« 男女とも優勝! | トップページ | お知らせが3つ。 »

2009年度内定選手(一部)

月曜日は、基本的にパソコンに向かっていた。メールの着信に反応しては、仕事逃避モードに入るも、ほとんど仕事関係のメールで精神状態は散漫に。そうこうしているうちに、原稿書きで煮詰まってしまった。締め切りが怖い。(と、書いたあと、コメントでご指摘を受け、「煮詰まる」の使い方が本来の意味と違っていることを思い出した。このあいだも新聞で読んだのに…。というわけで、原稿書きに行き詰まってしまった、と変更させていただきます)

午後、NECグリーンロケッツから2009年度内定選手の発表があった。関東学大の土佐誠キャプテンを始め、才能ある選手が並んでいる。

土井貴弘(明治大、PR、182㎝、120㎏)
廣澤拓(筑波大、LO、192㎝、110㎏)
土佐誠(関東学大、NO8、187㎝、106㎏)
内田涼(帝京大、SO、168㎝、72㎏)
釜池真道(同志社大、CTB/FB、174㎝、83㎏)

先日、コカ・コーラウエストレッドスパークスの2009年度新加入選手も発表されたが、こちらは九州出身だが関東の大学で活躍する選手、そしてキャプテン、バイスキャプテンが多い。将来も見据えた人材という感じがする。

平原大敬(高鍋→帝京大 PR/HO  177㎝、120㎏)
有田将太(東福岡→法政大 FL 175㎝、91㎏)
藤原博之(東筑→中央大 LO/FL/No8 189㎝、89㎏)
豊田将万(東福岡→早大 LO/FL/No8  189㎝、103㎏)
築城康拓(東福岡→福岡大 SH 170㎝、85㎏)

過去、いろんなチームを取材していて、キャプテン経験のある選手が揃うことで格段にチーム力がアップしたチームをいくつか見てきた。リーダーが揃えばその中からまた優秀なリーダーが生まれる。NECには、今季、早大のキャプテンを務めた権丈太郎、東海大のキャプテンだった宮本誉久が加入している。このあたり数年後にどんな影響があるのか。コカ・コーラウエストレッドスパークスもそうだし、楽しみに待ちたい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 男女とも優勝! | トップページ | お知らせが3つ。 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    私には、村上さんのブログが仕事逃避モードになっています。
    本文とは全く関係ありませんが、「煮詰まる」というのは、正確には「討議・検討が十分になされて、結論が出る段階に近づく。」という意味だそうです。私もつい先日、ある会合で指摘を受け、驚いたので、メールした次第です。ちなみにその会合は、50代以上の年長者が多かったのですが、その方たちは、若年層の使い方に驚いていました。その他にも、「檄をとばす」、「憮然とする」なども本来の意味とは違う遣われ方をするようになっているそうです。
    長文失礼しました。

    投稿: さるぞう | 2008年10月 7日 11:44

    高校から直にTLってまだまだなさそうですね
    新聞奨学生みたいに、ラグビー選手として得るお金で学費を賄えるようになれば、本当にやりたい学問を選考出来るんでしょうけれど...

    投稿: ナベゾ | 2008年10月 7日 05:46

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/42708624

    この記事へのトラックバック一覧です: 2009年度内定選手(一部):

    « 男女とも優勝! | トップページ | お知らせが3つ。 »