« U20結果&トークライブ | トップページ | セブンス結果と草津さん »

フィジー戦結果&遠藤選手

日曜日の午後は、国立競技場にいた。降りしきる雨の中、1万人を超える観衆が集ったが、日本代表は後半に痛恨のミスが続いてフィジー代表に競り負けた。これで、パシフィックネーションズカップ(PNC)で1勝2敗。アウェイでのNZマオリ、サモアとの連戦に臨むことになった。

前半は、SOアレジのキックで陣地をうまく進め、9-3とリード。しかし、ターンオーバーからトライチャンスを作れていただけに、1本でもトライがほしかった。箕内のグラバーキックに、小野澤、平と走り込んだプレー、惜しかった。後半に入ると、カーワンHCが「フィジーより、たくさんのエラーをした。勝ちを捨ててしまった気がする」と語ったようにミスが続く。後半10分、16分とトライを奪われ、17-12と逆転を許すと、メンバーを入れ替えてリズムを変えようと試みたが及ばなかった。ディフェンスも終盤は雑になっていた気がする。

「日本が勝たなければならなかった試合。ラインアウトは修正したつもりだが、ボール半個分、手をひっかけられたりした」と、箕内キャプテン。ラインアウトだけでなく、ディフェンスでもボールに絡みつくように手をひっかけてくるフィジー代表選手のタックルは、雨でボールが滑りやすくなったコンディションも手伝って日本のミスを誘った。そして、ほんの少しでもスペースを与えれば確実にスコアしてくる。これが世界ランキング10位以内のチームの強さということか。日本が最後にフィジーに勝ったのは、1994年5月である。世界トップレベルのスピードとランニングスキルを持つフィジーに勝つには、判断力、技能など個々のレベルをもっともっと上げていくしかないのだろう。

◎PNC結果(6月21日、22日)
NZマオリ○17-6●サモア代表
日本代表●12-24○フィジー代表
オーストラリアA○90-7●トンガ代表

日本代表WTB遠藤幸佑選手(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)が、7月31日に開幕するニュージーランドの国内選手権「Air New Zealand Cup(エアニュージーランドカップ 通称:ANC)」に参加するカンタベリー州代表スコッドに選出された。カンタベリー協会から日本協会に遠藤選手と契約したい旨のレターが届いたもの。遠藤選手、トヨタ自動車と協議の上、日本代表の専従契約の延長とし、日本協会からの派遣(10月末まで)となる。遠藤選手は、NZ、サモアへの遠征後、そのままカンタベリーに合流する。カンタベリー州代表としてANCに出場すれば、カンタベリー州代表の日本人としては1969年に選ばれた坂田好弘氏以来の快挙になる。

試合後の会見で、遠藤選手は、「9月からトップリーグのシーズンが始まるにもかかわらず、NZでの挑戦を許してくれたトヨタの石井監督、チームメイトに感謝しています。僕は年も若くはないので、挑戦というより、勝負しに行こうと思います。精一杯頑張ります」

日本代表事業部の太田GMは、「昨年のワールドカップでのプレーが認められたものと思っています」と語った。トップリーグの選手登録が8月末締め切りのため、これまでは不可能だった挑戦だが、トップリーグの目的の一つに世界に通用する選手を育成するということがあり、今後、ANCには挑戦できるように規約条項を追加することも明らかにした。イングランドやフランスのシーズンは日本の国内シーズンと完全に重なるため、トップリーグに所属しながらヨーロッパのチームに行くことは不可能だが、ANCは、7月~10月下旬という短期間のため、10月からはトップリーグでプレーが可能。このため、ANCでのプレーについては認めることになったようだ。

ここ数日、外国人選手加入の話題ばかりだったので、日本人選手が能力を認められて海外に出て行くという話題は、嬉しい。

◎7人制日本代表
サファリセブンズ・プール戦結果
6月21日(土)
<プール戦試合結果>
第1戦 0-35 University de Grenoble(前半0-21)
第2戦 26-12 Bristol University Select(前半12-12)
第3戦 7-34 Fiji(前半0-17)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « U20結果&トークライブ | トップページ | セブンス結果と草津さん »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    NECのセミシはサウカワとナエボの二つの名前を使ってますが、どういう意味があるんですか?
    先日の試合ではオーロラビジョンには“サウカワ”で表示されてましたね。

    投稿: はり | 2008年6月24日 01:06

    元日本代表グレート草津さん訃報が東京新聞に出ておりました。
    同氏の個性が感じられるラグビー関係者のインタビュー記事を何度か読みましたが、「悪役レスラーは笑う」森達也著のインタビューはラグビーとは異なる視点で書かれており「キープ・ステイ・ダウン」の真実よりも、ボールをもって走るほうをずっと望んでいたに違いないと強く感じるんだ。

    投稿: 香港のビール | 2008年6月23日 23:59

    初めて投稿させていただきます。確かに日本のノッコン連発にはがっかりしましたがJKのやりたいラグビーがなんとなくみえたプレーも幾つかあったと思います これからに期待したいです!

