« NZマオリ戦メンバー | トップページ | 村田亙、ファンの集い »

NZマオリ戦結果

6月28日(土)、IRBパシフィックネーションズカップ第4戦・NZマオリ対日本代表が、ニュージーランドのネイピアで行われた。

先制したのは日本代表だった。ラインアウトからNO8龍コリニアシが突進したところでNZマオリがオフサイド。SOアレジがPGを決める。8分に、NZマオリのWTBローレンスにトライを奪われ、12分にはモールの真ん中を割られてボールを奪われると、SOブルースにインゴールへ走り込まれる。これで3-12とされたが、ここからは日本代表が粘る。24分にはゴール前のスクラムから、CTB今村の負傷退場で入ったFBウェブがライン参加。タックルされながらボールを浮かしたところに、FBからCTBに上がっていたロビンスが回り込んでトライ。スクラムもコントロールされたいいトライだった。直後の26分には、相手のラインアウトのロングスローが後ろへ抜けたところを、龍コリニアシがキャッチし、すぐに左オープンに展開。ロビンスが大きくゲインして最後はWTBロアマヌがゴール左隅に飛び込んだ。34分に一本トライを返されたが、前半終了間際にカウンターアタックからつないで、ここでもロビンスが大きくゲイン。FLトンプソンが再逆転のトライをあげて前半を、22-17とリードで折り返した。

スクラムでは健闘し、ディフェンスラインもよく機能していたのだが、前半のタックルミスが「16」と、身体を当てながら前に出られるシーンは多かった。それでもカバーディフェンスでなんとか粘っていたのだが、後半は、ファーストタックルが決まらなくなり、完全に抜け出されることが多くなってカバーディフェンスも届かなくなった。NZマオリはランニングスキルの優れた選手が多い。広いスペースでボールをつなぎ始めると手が付けられない。後半15分、日本代表が攻め込んだところでターンオーバーを許し、WTBギアに独走トライを奪われたあたりからは一方的になった。

先月、日本代表のアシスタントコーチのドゥーリー氏に話を聞いたとき、「選手はディフェンスのストラクチャーは理解している。しかし、ポイントからポイントへ行くスピードが不安定です」などと課題を話していたのだが、分かっていてもポイントに行けていなかったり、肝心のタックルが決まらなかったり、克服すべき課題はまだまだ多い。日本代表が目標とする低いプレーも、あまり出きていなかったように思う。「後半はミスを重ねるうちにチーム全体のコントロールを失ってしまった。タックルの精度を上げるとか、ボールをしっかりキープするなど、本当に簡単なことが修正できませんでした」と相馬選手がコメントしている通り、攻撃面でも簡単に相手にボールを渡してしまうシーンが多かった。

しかし、個々には光るプレーもあった。負傷の癒えたトンプソンは、攻守に活躍。ロビンスの独特のステップワークは、NZマオリを翻弄した。SH吉田、CTB大西も低いタックルを何度も決めた。先発での出場機会の少なかった選手達の頑張りは印象的だった。最終戦となるサモア戦はどんなメンバーになるか分からないが、うまくゲームをコントロールすれば勝てる力はあるはずだ。

カーワンHCのコメント=「前半40分と後半最初の10分はこれまでの試合で一番といっていいほど良い出来だった。1対1のディフェンスも良かったし、ストラクチャーもしっかりこなすことが出来ていた。しかし残念ながら、自分たちのミスの連続からチームがパニックに陥ってしまった。メンタルの弱さが出てしまった。最後の20分間をしっかりと組み立てられるようなチームにならなければいけない」

◎試合結果(6月28日)
NZマオリ○65-22●日本代表(前半17-22)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « NZマオリ戦メンバー | トップページ | 村田亙、ファンの集い »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    NZマオリ戦のことに限って言えば、FWの選手起用にどれほど積極的な意味があったのか疑問です。

    投稿: マスター | 2008年6月29日 20:50

    前の意見に同意。
    日本代表は15人全員代表資格ありの外国人で固めればもっと強くなるんじゃないか
    (外国人が少ないであろうフロントローとSHは申し訳程度に日本人を入れるとして)
    と思ってしまうのが少し寂しい。
    ほんとのところは分からないけど、JKのチーム作りを突き詰めていくと、そういうチーム構成もありだよ。ってはなしにならないかなぁ・・・ 

    投稿: RKSI | 2008年6月29日 17:26

    日本代表に日本人は不要。

    投稿: リッヒ | 2008年6月29日 15:41

    点数入れた選手が全員外人って・・・。

    投稿: issa | 2008年6月29日 09:33

    ワールドカップ翌年はワールドカップの年と同じくらい大切。とにかくこれまで何回かのWC翌年とは確実に違う取り組みをしています マオリ戦は出来なかったことが多かったけどまた前見てやっていってほしいです

    投稿: kerikeri | 2008年6月29日 09:24

    とにかくラインアウトだけはどうにかならんもんですかなー!'またか'と言いたくなりますわ。前半あれだけの試合をしたのにも関わらずあんなにも崩れるとわ…どんどん日本らしさが失われつつあるような。アレジやニコラスなどが怪我したときのことを考えると勝ちが浮かばない!来週のサモア戦ぜひ勝利をおねがいします。
    ロビンスのステップかっこよかったな~

