« 大畑選手香港へ | トップページ | 日本選手権開幕 »

香港の会見

きのうの日記で紹介したアジア5か国対抗スポンサー発表の記者会見が、香港のセントラルにあるHSBC メインビルで開催された。スポンサーになるのは、HSBCグループの香港上海銀行。大会名は、HSBCアジア5か国対抗(Asian Five Nations:HSBC A5N)となる。

この大会は、アジア25協会を4部に分けて行われる。トップ5(日本、韓国、香港、アラビアンガルフ、カザフスタン)の最下位は降格になり、その下のディビジョン1のトップチームと入れ替わる。ディビジョン1は、中国、台湾、シンガポール、スリランカが参加。アジアラグビー協会の加盟協会は、過去10年で10協会から25協会に増えた。

この会見に出席した大畑大介選手のコメント。「この大会ができたことによって、今までになくアジア各国との交流が生まれてくると思いますし、さらに試合を重ね切磋琢磨することでアジアラグビー全体のレベルが上がっていくと思います。将来的には、アジアから世界へアピールできるような大会になるよう、選手としても頑張っていきたいと思います」

きのうの日記のコメント欄でご質問があった香港セブンスの件、日本代表は例年通り参加します。今年は、3月28日~30日の開催。参加24チームをA~Fの6プールに分けて行われるのだが、日本は、南アフリカ、アルゼンチン、ロシアと同組。7人制日本代表のメンバーなどは、今月中には発表されて準備を進める見込み。

本日のプレスリリースは、「サントリーカップ第4回全国小学生タグラグビー選手権大会決勝大会のお知らせ」。3月15日(土)、16日(日)、秩父宮ラグビー場にて開催される。先日2月11日の東海ブロック大会で決勝大会出場チームを決定するブロック大会が終了し、全国のブロック代表16チームが出揃った。4か月に渡って全国各地で予選大会が開催され、延べ1,016チーム、8,689名の小学生が参加したという。出場チーム紹介は、コチラ

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 大畑選手香港へ | トップページ | 日本選手権開幕 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    IRBのHPで香港セブンスの出場国がとっくに発表されているのに、日本協会の代表セブンス情報は去年のまま・・・。

    日本協会にはもっとセブンスにも力を入れて欲しいです。佐野さんのブログも何の断りもなく?突然閉鎖されましたしね。やる気あるのかな?

    投稿: きゅー | 2008年2月25日 20:10

    ジャパンセブンスの復活にむけて,協会は動いているんでしょうか?
    トップリーグのセブンスの大会も開催して欲しいなぁ。

    投稿: さちこ | 2008年2月21日 23:03

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/40210386

    この記事へのトラックバック一覧です: 香港の会見:

    « 大畑選手香港へ | トップページ | 日本選手権開幕 »