« 後藤翔太選手 | トップページ | 開幕間近 »

ラグマガ10月号

25日は、ラグビーマガジンの発売日である。トップリーグ開幕直前とあって、表紙は前年度王者サントリーサンゴリアス山下大悟キャプテン、そして、新加入のジョージ・グレーガン選手である。偶然2人ともスキンヘッドだが、サントリーには他にも頭を丸めている選手が増えた。2人の影響かな?

Cover_0810

巻頭はグレーガン選手が合流したサントリーの網走合宿レポート。アキレス腱断裂の有賀選手に代わって誰がFBを務めるのか? 三洋電機ワイルドナイツは、バックスリー座談会。「毎試合1本以上のトライが目標」と、3年連続のトライ王を狙う北川智規選手。「優勝すると、キツイ練習でもこんな顔でできるんだなぁって」と三宅敬選手の実感。FB田邉淳選手は、「両サイドにまったく違ったタイプのWTBがいる、それが面白い」と語る。

神戸製鋼コベルコスティーラーズのレポートでは、怪我から復帰間近の大畑大介選手、元木由記雄選手の情報が。この他、トヨタ自動車ヴェルブリッツの正面健司選手、中村嘉樹選手のインタビューなど、トップリーグ各チームの主力選手が抱負を語っている。

Cover_0810tl

そして、なんといっても今号は、別冊付録「ジャパンラグビートップリーグ2008-2009オフィシャルファンブック」である。巻頭は、トップリーグをリードしてきたベテラン、冨岡鉄平、辻高志、大畑大介、大久保直弥という4選手の渋い座談会。みんな熱く語っている。日本代表のジョン・カーワンヘッドコーチのコメントもあり、トップリーグ観戦には欠かせない一冊。そして、お約束のあの人がきちんと期待に応えてくれている。

これを書いている最中、J:COMチャンネルをひねったら、サントリーと東芝情報満載のRUGBY KINGをやっていた。東芝の瀬川監督、廣瀬キャプテン、サントリーのグレーガン選手、山下キャプテン、小野澤選手など、細かくインタビューが。小野澤選手は「たくさん走って、たくさんトライして、ラグビーを盛り上げたい」と話していた。 僕はなぜかこの番組のヒット率が高い。何も考えずにJ:COMをつけると、9割方、RUGBY KINGである。かなり、府中の2チームには詳しくなったゾ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 後藤翔太選手 | トップページ | 開幕間近 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    お約束のあの人とは、ネタの尽きないあの人ですね!

    投稿: ナベゾ | 2008年8月25日 05:55

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/42264006

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグマガ10月号:

    « 後藤翔太選手 | トップページ | 開幕間近 »