« TL10節、14日の結果 | トップページ | 好調ワイルドナイツ »

TL昇格は?

月曜日はばたばたと都内を動き回っていた。朝は1月25日発売のラグマガ3月号のトップリーグ時評の座談会に出席。大友信彦さん、サンスポの吉田さんらとトップリーグの途中経過を話す。吉田さんは、前日、花園ラグビー場に行っていた。三洋電機ワイルドナイツは、数名の主力を休ませながらの勝利。勢いは衰えていない。福岡サニックスブルースは、後半、クボタスピアーズに走り勝ったという。

サニックスは、昨季から明確に「走り勝つ」ことをテーマに強化にあたっている。関係者から、「サニックスはちょっと違うね」という声も多く、特色ある強化に対する評価は高い。実際にそうとうに走り込んでいるようだし、フィットネスには選手も自信を持っているようだ。3節を残して、下位グループの順位争いでは優位に立った。

トップキュウシュウは、1位マツダ、2位中国電力となり、これでトップリーグ昇格をかけて争われるトップチャレンジの組み合わせが決まった。「トップチャレンジ1」は、マツダ、近鉄ライナーズ、横河電機の総当たり戦で、1位、2位が自動昇格。3位は、トップリーグ12位との入替戦に進む。「トップチャレンジ2」は、中国電力、ワールドファイティングブル、セコムラガッツの総当たり戦で、1位がトップリーグ11位との入替戦に進む。トップチャレンジの最終戦は、2月10日の秩父宮ラグビー場である。ここ、熱い試合になりそうだ。

座談会のあとは、JSPORTSのスタジオに向かい、ハイネケンカップの収録をした。相変わらず激しい肉弾戦が繰り広げられていたが、ボールもよく動くので面白い。まもなく、シックスネイションズ、スーパー14も放送が始まる。スーパー14は新しいルールも採用されるので、さらに興味深いところ。スクラムのオフサイドラインが5m下げられると何が起きるのか。楽しみだ。

夜は依頼原稿の校正。めまぐるしい一日だったのだが、移動中はずっと本を読んでいた。2006年発行だからまったく後れているのだが、『鴨川ホルモー』(万城目学著 産業編集センター発行)である。笑った。実はNEC対サントリー戦に向かう常磐線の中でも読んでいて、声を上げて爆笑しそうになるのをこらえるのが大変だった。奇想天外のエピソードも僕の好みだが、舞台が京都で僕が子供の頃から遊び場にしていた場所ばかり出てくるので面白みが増した。吉田神社って、たしかにオニがいそうだもんなぁ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL10節、14日の結果 | トップページ | 好調ワイルドナイツ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    スーパー14では新ルール採用なのですね。結局、どれだけの改正が採用されたんでしょう?
    またまた対応が大変ですが、早く見てみたいですね。

    投稿: らぐじ~ | 2008年1月16日 19:52

    万城目先生の著作やお話を聞いておりますと、今度生まれる時は京都でラグビーも悪くないなあと思います
    特に男女の交遊のあり方が興味深く....
    まあ、それだけに止まらず、やっぱりラグビーも京都でやりますと「信は力」をナマで体験出来ますし....

    投稿: ナベゾ | 2008年1月16日 05:29

     ジャパンと、フランスのテストマッチ、やって欲しい~!!

    投稿: rugbyhead | 2008年1月16日 00:38

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/17708925

    この記事へのトラックバック一覧です: TL昇格は?:

    « TL10節、14日の結果 | トップページ | 好調ワイルドナイツ »