« ソウルより | トップページ | 日韓戦結果 »

ソウルより2

金曜日の夜は、国際交流基金ソウル日本文化センターで行われた「ラグビー日本対韓国戦、見所の夕べ」に参加してきた。

Koreatalk

写真の左から、ラグマガの田村編集長、スポーツジャーナリストの藤島大さん、高麗大学のラグビー部監督の韓(ハン)さん、通訳の姜(カン)さん、元韓国代表PRの洪(ホン)さん。韓さんといえば、元韓国代表のSHで日本のNECでもプレー、9年間日本で暮らした人だ。以前も高麗大の監督をしていたのだが、この4月から復帰したらしい。洪さんも、横河電機でプレーしていたので、お2人とも日本の事情に詳しい。ほとんど日本語で行われ、通訳の姜さんも苦笑い。客席からもどんどん質問が出る楽しいイベントだった。というか、僕も最前列で質問しちゃいました。

韓国でなぜラグビーの競技人口が増えないのかなど、興味深い話も多かった。洪さんの、「日本は社会スポーツ、韓国はエリートスポーツ」というのが分かりやすかった。韓国では日本的な部活とかクラブチームのようなものは存在しないという。洪さんも、中学1年生の時に、先生から「ラグビー向き」だということで強制的に始めさせられたらしい。そして優秀な選手がラグビーの強い高校に行き、その中でまた優秀な選手が強い大学に進む。競技人口が少ないのに韓国代表が強い理由である。

さて、本日の日韓戦、韓国代表の先発予定メンバーには、1キム・グァンモ(三洋電機)、5キム・ヨンナム(NTTドコモ関西)、6ヨン・グォンウ(横河電機)、7ユ・ヨンナム(三洋電機)、8イ・グァンムン(サントリー)、9ヤン・ヨンフン(ホンダ)と、日本チーム所属選手たちの名前が。韓さんも、洪さんも、彼らの成長に期待しているようだった。

韓さんによると、日本チーム所属選手以外では、14番のWTBイ・ジョンミン選手(188㎝、92㎏)は注目で、「高麗大ではFB。スピードのある、強い選手です」、CTBキム・ソンス選手(180㎝、90㎏)についても「強いですよ」とのこと。韓国選手のリストを見ていると、日本代表とサイズはほとんど変わらない。洪さんは、「韓国はモール、ラックには弱いところがある」と話していて、韓国代表にとっては、どれだけボールを確保して、スピードあるバックスを走らせられるかがポイントになりそうだ。

藤島大さんは、「チーム作りは最初が肝心。カーワンHCが日本のファンにメッセージを出すゲームだと思います」と話し、今年の日本代表最初の試合内容に期待を込めた。

前日練習を取材した大友信彦さんによれば、日本と韓国が同じ場所で時間をずらして練習したのだが、韓国代表が早くグラウンドに到着したため、日本代表がコンビネーションの練習を早々に切り上げたらしい。ちょっと緊張が走ったようだ。

ただいま、土曜日の朝10時である。きのうの夜は雨が降っていたのだが、いま、ホテルの窓から見たところ雨は降っていない。さて、それでは試合会場に行ってきます。試合後の更新は、JSPORTSの放送もあるため、遅めか翌朝にするかもしれません。

追記◎イベント参加者のみなさんも含めて食事した。とりあえず、肉食べときました。

Niku


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ソウルより | トップページ | 日韓戦結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    韓国の選手にも、日本でプレイをしている選手がいるので、日本代表の選手たちには気持ちを引き締めて臨んで欲しいですね。藤島さんの発言は、その通りだと思います。
    楽しそうなイベントの雰囲気、伝わってきましたよ。

    投稿: サファイヤ | 2008年4月26日 11:24

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/40997010

    この記事へのトラックバック一覧です: ソウルより2:

    « ソウルより | トップページ | 日韓戦結果 »