« 高原の花1 | トップページ | 三洋壮行会 »

高原の花2

高原の花紹介の前に、少し前の話を。16日(土曜日)の夜、Jsportsで、南アフリカ代表スプリングボクスとNZ代表オールブラックスの試合を解説した。サントリーサンゴリアスの山下大悟キャプテンと一緒だったのだが、やはり選手の感覚というのは面白い。彼は翌日、網走での合宿に出発した。

試合だが、オールブラックスは、キックを巧みに使う戦い方を徹底して復調した気がする。ヘンリー体制になって、なんと初めて2試合連続で同じ先発メンバーだった。SOカーターの戦略的キックはこの日も冴えていた。PGは外していたが、それ以外のキックはほぼ完璧。どこにでも顔を出すFLマコウも相変わらずの仕事人である。南アは前に行こうとする気持が強すぎてタックルされた後の体勢が悪くなって、いいボールを出せなかった。有り余るエネルギーを勝利に結びつけられていない。今週末、南アは、オーストラリア代表ワラビーズと戦う。南アのダーバンでの試合だが、どうかなぁ。これ、予想は難しい。

8月23日(土)21:50 J sports 1  ※生中継
南アフリカ代表スプリングボクス対オーストラリア代表ワラビーズ

Sugadaira2

さて、高原の花紹介2である。ダボスの上では、ラグビー、サッカー、スキーなどいろんな競技の選手達が練習をしていた。その脇に、よく探してみると、ほんとうにたくさんの花がある。高校のとき、ここで走っていた時は、そんなこと何も考えなかったなぁ。

Matumushisou2
マツムシソウに蜂が。花の周辺には、蜂が飛び回っていた。

Kozorina
コウゾリナは、髪剃菜と書く。花弁の先が鋭く切れ込んでいるからみたいだ。

Akatsumekusa
マメ科のアカツメクサ。

Waremokou
ワレモコウ(吾木香、吾亦紅)。

Kinmizuhiki
キンミズヒキ(金水引)。1㎝くらいの花。実が人の服などについて運ばれ、繁殖するらしい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 高原の花1 | トップページ | 三洋壮行会 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ワレモコウってこの花(花?)のことですか....
    去年粘り強くラジオで宣伝してた歌を思い出しました
    歌のイメージそのものですね
    泣きたい時に見つめる花かも

    投稿: ナベゾ | 2008年8月21日 05:18

    明日、菅平へ行きます。いろいろな花も見るつもりです。100年後のラグビーマンも今と同じ風景を見、同じ花を見ると思います。花に問いかければ、50年前の菅平の様子を話してくれるかも。

    投稿: Y | 2008年8月20日 21:49

    村上さんに質問です。

    村上さんはしょっちゅう花の写真載せてらっしゃいますが、庭の花だけでなく高原の高山植物まで詳しいのですね。どこで勉強したんですか?
    実家が花屋さんだったり?(笑)

    投稿: 縦断 | 2008年8月20日 19:11

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/42216162

    この記事へのトラックバック一覧です: 高原の花2:

    « 高原の花1 | トップページ | 三洋壮行会 »