« 週末のお知らせ | トップページ | 早大対関東学大2008夏 »

W杯への関心

日本ラグビーフットボール協会から、「IRB発表 (8/15) 2015年・2019年ワールドカップ開催意思表明について」のプレスリリースがあった。

8月15日(現地時間)、IRB(国際ラグビーボード)が2015年および2019年のラグビーワールドカップ開催に関心のある意思表明をした、10協会を発表した。2015年の開催に関心があるという意思表明をしたのは、オーストラリア、イングランド、アイルランド、イタリア、日本、スコットランド、南アフリカ、ウェールズの8協会。2019年の開催については、オーストラリア、アイルランド、イタリア、ジャマイカ、日本、ロシア、スコットランド、南アフリカ、ウェールズの9協会。

IRBのラパセ会長のコメント。「合計10もの協会がワールドカップ開催に関心を示したことは、記録的なことである。世界6地域のうち、5地域の協会が関心を示し、イタリア、ジャマイカ、ロシアが初めて名乗りを上げるなど、いまやラグビーワールドカップが真にグローバルな世界大会として認知されてきたことを表している」

今回、開催への関心を表明した協会は、9月30日までに正式に意思を表明し、2009年5月8日までに「大会開催概要」をRWCL(ラグビーワールドカップリミテッド)に提出、2009年7月28日に、2015年、2019年の開催国が決定する。

すでに、日本協会には、「申請概要書」が届いているとのことで、日本は間違いなく正式に立候補するはずだが、他国は、とりあえず意思表示締め切り日が来たので表明したところも多く、最終的に正式表明はいくつの協会になるかは分からない。オーストラリア、イングランドらが本腰を入れれば日本は苦しいが、代表の実力やスタジアムのことなどいろんな条件を考えると、開催実績のない国では、イタリアが日本の強敵になるのかもしれない。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 週末のお知らせ | トップページ | 早大対関東学大2008夏 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ワールドカップ観戦出来るなら、イタリア旅行も悪くないなあと思うんですが....
    今から手入れしておけば選手団もカーワンのお屋敷を根城に出来るでしょうし....
    でも、やっぱり選手達は日本開催の方が心身共に楽なのかな?

    投稿: ナベゾ | 2008年8月17日 05:44

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/42181546

    この記事へのトラックバック一覧です: W杯への関心:

    » W杯意志表明 [体脂肪マン的個人日記]
    何気に夕刊をみていると、2015年・2019年のW杯誘致の記事が新聞の載っていた。 詳しい内容が見たかったので協会と愛好日記をみる。 個人的にラグビーのW杯を日本で見たい気はあるが、バックアップ体制や商業的な問題を考えると暗い気持ちになる。 今回、手は挙げていないが、ワールドワイド的な競技の広がりを考えるならアメリカやカナダなんてどうなんでしょう? あとアルゼンチンが手を挙げてませんね。 2015年なら7年後、2019年なら11年後。 まだまだ先の話なんですが、あっという間なんだろうな。 ... [続きを読む]

    受信: 2008年8月16日 19:41

    « 週末のお知らせ | トップページ | 早大対関東学大2008夏 »