    投稿: トエアバ | 2008年6月29日 08:48

    次週で春シーズンが終了しますが
    総括はされるのでしょうか?
    ファンを集められなかった国内試合
    3勝に届かず大敗を記したPNC
    そして更新されないGMのブログ
    反省点は山ほどありますが、それ
    でも現体制は続くのでしょうか?angry

    投稿: 瑞穂 | 2008年6月29日 08:13

    相馬選手が日本刀を持つ姿にしびれました。
    これからも歴代のキャプテンに受け継ぐ刀として伝統化していってほしい。武士が戦場へ赴く気持ちは、テストマッチに挑むのに通じるものがあると思います。武士の魂である刀をジャパンにも。
    また海外からブレイブブロッサムズからサムライブロッサムズの愛称が付くかも♪

    投稿: ターボ | 2008年6月29日 02:03

     試験的ルールを導入して早い試合展開に慣れた選手で、しかも大きくて上手な選手を相手にしては、今日のタックルでは通用しないと言う事なのでしょうか?ワールドカップ前には世界一低いタックルを目標としていた様に記憶していますが、もうやらなくなったのか、と言う感です。

     ところで、SUPER14とトライネーションズの拡張で、公式の会合が行われるそうですが、日本はSUPER14入りさせてもらえるのでしょうか?

    投稿: rugbyhead | 2008年6月28日 22:08

    何と言おうと大敗です、この試合。
    最終戦の前にこんなことを言うのは、という気持ちがないでもありませんが。。。ラグマガによるとPNC終了後にJKとの契約を2011年まで延長するようですが、8強委員会はPNCでのヘッドコーチに対するきちんとした評価をするつもりがないようです。本当にそうなら駄目ですね。厳然とGoodの部分とNoGoodの部分はありますからね。なしくずしはいけません。

    投稿: マスター | 2008年6月28日 21:25

    結果はまたしても善戦で終わり、後半中盤から崩れるパターンで、落胆させられた。勿論、相手がマオリだから仕方ない・・。

    他の試合と違ってトライの質は良かったし、スクラムも健闘していた。しかしいつもながら目立つのはjapanの外国人ばかり・・。彼らは本当に献身的に働き、絶賛したい。

    低いタックルにいったと思ったら、外国人だったり、日本人の特徴が出ていないのが残念。点数の開きを埋めるのは日本人のスキル向上しかない様に感じましたが・・。

    投稿: ponta1415 | 2008年6月28日 20:39

    今試合観終りました(後半は観ず)。いい試合じゃん。スクラムも持ちこたえているし、接点も負けてない。ジャパンは強くなっているのは事実ですね。うん?でも負けた?観てないから知らない。来年に期待しよう、あ、その前にサモア戦ね。

    投稿: 深緑郎を探せ! | 2008年6月28日 19:59

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/41672083

    この記事へのトラックバック一覧です: NZマオリ戦結果:

    » 力の差、歴然!ラグビー日本代表アウェーで惨敗!! [IXY-nob]
    最終スコア、22-65。 前半22-17。 要するに前半は適当に遊んでくれて、後半はラグビーをさせてくれなかった。 相手(ニュージーランド・マオリ)は大人だった。今年のパシフィックネーションズ大会出場国の中で最強といわれるチームに対して、ジャパンは先週までと大幅にメンバーを入れ替えて臨んだ。 ラインナウトな要、ルーク・トンプソンや堅いディフェンスの大西将太郎など戦力アップを感じさせる部分もあるが、全体としては「主力を次週(サモア戦)に温存した」という印象。その割には、特に前半の20分過ぎからのジャパ... [続きを読む]

    受信: 2008年6月28日 16:26

    » NZ MAORI 戦 雑感 [体脂肪マン的個人日記]
    11時25分。 放送開始を前にして、今日も厳粛な気持ち(と書くと大袈裟だが・・・。)で試合開始を待ち受ける。 ジャパンラウンドの選手入場時にかかる、ゲゲゲの鬼太郎チックなサクラのBGMもなく、良い感じで試合の中継に入り込む。 で、いつものようにNational Anthemは正座で・・・。 大西の顔がアップになり君が代を歌っているのがわかる。 JKがマオリ戦のメンバーを落としたと揶揄する人も一部にはいましたが、試合が始まる前はやってくれるはず!と期待する私。 こんなことを書くと大変失礼にな... [続きを読む]

    受信: 2008年6月28日 21:11

    » PNC NZマオリ戦レビュー [瑞穂のラグビー好き]
     フレッシュなメンバーを使ってきたJKジャパン 一抹の不安を感じながら・・レビューです 国歌斉唱の時に主将の相馬が刀を持ってましたね。ウォークライの変わりに 刀の演舞なんてどうでしょうか?  5分 ジャパンがSOアレジのPGで先制                (3:0)  8分 WTB遠藤のパントをSHウィプーにとられ展開されてトライ  (3:5)     ここでCTB今村が負傷で、ウェブ登場 10分 ジャパンがモールで押すが、マオリのNo.8がもぎ取り     ?が中央にトライ、G成... [続きを読む]

    受信: 2008年6月29日 08:16

    « NZマオリ戦メンバー | トップページ | 村田亙、ファンの集い »