« タグラグビー追加募集 | トップページ | サクラソウ »

つくばおろし

木曜日は茨城県つくば市にある茗溪学園に行ってきた。北千住駅からつくばエクスプレスに乗って、つくば駅まで。秋葉原とつくばが40数分だから、これ、便利だなぁ。

Meikei1

今回は、2月25日発売のラグビークリニックの取材だった。特徴ある高校チームに、その練習法や考え方を訊く企画で、ミスをチャンスに変えることが多い茗溪学園にその秘訣を訊いた。午後4時からの練習を見せてもらい、そのあと高橋健監督にインタビューした。

練習を見学していると、つくばおろしが冷たく、つい建物の陰に隠れていた。突然、声をかけられて驚く。デフラグビーについて書いた「静かなるホイッスル」の著者、柴谷さんだった。柴谷さんは茗溪学園出身だ。ここで英語の講師をしているとのことで中学のラグビー部のコーチもしているようだ。背後に見えるのは、気象研究所の鉄塔だと教えてもらった。

Meikei2

実は初めてこのグラウンドに行ったのだが、最初に気になったのは砂場のようなグラウンドだった。昭和の最後に茗溪学園が全国制覇(大阪工大高との両校優勝)した頃から、グラウンドに砂を入れているとは聞いていた。砂浜のようなグラウンドを走ることで、足腰が鍛えられ、下が柔らかいからタックルされても痛くない。低いプレーも怖がらずにできる。タックルされながらの身のこなしが上手い理由がこのあたりにあるのだろう。

高橋監督に確認すると、もともとは固いグラウンドだったようだが、体育でラグビーをするときに怪我をしないように砂を入れたのだそうだ。それが様々な効果を呼んだ。そして、茗渓学園が創部当時からハンドリングラグビーを志向している理由についても訊いた。高橋監督は、学園の一期生で、そのときは、中学1年と高校1年しかいなかったそうだ。

グラウンドのどこからでも仕掛ける茗溪ラグビーだが、攻撃についてはほとんど生徒に任せて考えさせているという。仕掛けるのが楽しいから、少しでも相手にスキがあればボールをつなごうとする。相手のミスがあれば、全員がチャンスだと思って反応できる。判断するのは選手自身。それを練習でどう作るか。そのあたりの詳しいことは、ラグビークリニックにて。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « タグラグビー追加募集 | トップページ | サクラソウ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    いつも仕事で茗溪学園の近くを通ってます。こんど、練習でも観に行こうかな?

    投稿: しがぞう | 2008年2月 2日 17:57

    茗渓のグランドは砂場で足が重かったのが懐かしい思い出です。試合をやると足が砂に取られて…思うようにプレーできなかったなぁ。
    ラグビー部でない一般の生徒でもその辺りのチームよりも巧いラグビーができると聞いた事があります。
    工大高との試合は実現して欲しかったです。大友、赤羽選手と逸材揃いだった。特に赤羽選手のスクリューのかかったロングパスには当時、ド肝を抜かされました。日本で最初にスクリューをかけてパスをするようになったのは誰なのでしょうか。村上さんご存知ならば教えて下さい。

    投稿: sasa | 2008年2月 1日 14:30

    なるほど。砂浜のようなグランドなのかあ
    裸足で練習すると足裏が刺激されて肝臓の調子なども回復しそう
    夏場は靴下はかないと足裏ヤケドしそうになっちゃうんですよね

    投稿: ナベゾ | 2008年2月 1日 04:56

    今年の10月にオールブラックスとワラビーズが香港で初めて対戦するらしいのですがJスポーツで中継されますか?

    投稿: 通りすがり… | 2008年2月 1日 01:38

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/17914747

    この記事へのトラックバック一覧です: つくばおろし:

    » 2007-2008年 ラグビートップリーグ最多出場はこの選手だ! [B,R,R & K BLOG(社会人野球、きらきらアフロ、ラジオ、ラグビーのファン)]
    ラグビートップリーグのオフィシャルHPには全登録選手の成績が掲載されています。 これは非常に見る側にとって有り難いものなんですけど、... [続きを読む]

    受信: 2008年2月 1日 02:31

    « タグラグビー追加募集 | トップページ | サクラソウ »