« サモア戦の日本代表メンバー | トップページ | サモア戦結果 »

トライネイションズ開幕

きのうの日記にもその可能性を書いたのだが、日本代表のサモア戦メンバーに変更があった。フィットネステストの結果待ちだったショーン・ウェブから、FBはブライス・ロビンスに。そして、CTBには平浩二が入る。

土曜日の夜は、JSPORTSでオーストラリア代表対フランス代表のテストマッチ、そしてトライネイションズ(南半球三カ国選手権)開幕戦のニュージーランド(NZ)代表オールブラックス対南アフリカ代表スプリングボクスの2試合が放送された。

8月1日より、ワールドワイドに適用されることになった試験的ルール(ELV)13項目は、ラグマガなどで、さまざま報道されているが、トップ国同士のテストマッチとしては、オーストラリア代表対フランス代表が現行ルールでの最後の試合となった。そして、トライネイションズは、今年のスーパー14で適用されたルールに加えて、①ラインアウトに並ぶ人数を相手に合わせなくてもいい、②モールを引き倒してもいい、の2つが加えられて行われる。スーパー14で行われたように、オフサイドと危険なプレー以外の反則が、PKからFKになるのも同じだ。ちなみに、ワールドワイドの13項目には、PKがFKになるのは入っていない。

この2試合を見比べるのは、とても興味深いことだった。オーストラリアは、天才ギタウが大活躍。でも、試合のテンポはゆったりとしている。そして、試験的ルール下のNZ対南アのスピーディーな試合運びにはプレーヤーの進歩を実感する。彼らの反応スピードには驚かされた。ワールドワイドの13項目の変更だけを経験する選手と、トライネイションズを経験する選手では、時が経つほどフィットネスに差が出てしまう気がする。以前、コカ・コーラウエストの向井監督がおっしゃっていたのだが、「運動量の多いルールで戦ったあとに、少なくするルールには対応できるけど、少ないほうから多いほうに対応するには大変ですよ」と話していた。その言葉を実感したテストマッチだった。視聴可能の方はぜひご覧ください。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « サモア戦の日本代表メンバー | トップページ | サモア戦結果 »

    「愛好速報」カテゴリの記事




    コメント

    うぉ~、サモア代表戦に平浩二が出るんですかぁー?!
    サンゴリアスファンなら、これは絶対観ないといけませんね~(^-^)
    秘密基地へ観に行こうかなあ~☆彡

    投稿: やまけん | 2008年7月 6日 07:41

    あと・・・

    昨日放送されたテストマッチ、トライネイションズ、録画はしましたがまだ見ていません。
    村上さんのおっしゃるように、ルールの違いによる試合テンポ、注目してみてみます。

    投稿: ぱぴこ | 2008年7月 6日 07:40

    個人的には平選手を応援しているので、ちょっとうれしいです。

    でもショーンウェブは、大丈夫なのでしょうか?
    はやく万全なフィットネスを取り戻して、シーズンに向けて頑張ってもらいたいですね。

    アルバイトの前に、しっかり観戦します!

    投稿: ぱぴこ | 2008年7月 6日 07:27

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/41747095

    この記事へのトラックバック一覧です: トライネイションズ開幕:

    « サモア戦の日本代表メンバー | トップページ | サモア戦結果 »