« ラルフ、サニックス入り | トップページ | 綾城コーチに会う »

薔薇の季節

Rose

GWのあいだ、花を見る余裕もなかったのだが、いつのまにか庭に真っ赤な薔薇が咲いていた。これからしばらくは、薔薇が楽しめる。まもなく白い薔薇も咲く。ジャスミンもいい香りである。

Jasmine

きのうの日記にも書いた、スーパー14のウエスタン・フォース対チーフスの試合を見る。フォースは、脳しんとうで休んでいたSOギタウが戻ってきて、さすがのプレーを見せる。WTBミッチェルは好調だなぁ。17歳のCTBオコナーは、なんども画面にアップになるのだが、今後人気が出そうな美少年である。ラインブレイクのスピードも抜群。それにしても、終盤の攻防は凄まじい。ターンオーバーの連続で、まったくゲームが切れない。

GWのワールドユース大会でも思ったが、世界の強豪国では高校生年代はプロの予備軍として年々レベルアップしている。高校生レベルでも非常に組織化されたラグビーで、この年代でも日本が勝つのは至難の業だと痛感した。ただし、今回のワールドユースにやってきていたチームも基本的にはそれぞれの国での高校王者が目標だし、あくまでも教育の一環としてラグビーをしていた。南アフリカのグレンウッドハイスクールは、規律を重視していたし、イングランドのセントベネディクツスクールは、「一日4時間の勉強ができる環境」を条件に参加したという。プロを目指す選手も多いのだが、学業もおろそかにせずチーム強化をしている高校が多い。ここは大事なところだという気がする。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラルフ、サニックス入り | トップページ | 綾城コーチに会う »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    色鮮やかな花の写真に感心しました。多分、育てたんでしょう。花の方も感謝してると思います。聞こえます。さて、一日4時間の勉強ですか・・・。大学受験の四当五落、中学での学年プラス1時間の勉強と言った時代があったのがウソのよう。今の時代では勉強するだけでも立派というべきでしょうか。

    投稿: Y | 2008年5月 9日 01:52

     ジュニア・ワールド・チャンピオンシップって、どのくらいの規模の大会なのですか?

     後、SUPER14が拡大を検討しているそうですが、日本は積極的にリーグ入りを働きかけているのでしょうか?

    投稿: rugbyhead | 2008年5月 9日 00:26

    私も今日、録画でフォース対チーフス戦見ました。めまぐるしい試合でしたね。4強争いもますます混戦ですね。

    投稿: らぐじ~ | 2008年5月 9日 00:11

    赤い薔薇もジャスミンも香りがしてきそうです。お庭にこんなに花があるなんて、いいなぁ。
    ラグビーも学業も大切にする考え方は、どの国の高校生にとっても必要なことですね。

    投稿: サファイヤ | 2008年5月 8日 11:16

    「一日4時間の勉強」は見習うべきだな
    日本の高校生も

    投稿: ナベゾ | 2008年5月 8日 04:35

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/41129522

    この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇の季節:

    » 神戸新聞に大畑大介 掲載 [ココロミ]
    2008.5.9(金)の神戸新聞(朝刊)に、大畑選手が掲載されるらしい。 [続きを読む]

    受信: 2008年5月 8日 19:31

    « ラルフ、サニックス入り | トップページ | 綾城コーチに会う »