« TL第2節土曜の結果 | トップページ | 15日の秩父宮ラグビー場 »

TL第2節日曜の結果

日曜日は、花園ラグビー場に行ってきた。トップリーグ第2節の近鉄ライナーズ対コカ・コーラウエストレッドスパークス戦を観るためである。僕は、JSPORTSの解説がなかったのだが、どうもこの試合が気になった。

Hanazono200809

観衆は6,067人。近鉄サポーターでかなり埋まっていた。試合は、予想通りの接戦になった。前半は、コカ・コーラがSO淵上のキックを軸に常に敵陣で試合を進め、前半6分、近鉄SH金のキックをチャージしたLO川下がそのボールを拾ってインゴールに持ち込みトライ。その後も、コカ・コーラが地域的に押し込んで時間は経過した。ただ、「攻め込んだときにクイックラックが出ずに、点が取れなかった」と向井監督が語ったように、1トライしか奪えなかったことが後に響く。

後半は、近鉄がSO重光のロングキックなどで敵陣に入り、10分、コカ・コーラボールのスクラムにプレッシャーをかけて、ターンオーバー。流れは一気に変わり、近鉄は、イエロメ、マイレーの両CTBを軸に怒濤の攻撃を見せ、WTB四宮が11-7とする逆転トライ。重光が難しい角度のゴールも決めて13-7とリードする。その直後、コカ・コーラも、キックオフからボールを大きく展開し、最後は、WTBステイプルトンが、自ら防御背後にショートパント、このボールをキャッチしてそのまま再逆転に結びつくトライをあげた。14-13の1点差で迎えた後半30分、近鉄の猛攻にブレイクダウンでの反則が多くなったコカ・コーラは、運悪くスクラムの要であるPR西浦がプロフェッショナルファウルでシンビン(10分間の一時退場)に。このチャンスに、近鉄はゴール前のスクラムを得て、左ショートサイドでサインプレー。最後は、WTB四宮が左コーナーぎりぎりに飛び込んで18-14と逆転。そのまま逃げ切った。

マンオブザマッチは決定力を見せた四宮洋平。そういえば、後半20分過ぎに、侍バツベイが途中出場すると、観客席は大いに沸いた。ボールを持ったときも歓声は一段と高くなった。南アフリカ代表のビーストみたい。彼がボールを持ったときの声の出し方を作れば、さらに人気出そうだ。近鉄は、ホームでの初戦を見事に飾っただけではなく、トップリーグ残留に向けて大きな一歩を踏み出した。近鉄が快進撃を続ければ、大阪のラグビーファンが花園に帰ってくる気がする。

試合後の勝利者インタビューでは、ピーター・スローンヘッドコーチが、「勝ったことは嬉しいが、パフォーマンスには満足していない。ラインアウトでもノットストレートが4度あった。こんなことでは、このレベルで今後勝つことは出来ない」と厳しい表情だった。志も高いようだ。

コカ・コーラは、FWの突破役であるオーモンドが、2週間の出場停止になったことで、BKに外国人選手を分厚く起用したのだが、FWで前に出られる選手を欠いたことが、前半のチャンスでトライを獲りきれなかった要因のような気がする。山口キャプテンは、「スクラムでプレッシャーを受けてしまったのも敗因」と肩を落としていたが、向井監督とともに次節以降の巻き返しを誓っていた。

他会場の結果では、昨年リーグ3位のトヨタ自動車ヴェルブリッツが、クボタスピアーズに敗れ、開幕2連敗。取材していた関係者に聞いたところでは、クボタのSOドゥラームは、60メートル級のPGを2本決めたらしい。クボタは次節、サントリーサンゴリアスと対戦。敗れたトヨタ自動車は、神戸製鋼コベルコスティーラーズと対戦する。

◎トップリーグ第2節結果(14日)
サントリーサンゴリアス○65-26●九州電力キューデンヴォルテクス(前半30-0)
近鉄ライナーズ○18-14●コカ・コーラウエストレッドスパークス(前半0-7)
クボタスピアーズ○20-17●トヨタ自動車ヴェルブリッツ(前半12-6)
福岡サニックスブルース●25-63○東芝ブレイブルーパス(前半6-39)

※コメントでご指摘の通り、シンビンを不運、と書いたのは適切ではありませんでした。当初の日記から削除しました。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL第2節土曜の結果 | トップページ | 15日の秩父宮ラグビー場 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    今シーズンのクボタの試合のマンオブザマッチは全てドゥラームが獲得するんじゃないでしょうか。

    投稿: キリン | 2008年9月15日 11:57

    いつも楽しく拝見しております。
    少し気になる点が。
    シンビンを「不運」と表現してもよいものでしょうか。結局は反則をしなければ一時退場にはならない訳で、状況と結果だけを見て「運」で片づけてしまうのはいかがなものかと…。
    ヤマハ・三洋戦で五郎丸選手が足を出して相手選手を転倒させたプレー(ペナルティにはなりませんでしたが明らかな一発レッド級のプレーに見えました)についても、リプレーを見ながらあまり言及されていませんでしたが、「反則」について厳しくチェックしていくのも、我々ラグビーを伝える側としては重要な仕事ではないかと思うのです。

    投稿: KG#94 | 2008年9月15日 11:08

    グラウンドの上で近鉄のジャージーが躍動してこその花園ラグビー場ですよね。
    近鉄には、大阪のラグビーファンが東花園に行きたくなるラグビーを続けてほしいものです。

    投稿: マスター | 2008年9月15日 10:03

    注目のサンゴリアス戦が我が誕生日と重なるのが目出度い限り
    それまでの一戦一戦でチームが強固にまとまってくれる事を楽しみにしてます
    入場の際は両チーム、スパーキーとペプシマンの装束でお願い!

    投稿: ナベゾ | 2008年9月15日 06:44

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/42476941

    この記事へのトラックバック一覧です: TL第2節日曜の結果:

    » ラグビートップリーグ!近鉄復活2連勝!! [IXY-nob]
    試合開始前60分。 バックスタンドから見るピッチの美しさ。 「今年も花園の芝は完璧だ!」。 トップリーグに復帰した「ホームチーム近鉄ライナーズ」を迎えるグランドはまさに勝利を呼び込んでいた。 今日の花園は真夏の暑さに加えて、真冬の風(向き)。 北からの強風は、キックに大きな影響を与えていた。 前半、風下の近鉄はコカ・コーラに攻め込まれ、自陣から脱出できない。 少し押されたスクラムからSHがチャージを受け痛恨の被トライ。 このまま悪い流れを脱しきれずにズルズルいくのが、弱いときの近鉄のパターン。 でも... [続きを読む]

    受信: 2008年9月15日 14:16

    » 明治大学vs成蹊大学(20080913) [SANDA]
    === 関東大学対抗戦2008 === === 明治大学vs成蹊大学 === この日の第2試合・早稲田×立教観戦記はこちら: http://blogs.yahoo.co.jp/t_tnk_2/55898439.html [[attached(1)]] 今年の夏の天気予報はこの言葉に尽きる。 『大気が不安定な状態です』 秩父宮に辿り着く前に考える。 屋根のあるメインスタンド(今は西スタンドと言うが、な..... [続きを読む]

    受信: 2008年9月15日 17:40

    « TL第2節土曜の結果 | トップページ | 15日の秩父宮ラグビー場 »