« レフリー負傷 | トップページ | グレーガンが来る »

格闘家の話

ニュージーランド遠征をしていた関東代表は、16日、オークランド大・ワイカト大・マッシィー大アルバ二ィ校学生連合と対戦して、24-24と引き分け、2勝1敗で遠征を終えた。6月10日の第1戦は、カンターベリー大学クラブに22-0、6月12日の第2戦は、テムズバレー地区代表に36-7で勝利。遠征メンバーには、三洋電機ワイルドナイツのPR木川隼吾、FB山下裕史、サントリーサンゴリアスのNO8竹本隼太郎ら、有望選手が多数含まれている。

さて、高校ラグビー出身格闘家の話を。2003年3月に松山東高校を卒業して上松大輔さんがK-1の舞台に立つ。7月7日、日本武道館にて開催される「WORLD MAX 2008 World championship tournament FINAL8」で新設されるライト級の試合に出場するもの。キャリア15戦ながら大抜擢らしい。谷川貞治イベントプロデューサーの「60kgの魔裟斗になるかもしれない」という評価もあるようだ。

高校ラグビー部時代のポジションは、FL。四国大会Bブロック優勝の経歴もあるが、大学には進学せず、格闘家の道にすすみ、2005年1月30日にR.I.S.E.の舞台でデビューした。同校OBの方に教えてもらったのだが、ちょっと気になる話だったので、紹介してみました。

上松さんのことを書こうとしていたら、本日、パンクラス、K-1などで活躍した格闘家の「謙吾」が現役引退を発表したという報道が。大東文化大学ラグビー部出身で、卒業後の1998年にパンクラスに入団。格闘家として活躍する一方で、映画などにも出演していた。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « レフリー負傷 | トップページ | グレーガンが来る »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さ~ん。グレーガンが来るってホンマですか?だとしたらJスポーツだけではだめっすね!生で観なくては…ちなみにフランス2部の注目トゥーロンはどうなったんですか?

    投稿: トエアバ | 2008年6月18日 17:25

    New Zealand police are investigating a "serious allegation" against up to four England rugby players after an alleged incident in a hotel room.
    いったい何があったのでしょうか?そこらの報道だけでなく、BBCですから。気になります。

    投稿: rugby mad | 2008年6月18日 16:48

    ラグビー引退後にK1転身なんて事があっても、今の協会なら永久追放とかいうナンセンスな事はしないでしょうから、ファイト見せて欲しい人いますね。何人か
    筆頭は立川

    投稿: ナベゾ | 2008年6月18日 00:54

     ニース・ラグビー(Neath Rugby)とか言うチームのスクラムハーフ、ガレス・ジョーンズ選手(Gareth Jones)が試合中の首の怪我で、他界なされたそうで……。
     どう捉えたらいいのやら……。

    投稿: rugbyhead | 2008年6月18日 00:20

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/41561501

    この記事へのトラックバック一覧です: 格闘家の話:

    » 第61回全九州高校ラグビー大会(6/15、17) [BRRK BLOG(社会人野球、きらきらアフロ、ラジオ、ラグビーのファン)]
    ≪第61回全九州高校ラグビー大会≫ ■1位ブロック <決勝> 東福岡高   42−8  長崎北高 <準決勝> 東福岡高   15−10  佐賀... [続きを読む]

    受信: 2008年6月18日 02:13

    « レフリー負傷 | トップページ | グレーガンが来る »