられない相手チームの応援にがっかりすることもあります)。
    どの選手にも大きく育ってJAPANになってね、の思いを込めて今年も観戦しました。

    投稿: みえこ | 2008年1月 7日 23:03

    教え事では,とてもそういうことはできませんね.東福岡の山下主将,素晴らしいリーダーシップです.
    試合の後も含め,思わず涙・涙の決勝戦でした.
    村上さんも,連日お疲れさまでした.12日のトークライブに参加させていただきますので,よろしくお願いいたします.

    投稿: neuron | 2008年1月 7日 22:42

    「表彰式後は、伏見工業の選手達と握手で健闘をたたえ合い、バックスタンドとメインスタンドに挨拶したあとも列を作って伏見工業の選手達を拍手で送り出した。喜びを爆発させたのは、その後だ。立派だった。」

    天晴れ!

    投稿: 通りすがりのもの | 2008年1月 7日 22:23

    優勝した東福岡、惜しくも負けてしまった伏見工。両校ともお互いの持ち味を存分に発揮させての素晴らしい試合でした。感動をありがとう!!今年も自分自身が頑張れる力をもらいました!!

    投稿: SAMU | 2008年1月 7日 22:14

    村上さんも大会の解説お疲れ様でした。
    毎年、JSPORTSでの決勝戦の放送最後に流れる大会を振り返るVTRが好きです。選曲も合っていますし、毎年泣けます。

    投稿: Eric29 | 2008年1月 7日 21:48

    いい決勝戦でした。
    どちらも精一杯だったことを感じる試合内容。
    両チームに拍手を送りたいと思います。
    ちなみに、福岡は小生の故郷。
    そういう意味でも心に残る試合でした!
    おめでとう!東福岡!

    投稿: SANDA | 2008年1月 7日 20:43

    最後の10分はもう言葉は要らない、
    という気持ちでした。毎年高校ラグビーを見るとその純粋さとひたむきさに心打たれ、生きるために必要な情熱の原点を再確認させられます。
    両校ともお疲れ様でした。
    村上さんも・・。

    投稿: hiro | 2008年1月 7日 20:39

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/17609831

    この記事へのトラックバック一覧です: 高校決勝結果:

    » 第87回全国高校ラグビー大会(1/5) [B,R,R & K BLOG(社会人野球、きらきらアフロ、ラジオ、ラグビーのファン)]
    ≪第87回全国高校ラグビー大会≫ <準決勝> 福岡県・東福岡高      29−10  神奈川県・桐蔭学園高 京都府・伏見工高      1... [続きを読む]

    受信: 2008年1月 7日 19:05

    » Good Game! [体脂肪マン的個人日記]
    さきほど、あぁは書いたもののやっぱりビデオを見てみた。 なんで、俺に結果を教えたんだよぉ! だけど、結果を知ってはいてもグッと入り込めた試合だった。 試合後に健闘を称え合うキャプテン同士に向かって岩下さんが掛けた「Good Game!」という言葉が全てを物語っている様に思う。 良い試合を見せてもらいました。 ... [続きを読む]

    受信: 2008年1月 7日 22:54

    » ヒガシ!悲願の初優勝! [ラグビーフィーバー!!from上海]
    東福岡が4度目の挑戦で悲願の全国制覇を達成した! (写真はいずれもサニックスユースより) 九州勢としては1975年度の大分舞鶴以来、前年度準優勝チームが優勝を勝ち取ったのは、1981年度の大阪工大高以来だ。 今年の春の選抜大会ではベスト4で終わるも、サニックスユースで日本勢で唯一気を吐く準優勝。その後主力を高校ジャパンに取られながらも着々と強化を進めた。 その後Aシードとなるもどうしても勝てなかったジレンマに加えてレギュラーメンバーの広木君を大会直前で失うという大逆境に直面した。 しかし... [続きを読む]

    受信: 2008年1月 9日 01:38

    » 高校ラグビー [出会いは生きる力]
    ベスト4に進出された 高校の先発メンバーに 私の友人のご子息がいた。 さっそくメールで連絡。 返信メールには 子供の体が 大会前の予選時に 顔面骨折 歯の脱臼 (外力により、歯が骨から外れる状態。 マウスピース装着していたと思いますが) 大会中に 膝じん帯部分ケガ 太もも断裂 満身創痍の状態だと。 過密なスケジュールでの大会。 プロレスでなく 総合の試合が 毎日のように 繰り返されるような感じ。 どうにかならないものだろうか? 選..... [続きを読む]

    受信: 2008年1月10日 22:56

    « トップウエスト順位決定戦 | トップページ | はなぞの探検隊募集中 »