« 懐かしい映像 | トップページ | どうなるTL »

村田亙選手引退

ヤマハ発動機ジュビロの村田亙選手が今季限りでの現役引退を発表した。公式セレモニーは、トップリーグ最終節となる2月2日のヤマハスタジアムにて試合終了後に行われる。相手が古巣の東芝ブレイブルーパスという巡り合わせである。ヤマハとしては、村田選手の引退に花を添えるためにも、この試合に勝ってプレーオフ進出を決めたいところだろう。

村田選手の公式ホームページにメッセージがあるが、村田選手も1月25日で40歳になる。引退の理由などについては今度会ったときにいろいろ聞いてみたい。僕も2月2日のヤマハスタジアムには行く予定なので、そのとき詳しいことが聞けるかな。

村田選手は、福岡の草ヶ江ヤングラガーズでラグビーを始め、東福岡高校から専修大学に進んだ。1989年、専修大学のキャプテンとして関東大学リ-グ戦で優勝し、翌年東芝に入社。全国社会人大会2連覇、日本選手権3連覇など中心選手として成し遂げた。日本代表としては、1991年、95年、99年の三大会に出場。1999年、東芝を退社して渡仏し、バイヨンヌクラブと契約を結び、日本人プロ第一号となった。2シーズン活躍して、帰国。ヤマハ入りした。

引退を知って、なんだか寂しい気持ちになった。僕はラグビーマガジンの新入社員のとき、大学2年生の村田亙選手を取材した。「育ち盛りのスクラムハーフ」というタイトルで原稿を書いた。爆発的なスピードで密集サイドを駆け抜ける村田選手は、あのときまだ身長が伸びていたと記憶する。それからも何度もインタビューしたが、印象深いのは彼がバイヨンヌにいたとき、JALの機内誌の仕事で取材に行ったことだ。練習に行くと、ロッカールームから出てきた村田選手がサポーターのおじさんたち全員と笑顔で握手をかわしてからグラウンドに入っていった。クラブハウスのレストランのおばさんは、ぶっきらぼうだったが、村田選手のことが可愛くて仕方ないようだった。村田選手がバイヨンヌの人々に愛されていることがよく分かった。フランス語は難しかったはずだが、抜群の運動能力ですぐにチームの軸になり、正SHとして2シーズンで44試合に出場した。バイヨンヌの城壁に囲まれたグラウンドで撮影したのが懐かしい。

ここまで現役を続けていること自体が素晴らしいのだが、いつのまにか彼に引退はないような気になっていた。「引退」という文字を見て動揺した。いまはうまく気持ちがまとまらないなぁ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 懐かしい映像 | トップページ | どうなるTL »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村田選手、お疲れ様と言うのはまだ早いですね。まだまだ試合で活躍する姿を応援したいので、ヤマハにはプレイオフ&日本選手権出場を決めて欲しいです。

    投稿: ラグネコ | 2008年1月24日 23:25

    村田選手、お疲れ様と言うのはまだ早いですね。まだまだ試合で活躍する姿を応援したいので、ヤマハにはプレイオフ&日本選手権出場を決めて欲しいです。

    投稿: ラグネコ | 2008年1月24日 23:12

    まさしく巨星堕つ 今後のご活躍を勝手にお祈りします。

    投稿: 万紹苑 | 2008年1月24日 22:44

    初めて村田さんを知ったのが、交流試合で明治と引き分けた時でした。颯爽と引き分けてグラウンドを後にした姿が格好良かったことを覚えています。昨年のフィジー戦では、村田がいたらなぁと思ったのですが。
    お疲れ様でした。

    投稿: 東海RS井上 | 2008年1月24日 22:29

    当時の平尾監督のやり方には私も、?・・と言うより怒りマークです 伝統工芸、洋魂和才でいくはずだったのに・・最後は(洋魂和魂諸才能ごちゃ混ぜ・・とにかくフィジカル!)で大失敗 村田選手おつかれさまでした

    投稿: Kerikeri | 2008年1月24日 22:12

    村田選手引退のニュースを聞いて驚きました。私は村田選手とは同学年になるので、彼の活躍が励みになっていました。
    今度ぜひ清宮監督と村田選手と3人でのトークライブをやって下さい。

    投稿: アニマル | 2008年1月24日 21:30

    とうとうその日が来てしまいました。
    彼の能力を存分に発揮させてくれたのは東芝府中とアビロン・バイヨンヌでしたが、日本代表では檜舞台でその機会が与えられることはありませんでしたよね。当時の平尾氏の判断に対しては、しつこく不信感を引きずったままです。村田と岩淵のハーフ団を途中で見切ってしまったのは、結局彼の器量ですわね。

    投稿: マスター | 2008年1月24日 20:33

    サイドを抜けるスピードは世界一のSHが・・・。
    もっと強いFWの代表になっていたらどれだけ世界に注目されたか。ジャパンのFWだとどうしても堀越を選ばなくてはいけなく残念なとこもありました。
    本当におつかれさまでした。

    投稿: ターボ | 2008年1月24日 19:35

    いつ決意したのか分りませんけど、引退というゴールを設定すると、残されたゲームへの意気込みを100万倍ぐらい濃縮させる事が出来るんでしょうね
    ボクも「次のボーナス貰うまで頑張ろ」と思うと、どんなに叱られても耐えられるんです。これがまた

    投稿: ナベゾ | 2008年1月24日 18:52

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/17818126

    この記事へのトラックバック一覧です: 村田亙選手引退:

    « 懐かしい映像 | トップページ | どうなるTL »