« TL第2節日曜の結果 | トップページ | トライネイションズ2008終了 »

15日の秩父宮ラグビー場

日曜日は花園ラグビー場から京都の実家へ。15日が敬老の日ということもあってちょっと親に顔を見せて、朝にはのぞみに乗って秩父宮ラグビー場に直行した。関東大学リーグ戦1部の法政大学対大東文化大学戦を取材するためである。トップリーグを追いかけていると他のリーグをなかなか取材することができない。いい機会だった。

法政は、以前、駒井監督とお話ししたときに、かなり厳しい雰囲気で練習しているように聞いていたので、楽しみにしていたのだが、「スクラムを徹底強化してきた」という言葉通り、スクラムを押し込み、SO文字が俊敏なBKにボールを散らしたかと思えば、密集周辺に走り込むFW選手に次々にボールを配し、PR浅原、CTB宮本らがインゴールに飛び込んだ。素速いパスと、スピードをつけて走り込むきびきびした動きは、法政の伝統である。見ていて気持のいいプレーが続いた。

大東大も、ナウランギ、ラトゥイラのトンガ人留学生コンビや、SO升屋を軸に反撃した。互いにターンオーバーも多く、ボールは行ったり来たり。そのたび、両チームが素速く反応するので、見ている側としては面白い試合だった。大東大も後半は攻め込む場面も多く、一時は、10-19まで迫った。しかし、関戸キャプテンが「セットプレーの安定がなく、特にスクラムは有利なボールが出ませんでした」と語った通り、スクラムの劣勢に終始苦しめられていた。

法政の駒井監督は、「昨年は初戦で敗退し、きょうは私自身も力が入っていました。3年前の大学選手権で京産大にスクラムで押し負けてから、徹底的に練習してきました。昨季はシーズン中も欠かさず、時間をかけて組んできました」と、FW選手達の練習の積み重ねを強調した。「うちはBKのポテンシャルは高かった。しかし、セットを強くしないと、宝の持ち腐れですからね。選手には納得してもらいました」。

すでに白星スタートを切っている東海大、関東学大の上位陣に、法政大の滑り出しも上々で、関東大学リーグ戦の優勝争いは予断を許さない。

◎試合結果
法政大学○33-10●大東文化大学

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL第2節日曜の結果 | トップページ | トライネイションズ2008終了 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    グランドも緑色になったと聞きますし、ここから再び青年ニッポン代表として王者への道を歩んで欲しいと思います
    あとはフルタイムのコーチなんだよなあ....

    投稿: ナベゾ | 2008年9月16日 04:53

    9/14の近鉄vsコカコーラを私も家族と一緒に花園で見てきました。
    大阪に来てからは近所ということでサッカーのガンバ大阪の試合も家族で見に行くのですが、サッカーのサポーターグループは試合中(試合前から?)ずぅ~っと歌い、叫んでいるのに比べ、ラグビーの応援は非常に地味で盛り上がらないと妻が言っておりました。
    私、個人としてはサッカーの様な応援はラグビーには相応しくないと思いますが、トップリーグ、試合を盛り上げる為、観客動員の為にはそれもアリ?とも思います。
    海外の様にチームの歌を歌うという文化が出来ていない日本のラグビーの応援って、本当はどういう形がいいのでしょうか?

    投稿: tonta | 2008年9月15日 21:49

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/42485783

    この記事へのトラックバック一覧です: 15日の秩父宮ラグビー場:

    « TL第2節日曜の結果 | トップページ | トライネイションズ2008終了 »