« 高校大会準々決勝 | トップページ | 高校準決勝&TL結果 »

初詣

4日は、少し時間ができたので下鴨神社に初詣に行ってきた。後厄、もうすぐ終わる。ここに来ると必ず立ち寄るのが、「第一蹴の地」と書かれた石碑である。以前に、このブログでも紹介したことがあるが、1910年9月、第三高等学校(旧制高校)の生徒が、慶應義塾生の真島進さんの指導によってラグビーボールを京都で初めて蹴ったという石碑である。三校に日本に2番目のラグビー部ができたことで、京都、大阪のなどの学校にラグビーが広がっていく。そして、その流れの中で創部された同志社中学の卒業生が早稲田大学に進んでラグビー部を創った。慶應義塾生が京都にラグビーの種をまき、そこで育った学生が早稲田でラグビー部を創る。2008年1月12日、その慶應と早稲田が大学選手権決勝で対決する。石碑を見ながら感慨深いものがあった。

5日は、全国高校大会の準決勝が行われる。僕はJSPORTSで第1試合の解説予定だ。ここまでくるとどのチームが勝ってもおかしくはない。桐蔭学園は、春の選抜大会では東福岡に勝っているのだが、それだけに東福岡の勝利への思いは強いだろう。長崎北陽台はノーシードだけに選手の疲労が気になるところだが、伏見工業とも十分に戦える力がある。2試合とも、いい試合になりそうだ。

トップリーグも再開される。1月6日には、秩父宮ラグビー場でNECグリーンロケッツ対トヨタ自動車ヴェルブリッツ、東芝ブレイブルーパス対クボタスピアーズの2試合が行われるが、今節注目を集めるのはヤマハスタジアムで行われるヤマハ発動機ジュビロ対神戸製鋼コベルコスティーラーズの試合だ。すでに予定メンバーも発表されているが、神戸製鋼は、ウィリスとブラッキーの2人をFWで先発させる。対するヤマハ発動機は、木曽キャプテンが復帰し、ワールドカップで負傷したSH矢富がようやくリザーブ入り。ソトゥトゥとマッコイドという外国人選手2人をBKに並べる。連敗中の神戸製鋼は、ここが正念場。ヤマハ発動機にとってもトップ4争いの上で負けられない試合だ。白熱した戦いになりそう。

首位を走る三洋電機ワイルドナイツは、コーラウエストレッドスパークスとの対戦。アウェイで全勝を守れるか。JSPORTSは秩父宮の2試合とヤマハと神戸製鋼の試合を放送する。もちろん、高校の準決勝も生放送だ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 高校大会準々決勝 | トップページ | 高校準決勝&TL結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    東福岡高校の選手が独走トライを決める前、左手を突き上げ、人差し指を上にしたシーンがありました。
    大会前に不幸があり、その選手に捧げるトライだということを示していただろうと思います。
    その思いは理解できますが、グランディングしてレフリーがトライを認めた後にでもできる行為ではないかと思ったのは僕だけでしょうか?

    投稿: 通りすがりのもの | 2008年1月 5日 20:18

    解説楽しませていただいています。国内学生シーンもいよいよ大詰めですが、南半球も動きでてきました。トニー・ブラウンはストーマーズ行くのでしょうか。
    TBさせていただきます。よろしくお願します。

    投稿: SIDELINECAP | 2008年1月 5日 03:31

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/17579566

    この記事へのトラックバック一覧です: 初詣:

    » ブルズ新主将とWORLDS BEST PLAYER [SIDELINE CAP]
    ストーマーズ(WP)の新しい情報がなかなか入ってこないが、ライバルのブルズの新主将が決まった。 マットフィールドが序盤に欧州に参戦しているため、主将はSHのフーリー・デュプレアが務める。 2006年シーズンの南ア最優秀選手。特にここ数年は安定したプレーをみせ、先ごろのW杯は個人的には大会MVPを与えたいと思っていた選手。強気のリードもさることながら、キックのスキルにすぐれている事が特徴。 タイプは若干違うが、同じポジションで同じノーザントランスヴァールの英雄ユースト・ファンデルヴェ..... [続きを読む]

    受信: 2008年1月 5日 03:23

    « 高校大会準々決勝 | トップページ | 高校準決勝&TL結果 »