« フィジー戦前日 | トップページ | フィジー戦結果&遠藤選手 »

U20結果&トークライブ

ウエールズで開催中のジュニアワールドチャンピオンシップに参加しているU20日本代表は、現地時間6月21日(土)19:00キックオフ(日本時間:6月22日3:00で、U20アメリカ代表と対戦。44-8(前半19-3)で勝利し、最終順位を15位とした。

薫田真広監督のコメント=「BKでトライが獲れて嬉しい。日本の持ち味が出た試合。学生がほとんどのチームで今までにないプレッシャーの中で経験できたことは大きい。来年の日本開催に向けて、いい経験になった。来年の大会に残るであろうメンバーがこの流れを繋げていってほしい。今大会は、キャプテンのリーチがよく頑張ってくれた。色々苦労したと思うが、最後に彼のキャプテンシーが発揮され、勝利に繋がったと思う」

Miyajitalk

土曜日の夜、愛好日記トークライブが3年目のスタートを切った。通算12回目となるゲストは、元三洋電機監督の宮地克実さんだった。日本選手権で悲願の優勝を成し遂げ、最後に胴上げされた姿は記憶に新しいところ。そのときの気持ちや、過去、なかなか頂点に立てなかった苦労などを聞いたのだが、もう、とにかく何を話しても客席は笑いの渦。進行しながら、ほとんどのお客さんがお腹を抱えて笑っているのを見るのは初めてだった。

大阪生まれの宮地さんは、必ずオチをつけて話す。なにより、「ラグビーが好きやし、人が好きやねん」という純粋な気持ちが、ほのぼのとした笑いを引き出す。しかし、この笑いを文字にするのはかなり難しい。たとえば、三洋電機のグラウンドを整地するのは宮地さんの役目だった。「選手が怪我したらあかんと思ってやってただけ。トラクターでね、やってましたよ。過去に手伝ってくれたのは、セミ(現トンガ代表コーチ)だけだ。『手伝います』じゃなく、『やりたいです』と言ってくれるところがいい。あいつはええとこある。1回だけやったけどね」。これを宮地さん口調で話されるとめちゃくちゃく面白い。

トーク後の懇親会でも宮地さんはお客さんを笑わせ続けていた。「俺、あの人によう間違えられんねん」。東京に出てきたときに、見知らぬ人に声をかけられたら、吉本興業の島木譲二さんに間違えられていた。「パチパチパンチ」「カンカンヘッドは男のロマン」の島木譲二である。サービス精神旺盛な宮地さんには本当に感心させられた。今は三洋電機ワイルドナイツのスタッフからは身を引いているが、グラウンドにはときどき出かけているようだ。「宮本(昨季監督)は、いいチームを作ったよね。彼はよく選手とコミュニケーションをとっていた。特にトニー・ブラウンとはよく話していましたよ」。

現在発売中の「ラグビー愛好日記2」の売れ行きが良ければ第三弾も出せるので、抱腹絶倒の宮地ワールドをご紹介できる。お楽しみにhappy01。書店にない場合は、お手数ですが、その書店で注文していただくか、ベースボールマガジン社に直接お問い合わせください。JSPORTSのオンラインショップでも発売中です。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « フィジー戦前日 | トップページ | フィジー戦結果&遠藤選手 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    トークライヴ2面白かったです!
    3も勿論期待しています!
    それと・・

    トークライヴの関西開催も是非!!!

    投稿: ジョンの先輩 | 2008年6月23日 12:36

    雨の中、友人と国立で観てきました。Fiji、やっぱり強かった。
    友人との共通した感想、後半のミスでFijiにトライを献上したけれど、それでもFB Webbはよくやっていた。
    個人的な感想。雨でボールが滑る状況なら、手数をかけないで勝負できるBKのサインプレーを数パターンでも作っておいてほしい。
    逆転された後、数少ないラインアウトのクリーンキャッチから、SO Arlidgeに回ったところで、なんとハイパントかよ… あれはがっくりきました。勝つ気がないんだなぁ、って思い知らされました。

    投稿: neuron | 2008年6月22日 22:10

    ハンドリングスキル、密集での圧力・・・点差以上に実力差を感じたゲームでした。ランキング上位のチームに勝つということはこれほどまでに難しいものなのか・・・。しかし、最後のトライは余計でしたね。

    投稿: samo | 2008年6月22日 22:08

    フィジー戦は昨年のワールドカップ時より代表の出来が悪かったのではないか。NECじゃあるまいし、アレジのPGだけでリードを守り切るのは無理筋というもの。フィジーは一発でトライを取れる選手が揃っているのだから、トライゲッターにボールを集めないと勝てるゲームも勝てなくなるのは自明の理であろう。これで昨年以上の成績を挙げるのは極めて難しくなった。

    投稿: ローズプレステージ | 2008年6月22日 21:54

     国立での解説及びレポーター、お疲れ様です。

     残念ながら国立へ行くことが出来ませんでしたが、CSの生中継でJKジャパンを必死に応援しながら観戦しました。因縁の相手であるフィジー戦でわかったことは、ひとつのミスがIRBランキング上位(ジャパンより)のチームには見逃さず、逆にチャンスをものにするんだなあとつくづく感じました。途中までディフェンスが機能していたのに、トライ奪えずかつ自滅した形での結果だったのでサポーターとしては非常に悔しいです。

     昨年のRWC2007以降、チーム力が確かに上がっていますが、他のチーム(他のPNC参加国)もレベル上がってるなあと思ったのが正直な心境です。残りはNZマオリとサモアのアウェイ2試合ですが、目標の3勝への夢はあきらめず、JKを中心に春合宿からやってきたことを全て出し切って欲しいです。格上相手の連勝は、不可能ではありません。

     私は、JKジャパン勝利を最後まで信じます。

    投稿: Wakazou | 2008年6月22日 20:16

    雨は強いが日本は強い!こうなってくるとフィジーの一発が恐いですね!!
    頑張れや日本。U20に続け―

    投稿: トエアバ | 2008年6月22日 15:05

    日本選手権での宮地さんの胴上げは本当に感度しました。
    悲願の優勝、おめでとうございます。
    トークライブ楽しかったのでしょうね。
    今日はいよいよ、フィジー戦。
    国立には残念ながら行けませんが、TVの前で気合を込めて応援します!
    ”Believe”

    投稿: マル | 2008年6月22日 11:50

    村上さん、こんにちは。やまけんです。ご無沙汰してます。
    さて、三鷹の文鳥舎のトークライブですけど、参加したいと思ったときにはいつも満席で参加出来ません(;^_^Aもう少し広いところでやってくれませんか?
    そこで、なかなか参加出来ないので、昨日、池袋リブロでラグビー愛好日記2を立ち読みしました(笑)
    「買え」って?!村上さんのサイン入りなら…いやいや、ただ金欠だっただけなので、今度買って貢献しますね(^O^)/

    投稿: やまけん | 2008年6月22日 11:41

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/41608421

    この記事へのトラックバック一覧です: U20結果&トークライブ:

    « フィジー戦前日 | トップページ | フィジー戦結果&遠藤選手 »