« モールのこと | トップページ | あと1か月半 »

ラインアウトのこと

歯茎のことを書いていたら、けっこう各方面から反応があった。いろいろご心配かけてすみません。傷口は快方に向かっております。ただし、傷口がまだ痛むので、さわやかな笑顔を見せられるまでは、もう少々お待ちください! とにかく、現役選手のみなさんには、マウスガードは歯医者さんに相談するなどして自分の歯にフィットしたモノをしっかりしましょうとアドバイスしたい。僕が大学でプレーした1983年~86年は、マウスガード(マウスピース)をしている選手は少数派。していると、「ええかっこしぃ」とまで言われたりした。いまはマウスガードは常識。歯は折れると生えてこないし、衝撃によって脳などに深刻なダメージを受けることもある。気をつけましょう。

新ルールのことを少し。8月1日から日本でも採用される試験的実施ルールのなかで、「いずれのチーム側にもラインアウト構成人数に制限はない(最低各チーム2名で成立する)」という項目がある。これまでは、防御側は攻撃側の人数に合わせなくてはいけなかった。変更の主旨は、①防御側が人数を合わせる不必要な中断時間を減少させる。②レフリーの人数確認による中断時間を減少させる。③防御側のオプションを増やすことは、ボール争奪場面を重視するIRB憲章に一致する。というようなことのようだ。

これも前週末のNZ代表対南ア代表の試合で、実際に起こったのだが、南ア・ボールのラインアウトで、NZ側が南アより多い人数で並んでいた。ここから展開した南アは、数的優位をうまく使って大きく前進していた。ただし、もし南アのジャンパーがしっかりキャッチできなかったりすれば、人数の多いNZに一気にボールを奪われたかもしれない。試験的ルール下でのラインアウトの攻防は、瞬時に人数計算をするなど、素速い状況判断がもとめられることになる。

◎愛好的読書日記【五輪ボイコット 幻のモスクワ、28年目の証言】(松瀬学著 新潮社)を読んだ。1980年のモスクワ五輪ボイコットに関わった人たちに新たに取材している。僕はその頃、15歳だから深い話はまったくわかっていなかった。これを読むと、当時の日本のスポーツ界のおかれた立場がよくわかる。そして、なんともやりきれない気持ちになった。大学生の頃、ロス五輪柔道の山下選手の金メダルには感動したが、彼の涙の意味についても考えさせられた。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « モールのこと | トップページ | あと1か月半 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    新ルール!!わくわくしますね!!

    投稿: ゆう | 2008年7月17日 09:51

    新ルールへ対応のついでに、代表チームにて、過日ミヤGの仰っておられた戦略を平行して検討してもらいたいですね
    シーンによってはBKでラインアウトやっちゃうとか

    投稿: ナベゾ | 2008年7月17日 04:57

    私も以前、前歯を1本折りました。
    それ以来、練習でもマウスガード付けてますよ。
    早く、よくなるといいですね。

    投稿: 空海 | 2008年7月17日 01:42

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/41852350

    この記事へのトラックバック一覧です: ラインアウトのこと:

    « モールのこと | トップページ | あと1か月半 »