    投稿: 30肩 | 2008年6月23日 20:49

    JKの選手起用は少し硬直していませんか。
    チームの中で競争原理はうまく働いていますか?

    投稿: マスター | 2008年6月23日 19:52

    僕も雨の中、観にいきました。
    観戦後のスポーツカフェでのイベントが面白かったです。
    ブログに記事を書いたので、何度かトラックバックしてみたのですが、相性が悪いみたいでトラックバック出来ませんでした(--〆)
    よかったら僕のブログ『やまけんカフェ』の記事を読みに来て下さい!

    投稿: やまけん | 2008年6月23日 17:24

    フィジー戦結果が残せなければ疲れも倍増。このことは選手のほうがよく解っていると思われます。
     決して満足することなく精進して欲しいです。
     遠藤選手おめでとうございます。
     カンタベリーだけといわず、どうかクルセイダーズのジャージも着られるよう期待したいです。

    投稿: ムラーカ | 2008年6月23日 15:27

    タフな試合を何回もレギュラーシーズンで経験してこそ、プレッシャーのかかる格上相手のテストマッチで実力を発揮できるのではないでしょうか。
    あのショートパントは・・・。TLでレギュラーを1年間経験してからセレクションしても遅くはないと思います。

    投稿: Kaz | 2008年6月23日 15:25

    1:以前村田航選手がバショップ選手と身長は変わらないのに手の大きさがぜんぜん違うと言っていました。どうしても手が小さいとハンドリングミスが起こりやすいのでしょうか。

    2:以前競技規則で「両チームの合意があればゴムボールの使用も可」というのがあったはずですが、いつの間にか削除されていました。いつからかご存知の方いらっしゃいますか?

    投稿: OnsidekickRecover | 2008年6月23日 15:18

    『ハンドリング』について
    スーパー14とか海外のテストマッチと比較して、日本人選手のノッコン等ハンドリングエラーが多いと感じるのは小生だけだろうか。外国人に少なく、日本人に多いとすれば、そこに何か原因があるような気がする。
    ①パスを出す側によるもの。
    ②パスを受ける側によるもの。
    ③密集でのボールの持ち方。
    ④相手のタックルの仕方。
    ⑤集中力の途切れ。
    etc
    ここに焦点をあてた改善策は講じれないのか。サッカーのように海外留学か、有望海外選手の誘致か、評価制度の導入か、そしてタイトな試合をもっとこなしていく必要がある。
    ともあれ、惜しかったけれど負けた、では日本ラグビーは何時までたっても日の目をみない。結果を出してくれ。

    投稿: オールドラグビーファン | 2008年6月23日 11:47

    残念でした。こんな試合を観るのは疲れますね。ジャパンはJK以前と以後を比べると格段に進化してます。まず、簡単にはラインブレイクされなくなった。以前よりバックスの体格差がなくなったのが原因か。同様にFWも強くなった。むしろジャパンのほうが押し勝っている。TLでもう一回揉まれれば来年はより勝てるチームになる。さあ、フィジー戦勝利まであと364日!!

    投稿: 深緑郎を探せ! | 2008年6月23日 11:10

    遠藤選手おめでとう!
    たしか高校時代は三列でしたっけ?
    「外国ではこういう選手がウイングをやっている」と当時誰かが言っていました。フツーに活躍できると思います。
    日本の輸出品の力を知らしめてください。
    ガンバレ!!

