« 現地より3N5節結果 | トップページ | 本領発揮 »

波乱と虹

Gs1

日曜日は、オークランド市内から車で45分ほどのプケコヘにあるグロワーズ・スタジアムへ。ここで、NZの州代表選手権「エア・ニュージーランドカップ」開幕節のカウンティーズ・マヌカウ対オークランドの試合を観戦した。ご覧の通り、手作り感漂うゲートをくぐると、緑の芝生がまぶしいフィールドに、趣きあるスタジアム。下の写真はバックスタンド側。メインスタンドは6割方観客が埋まっていただろうか。トライネイションズ・ツアーのお客さんとともに観戦したのだが、一番いい席で、20NZドル。約1600円くらいかな。ゾーンが決められているだけの自由席だった。

Gs2

試合のほうは、昨年優勝したオークランドを、最下位だった(1勝もできなかった)カウンティーズ・マヌカウが破る番狂わせ。地元の観客も大興奮だったし、僕ら日本からの観戦者も大いに楽しませてもらった。オークランドには、オールブラックス経験者のFBトエアヴァ、CTBアティガらが出場していたし、カウンティーズ・マヌカウにも、スーパー14での活躍で有名な、WTBマサンガ、そして日本のトヨタ自動車でもプレー経験のあるCTBロパティなどJsportsをよく見ている人にはお馴染みの顔が並んでいた。

試合を決めたのは、後半登場したSOタナ・ヴィリ。近鉄でのプレー経験があるヴィリが、約50mのドロップゴールを決めて引き離し、最後も自らインゴールに飛び込んで決勝トライをあげた。最終スコアは、17-6。スクラムでプレッシャーをかけ、ボール争奪戦で何度も相手ボールを奪うなど、力を出し切っての快勝だった。

Gs3

なにより、お客さんが存分に試合を楽しんでいる。両チームのいいプレーに拍手を送り、地元の好プレーには大いにわき上がる。日本からの観戦ツアーのみなさんも、その雰囲気を楽しまれていた。行き帰りのバスでは、深緑郎さんの解説付き。波乱の試合も見られて幸せだったのではないかと思う。

Gs4

試合中、なんどもシャワーがあったのだけど、すぐに晴れ間がのぞく。そしてこんな虹が。しかも、芝生から虹が始まっていた。「初めて虹の根っこを見た!」と深緑郎さん。僕も矢野さんも、思わずシャッターを切っていた。これで、今回のツアーの日程が終了するのはなんとなく寂しい。ほんと、あっという間の楽しいツアーだった。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 現地より3N5節結果 | トップページ | 本領発揮 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    試合の無い日は羊さん達が草を食んでいても違和感の無いスタジアムですね

    投稿: ナベゾ | 2008年8月 4日 05:00

    そういえば、トエアヴァ、落選してたのか…。

    投稿: らぐじ~ | 2008年8月 3日 23:17

    慌ただしい感じですけど、ラグビー三昧のいい日程でしたね。
    去年はちょっと時間をもてあまし気味で・・・とロビーに入り浸ってしまいました。(苦笑)
    帰ってきたらうだるような暑さですが、しばらくは体が麻痺して暑さをあんまり感じない・・・って感覚が好きですけど村上さんはどうかしら?
    放送でツアーの様子拝見しましたが、また参加したいな~って思いました。11月の香港ツアーってないですか??

    投稿: きよみ | 2008年8月 3日 16:09

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/42049174

    この記事へのトラックバック一覧です: 波乱と虹:

    « 現地より3N5節結果 | トップページ | 本領発揮 »