« 博多の夜 | トップページ | ホラ選手、トンガ代表に »

南アの接点

火曜日は、編集の仕事などで都内を動き回っていた。発売中の「ラグビー愛好日記2トークライブ集」のサイン本が大量に必要になって、必死でサインした。購入してくださる人に感謝しつつ。一冊だけ書き損じ。ショック。語り伝えるべき、いい話が多いし、ラグビーに詳しくない方にも読みやすいと思うので、まだ読んでいない方はぜひ。2冊目が売れないと、3冊目が出せません(汗)。

夜、博多では音声なしで観た南アフリカ代表スプリングボクス対ウエールズ戦を観る。

南アフリカは、2007年W杯決勝のメンバーが先発に5名しかいない。ウエールズも負傷者が多いのだが、接点の激しさで南アが圧倒している。素速いボール出しにウエールズがついていけない。ちょっと日本代表対オーストラリアA代表戦を思い出させる展開である。接点で負けているから、ウエールズが本来得意とする連続展開もできない。それでも、ワンチャンスでトライを奪うウエールズWTBシェーン・ウィリアムス。このキレにはハバナも脱帽という感じ。

今週の土曜日は、オールブラックス対イングランド、南アフリカ対ウエールズの第二テストマッチが、JSPORTSで放送される。南半球優位は動かないけれど、二戦目でウエールズのガットランド監督がどんな修正を見せるのかは興味深い。

愛好的観劇日記【モダンスイマーズ公演・夜光ホテル】観ました。下北沢OFF・OFFシアターにて。作・演出=蓬莱竜太、出演=萩原聖人、古山憲太郎、津村知与支、小椋毅、西條義将。6月1日に終わった公演で、少し遅くなったのだが、ずっと心に残っていた。先日のコメント欄に、「忙しいのにどうやって観劇しているのですか」というご質問があったのだが、僕の場合、2、3か月前にチケットを予約するので、とにかく日を決めてその日はできるかぎり仕事を入れないようにする。それだけ。観ると決めたら観る。そして面白かった芝居だけこの日記に書いている。「夜光ホテル」、青春だった。なんだか、山田太一とか思い出すような。どうしようもない若者達が、とにかく何かを考え始める。「人間は考える葦」。考えよう。それだけの話が、ホテルの一室で展開していく。約2時間、まったく飽きずに見守った。蓬莱さん、大したものだ。萩原聖人の「さあ、行こうか」が心にしみた。この人、声がいい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 博多の夜 | トップページ | ホラ選手、トンガ代表に »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    こんにちは。NZ対ENG 楽しみですね。
    話がそれますが、現在JスポーツのCMで放送されている、パシフィックネイションズの日本代表のトライシーンなどをまとめたCMの中で使われている楽曲は何の曲がご存知でしょうか?
    Jスポーツのホームページの楽曲検索にもなかったもので。。 よろしくお願い致します。

    投稿: ラグビー部員 | 2008年6月11日 12:53

    書き損じの一冊をウエールズに捧げてはいかがでしょう
    レッドドラゴンならぬ”レッドクマさん”仁王立ちでなんとなく厄除け効果ありそう
    失敗したサインも魔除けのお呪いと言う事で
    ウエールズに勝利をもたらした一冊となれば引く手数多

    投稿: ナベゾ | 2008年6月11日 04:35

    南アは海外組をよんだんですね。オールブラックスはどうするんですか?とりあえず土曜日楽しみです!萩原聖人ときいて思い出すのは若者のすべてですね。このドラマいいですよ~

    投稿: トエアバ | 2008年6月11日 02:54

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/41497464

    この記事へのトラックバック一覧です: 南アの接点:

    » 一人芝居日記 [一人芝居日記]
    一人芝居日記。今日は元モーニング娘。加護ちゃんの話題。 [続きを読む]

    受信: 2008年6月11日 09:11

    « 博多の夜 | トップページ | ホラ選手、トンガ代表に »