« 日本代表30名 | トップページ | 高校選抜大会決勝 »

高校選抜準決勝

Kaidou

庭のカイドウがいい感じになってきた。

Kumagaya2008

日曜日は熊谷ラグビー場に行ってきた。全国高校選抜大会準決勝を取材するためだ。快晴。スタンドから観戦していると、とても気持ちが良かった。各方面から評価の高い御所工業・実業は、愛知県の春日丘を50-7で下した。春日丘にも惜しいシーンはあったのだが、御所工業実業はディフェンスでも粘り強かった。それでも、竹田監督は「ラックでファイトしていない。修正したい」と課題を口にした。このチーム、身長160㎝台、170㎝台の選手が多く、本当に小さいのだが足腰がしっかりしていて倒れない。ラックでもしっかり立って乗り越えていくシーンが多かった。モールも強いし、ワイドな展開もできる。観戦に訪れていた早大の中竹監督も、「日本のチームがみんなこんなふうになればいいですね」と絶賛していた。

もう一試合は常翔啓光学園が國學院久我山を後半に突き放し、38-19で勝利。決勝戦は、大阪・奈良対決なった。常翔啓光学園も、低いタックルからのターンオーバーに、ボールを素速く動かしてのラインブレイクなど、啓光らしいプレーを披露してくれた。体格も170㎝台の選手がほとんどで、小さい。「FWがいいディフェンスをしてくれている。BKはいい攻撃もあるけどポカもある」とは杉本監督。決勝戦に向けては、「お互いにボールを動かしてゲームを作るチームなので、いかに継続してプレーできるか。長くボールを持っているチームが勝つのでは」と話していた。常翔啓光学園FB国定のスピードはスタンドを沸かせていたが、それもそのはず、彼のお父さんは、明治大学、トヨタ自動車で活躍した俊足WTB国定精豪さんである。しなやかな走りは僕が記憶する高校時代のお父さんとよく似ていた。

決勝戦は、JSPORTSで録画放送される(4月12日 、19:00~21:00 JSPORTS1初回放送)。明日、僕が解説、谷口さんの実況でライブ収録だ。小さい者がいかに勝つかを追求する両チームである。直接対決でどんなラグビーをみせてくれるのか楽しみ。ただ、明日は午後天気が崩れそうで、それだけが心配だ。


◎全国高校選抜大会結果
御所工業・実業○50-7●春日丘(前半24-7)
常翔啓光学園○38-19●國學院久我山(前半21-14)

◎7人制日本代表結果
4月5日、6日
オーストラリア・アデレードで行われていた
「IRBワールドセブンズシリーズ」
1日目 予選プールB
0-53 トンガ代表(前半0-24)
26-31 サモア代表(前半5-24)
17-24 ウェールズ代表(前半7-17)
2日目
ボウルトーナメント準々決勝
12-24 アルゼンチン代表(前半7-14)
シールドトーナメント準決勝
19-24 カナダ代表(前半14-7)
※19-19同点でサドンデスが行われ、カナダが開始1分でトライを挙げた。


以上の結果により、アデレード大会はシールドトーナメント準決勝敗退で大会終了となりました

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本代表30名 | トップページ | 高校選抜大会決勝 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    国定さんって、
    確か、目黒高校の監督・梅木さんのの
    息子さんで、明治で活躍した選手でしたね。

    その息子さんと言うことは
    梅木監督にはお孫さんにあたるんですね。

    最近は二世選手が増えてきて、
    長年、観戦してきやファンには
    感無量です。

    投稿: 今道正純 | 2008年4月 7日 12:49

    熊谷で観戦しました。御所工実は噂通りの強さ。ビックリしました。なんだか新鮮味があっていいですね。
    決勝での御所工実は1回戦からの試合なので啓光より1試合多くエネルギーを使ってきています。どう影響するのかも・・・それともしないのか・・・・楽しみです。
    記事をTBさせていただきました。よろしくお願いします

    投稿: SANDA | 2008年4月 7日 10:30

    ラグビータウン熊谷に通っていた頃が懐かしく思い出されます
    スタンドでもいろんな人に会ったなあ

    投稿: ナベゾ | 2008年4月 7日 05:19

    国定さんの息子さんって事は、昔の「目黒」を TV で視ていた世代にはとても感慨深いものがある様な気がします。
    個人的な無邪気なコメントで恐縮ですが、「ラグビーが好きで、熱くプレーする心意気が親から子へ、子から孫へと、伝承されていく」事は、個人的には微笑ましく想いました。
    また、それは単に血縁関係でなく、身の回りの人にも何かしら伝達可能な事かも知れないので、自分も頑張ろうと思いました。

    投稿: ポカリの紅い彗星(爺さん) | 2008年4月 7日 02:30

    国内ラグビーの取材、お疲れ様です。
     決勝戦は、近畿勢同士の対決となりましたね。啓光は近畿王者として順調な勝ち上がりだと思いますが、近畿大会5位御所のチーム力が選抜大会を通じて増しているような感じが見受けられます。近畿大会で花園準優勝の伏見を圧倒し、工大(現在の常翔)にも惜敗、5位決定戦では県内最大のライバル天理に完勝するなどダテなチームでないなあと思いました。 
     個人的には、九州勢4校(内花園常連3校)が敗退したのが残念でしたが、冬の花園へ向けて巻き返しを是非期待したいです。もうひとつは、ここ数年、関東の盟主が桐蔭になりかけている中、関東王者久我山が復活へつなぐ4強に勝ち残ったので、こちらも冬の花園へ向けてどのようなチームになっていくのか非常に楽しみです。
     今日の決勝戦は、冬の花園への前哨戦と位置づけされているで高校生らしい熱く魂のこもった戦いを期待しています。

    投稿: Wakazou | 2008年4月 7日 01:10

    え~っ!?
    国定さんの息子さんって、もう高校生なんですかっ!?
    そりゃ、自分も歳を取るはずです。

    投稿: らぐじ~ | 2008年4月 6日 21:35

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/40790419

    この記事へのトラックバック一覧です: 高校選抜準決勝:

    » 第9回全国高校選抜ラグビー大会・準決勝 [SANDA]
    === 第9回全国高校選抜ラグビー大会・準決勝 === [[attached(1)]] 春の高校ラグビー選抜大会を埼玉県・熊谷で観戦。 準決勝2試合を楽しんだわけだ 天気は朝から青空が広がり、普通の人は『花見』を楽しむ週末。 花粉症の人はアウトドアこそ『死』をも結びつけようかという陽気。 小生は義兄姉弟の杯を交わした仲間と熊谷でこの日曜日を過ごしていた。 この大会。これまでの経過は高校ラグビーを溺愛し、 心だけは小生の真の姉がアップしている 『高校ラグビーを行く』(..... [続きを読む]

    受信: 2008年4月 7日 10:26

    « 日本代表30名 | トップページ | 高校選抜大会決勝 »