« トップリーグ開幕情報 | トップページ | 新加入とU20 »

日本代表メンバー

6月8日(日)からスタートする「IRBパシフィック・ネーションズカップ」に向けた日本代表メンバーが発表になった。

PR1西浦達吉、猪瀬佑太、HO猪口拓、青木佑輔、安江祥光、PR3相馬朋和、池谷陽輔、LO4 大野均、谷口智昭、LO5北川俊澄、ルーク・トンプソン、FL6菊谷崇、篠塚公史、FL7ハレ・マキリ、中山義孝、No.8箕内拓郎、ホラニ・龍コリニアシ
SH吉田朋生、田中史朗、SOジェームス・アレジ、ショーン・ウェブ、CTB大西将太郎、今村雄太、平浩二、ライアン・ニコラス、WTB小野澤宏時、遠藤幸佑、クリスチャン・ロアマヌ、吉田大樹、FBブライス・ロビンス、有賀剛

※メンバーの変更が、5月24日発表された。安江祥光(日本IBMビッグブルー) 理由:負傷のため→水山尚範(NECグリーンロケッツ)

5月31日のクラシックオールブラックス戦のメンバーもここから選ばれるようだ。負傷者も回復してきて、さらにパワーアップしたメンバーでパシフィックネーションズカップにチャレンジである。

トップリーグの話題では、ヤマハ発動機ジュビロが、5月24日(土)、ヤマハスタジアム(磐田)にて『ヤマハラグビーフェスタ』を開催する。NECグリーンロケッツを迎え、同チームが指導する千葉県の「あびこラグビースクール」も来場。ヤマハ発動機ラグビースクールと交流試合を行なう。入場無料。メインのジュビロ対グリーンロケッツは、午後2時キックオフ。詳細はコチラ

愛好的観劇日記◎ZIPANGU Stage15周年記念公演「酒場でダバダ」、「ラッキーガイ」の2作品を観た。大塚・萬劇場にて。作・演出=今石千秋。出演=「酒場でダバダ」・滝沢久美、キム木村、はなたろう、中里圭太、稲葉仁、村岡あす香ほか。「ラッキーガイ」・新田正継、佐土原正紀、西薗優、宮本ゆるみ、大沼竣、日澤雄介ほか。
ラッキーガイという酒場を舞台にした、2つの物語なのだが、「酒場でダバダ」は大人の粋な物語。「ラッキーガイ」は、不運な店主のもので開催された合コンがとんでもない結末を迎える。ともにコメディで大いに笑い、ちょっとしんみりした。特にラッキーガイは、終わってからとてもいい気分になった。なんだろう、この感じは。芝居を観ると豊かな気分になれるから好きだ。日澤さんのイケメンっぷりは、そうとう気に入った。この劇団は、終演後速攻で着替えてお客さんを送り出してくれる。舞台で観ると大きいのに小柄な役者さんが多くていつも驚く。次回作は、9月26日~28日、新宿・シアターサンモールにて、「サイユウキ」(仮題)。シチュエーション・コメディみたい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トップリーグ開幕情報 | トップページ | 新加入とU20 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    観劇のご感想ありがとうございます。
    村上さんのおかげでラグビー関係の方にも
    たくさんご来場いただけました。
    楽しんでいただけてしあわせです。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    投稿: ZIPANGU Stage滝沢 | 2008年5月21日 11:20

    村上さん、質問です。
    ヤマハの山村選手は何故代表に
    選ばれなくなってしまったのでしょう?

    投稿: rugby fan | 2008年5月21日 07:24

    ずいぶんとカタカナの代表が増えてきましたけど、いっそフロントローも黒船解禁してしまえばスクラム強化一気に解決じゃないでしょうか
    その前に各チームでプロップ傭兵どんどん雇って、日頃からプレッシャーに晒される環境にあるべきだと思いますが

    投稿: ナベゾ | 2008年5月21日 04:56

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/41270351

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表メンバー:

    » ヤマハ発動機ジュビロ対NECグリーンロケッツ [まる≠楕円・・・? ふたたび]
    ヤマハラグビーフェスタ 2008年5月24日(土) !4:00K.O.於:ヤマハ [続きを読む]

    受信: 2008年5月25日 00:21

    » 日本が大会連覇!! [スポーツ総合情報サイト 北京への道]
    サッカー日本代表キリンカップ連覇日本代表 0 - 0 パラグアイ代表キリンカップ最終日パラグアイ戦の後半、フリーキックをける中村俊(右)。日本はパラグアイと0-0で引き分け、1勝1分けの勝ち点4で2年連続9度目の優勝を果たした(27日、埼玉スタジアム)●中村俊輔選手(セルティック):「ボールは回っていたけど、3人目の動きが足りなかった。前半はある程度形を作れてはいたけど、後半は前でつかれることが多かった。2歩、3歩で取られるよりはまわしたほうが良かった。個人の判断だったと思う...... [続きを読む]

    受信: 2008年5月28日 00:01

    « トップリーグ開幕情報 | トップページ | 新加入とU20 »