« MS杯準決勝結果 | トップページ | 2008年日本代表スコッド »

MS杯SFを録画で見る

日曜日の夜、大阪から戻り、深夜になってマイクロソフトカップの秩父宮ラグビー場の試合を録画で観た。ほんとは月曜日にゆっくり見ようと思っていたが我慢できなかった。なるほど、いろんな方から聞いていたとおりの熱戦だ。結果を知っているのに何度も声が出た。13節を全勝で走り抜けた三洋電機ワイルドナイツは、最後まであきらめない姿勢が浸透している。

東芝ブレイブルーパスも、このプレーオフに向けて選手の休養もとりながらチームを作ってきたとあって、リーグ戦時より身体が動いていた気がする。廣瀬キャプテンも奮闘していた。東芝のマイクロソフトカップに臨むにあたってのキャッチフレーズが「感動は渡さない」だったようだが、勝利の味を知っている選手達の凄まじい勝負魂を見た思いがした。

三洋は今季、相手ボールを奪ってからのトライも多いのだが、分厚い防御と切り返しの意識の高さはこの試合でも生きていた。トニー・ブラウンは、一流のスタンドオフの手本を見せてくれている。終盤、リードされても慌てず、キックや左右への正確なパスを織り交ぜつつ、防御を崩していく。決める選手がいなかれば自らトライも奪ってみせる。ディフェンス時もまっさきに身体を張る。判断に狂いもない。彼のプレーを日本の若い選手達が間近で見られる経験は計り知れない。

ただし、三洋の強さはブラウンだけでは語れない。途中出場の選手が次々に活躍するのも今季の特徴だ。チーム戦術が全体に浸透している証だろう。試合直後、素晴らしい試合に感無量の宮本監督が「これがトップリーグ」と言っていたのが印象に残った。

決勝戦は、サントリーサンゴリアスとの対戦だ。サントリーのセットプレーの安定感はトップリーグ随一だし、スクラムでサントリーが押し込むようだと三洋は苦しくなる。サントリーのセットプレーからの攻めをどう止めるか。24日に行われる決勝戦も凄まじい試合になりそうだ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « MS杯準決勝結果 | トップページ | 2008年日本代表スコッド »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    サントリーが三洋に勝つためには、スクラムで優位に立って、SH田中にプレッシャーかけ、少しでもブラウンのリズム崩すことですかね。

    投稿: kouta | 2008年2月20日 10:57

    本当にすばらしい試合でした。
    前半リードで折り返しその波の乗った東芝の勢いを、全勝でリーグを勝ち抜いた三洋は落ち着いてディフェンスしてました。最後のフォーンがなってから、三洋がトライした勝利は去年の東芝VSサントリーの決勝でバツべいがトライした瞬間とダブりました♪

    投稿: Aika | 2008年2月18日 14:10

    友人と秩父宮で観戦しました.素晴らしい試合でした.
    三洋はラインアウトで劣勢でしたが,交代出場の19川口,22吉田尚史が活躍.最後,東芝がモール連続で時間を消費すれば終わるところを,出してキックしたのが勝敗を分けました.
    さてJapanのnew squad,一体どんな陣容になるのかな?

    投稿: neuron | 2008年2月18日 13:56

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/40167459

    この記事へのトラックバック一覧です: MS杯SFを録画で見る:

    » 第30回木元杯全九州高校新人ラグビー大会(2/16、17) [B,R,R & K BLOG(社会人野球、きらきらアフロ、ラジオ、ラグビーのファン)]
    2/16(土)から全九州高校ラグビー新人大会が始まっていたのに、こちらへの掲載が遅れてすいません。 ≪第30回木元杯全九州高校新人ラグビーフ... [続きを読む]

    受信: 2008年2月18日 12:46

    « MS杯準決勝結果 | トップページ | 2008年日本代表スコッド »