    投稿: よかろうもん | 2008年6月23日 10:58

    バックスタンドでずぶぬれになって応援していたのに、なんとも後味の悪い負け方。最初のトライはまあ仕方がないとして、PGで再逆転した直後のキックオフで攻め込まれて軽率なタッチキックミスで再再逆転されて以降アレジのプレーが消極的でいらいらした。5点リードされて残り時間も数分というところで、PG狙いはキャプテンの選択だから、文句は言わないが、バーに当たって跳ね返ってきたボールを誰も追っていない、最後のチャンス攻め込みながら、つまらないキック、しかも取った相手に誰もプレッシャーをかけていない。WCの最後の場面の再現、全く学習効果がない。このままでは、またいつものWC翌年と同じになってしまう。マオリとサモア戦で少しでも反省の色を見せて欲しい。にし

    投稿: 西 俊久 | 2008年6月23日 10:54

    フィジー戦では煮え湯を飲まされっ放しですけれど、いつもの事ながら、周りで応援しているフィジアンからパワーをもらった様な気分になります
    仕事がなんだ! 課長がなんだ! と昂り、ビール進むんですよね
    スタンドに居る間は

    投稿: ナベゾ | 2008年6月23日 04:29

    もし出場できれば大久保選手以来になるのかな。カンタベリーで遠藤選手にはがんばってサカタになってほしいとこです。
    ということはまたNPCならぬANCの放送復活もあるのでしょうか?
    Jスポさんお願いします^^;

    投稿: ターボ | 2008年6月23日 02:31

    今日の試合、大変悔しかったです。
    箕内→小野澤→平のプレーは、ノックオンだったのですか?
    見ていてまったくそんな感じがしなかったので、ノートライになったのがとても残念。
    雨が降っていなければハンドリングのミスも少なかっただろうかとも思いましたが、晴れていれば、点差はもっとひらいたかもしれない、、、とも思います。少ないチャンスをしっかり点につなげるフィジーのプレーは、やはりすごかった。

    遠藤選手は、トヨタに戻ってきてくれるのですか?ずっとあちらでプレーするのなら反対したいところ(笑)ですが、すぐに戻ってきてくれるならば精一杯応援できますね!!
    日本人の代表として暴れてきてもらいたいですね。

    投稿: ガンバレジャパン | 2008年6月23日 02:12

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/41619167

    この記事へのトラックバック一覧です: フィジー戦結果&遠藤選手:

    » Fiji戦雑感 [体脂肪マン的個人日記]
    昼飯も食い終わり、2007年W杯の時に発売されたレプリカジャージを着込み、万全の態勢の俺。 選手入場後の後の国歌斉唱もいつものように正座をして聞く。 日本代表の選手も声に出して歌っている。 箕内の顔も、他の選手の顔も引き締まって見える。 選手全員が気合いののっている表情に見えた。 フィジーのウォークライをハーフウェイライン上で肩を組んで迎え撃つ表情も引き締まっている。 今日は9ヶ月前のトゥールーズの無念を晴らしてくれるに違いない。 JKがフランスに連れて行きたかったアレジもいる。 フランスで... [続きを読む]

    受信: 2008年6月23日 05:45

    » 日本代表vsフィジー代表(20080622) [SANDA]
    === IRBパシフィックネーションズカップ2008 === === 日本代表 vs フィジー代表 === [[attached(1)]] 梅雨だから・・・・雨雲が空を覆うのは仕方がない。 午前中小康状態だった雨は、国立へ移動中の電車の中で、再度車窓を濡らしはじめた。 今日の観戦はカッパをもち、デジカメは水中用モビルスーツに覆われた。 観戦メモをどうするか・・・・ 頭のメモリーとICレコーダーに気がついたことを録音することで なんとかこの観戦採録を成就させたい さ..... [続きを読む]

    受信: 2008年6月23日 12:17

    » フィジー戦惨敗!ラグビー日本代表悔しいノートライ!! [IXY-nob]
    試合開始から激しい雨。 日本にとってパシフィックネーションズカップ第三戦はどうしても勝たなければならない試合。 前半はこの天候を考慮して、キックを中心にエリアマネージメントに終始し、2PG差の9-3で折り返すことができた。 ただ、フィジーの圧力はヒシヒシと感じられ、後半最初にトライしたチームに流れが行きそうだった。 後半10分までは互角に押し合ったのだが、それまで抜群のフィールディングでチームの危機を救っていたFBウェブのミスから、被トライ。 1 PGは返したものの、フィジーの勢いの前にまたしてもト... [続きを読む]

    受信: 2008年6月23日 20:11

    » 男子バレー情報 [男子バレー情報]
    この段階でやっと「もしかして北京オリンピックに行ける?」と私は思ってしまいました。 [続きを読む]

    受信: 2008年6月30日 20:51

    « U20結果&トークライブ | トップページ | セブンス結果と草津さん »