« TL6節日曜の結果 | トップページ | ボールプレゼント企画 »

ラグマガ&クリニック

Jsportsで解説するときは、極力関西なまりを抑えているつもりだが、出てしまうこともしばしば。特に、谷口さんとか大前さんといった関西出身のアナウンサーの方だと、どうしても出てしまう。というわけで、九電の発音については反省。前回の放送のときに、九州のスタッフに注意されたのになぁ。反省、反省。次回、直します。

そういえば、大阪、京都の友達は、メールの文字も関西弁である。「きょうは、取材やったん?」、「いつ帰ってくんねんな」、「えらいこっちゃ」などなど。僕はわりと標準語で返すので、気持ち悪がられているかもしれない。先日のコメントで、花園ラグビー場の最寄り駅、東花園駅で僕のことを見かけた方がいたようなのだが、もちろん、僕はいつも近鉄を利用しているので、たくさんの関係者やラグビーファンのみなさんと出会うことになる。東京から行く場合、京都で乗り換えるときと、新大阪から行くときがある。新大阪からのほうが近いけど、京都から新大阪の時間を考えるとそう変わらない。近鉄への乗り換えは京都駅のほうが簡単。どうでもいいか。

Cover_0812

すでに発売されているラグビーマガジン12月号。巻頭は、ワールドカップ本大会出場を決めた7人制男女日本代表のレポート。15人制のほうでは、11月に来日するアメリカ代表の情報が。100m10秒5の俊足WTBングウェニアについては詳しく書かれている。この人、見るだけでもスタジアムに行く価値はあるだろう。そして、新ヘッドコーチのスコット・ジョンソンが世界中からアメリカ国籍の選手を集めている事情も。やっぱり強そうだな、アメリカ。

Rugbyclinic_15

同時に発売されたラグビークリニック冬季号では、ウエールズの「ポケット・ダイナモ」シェーン・ウィリアムス選手の「小さな人間には、大きなスペースがある」の名言から始まる。特集テーマは「小さき者の知恵と工夫に学ぶ」。170㎝、80㎏のサイズで、スーパートライを連発するウイリアムス選手のインタビューは、ぐっとくる。小さくちゃダメだとウエイトトレーニングをしすぎたのが間違いだったという。「パワーではなく、自分のスピード、瞬発力、トリッキーなプレーで勝負しようと思ったのです。それからです。トライがとれるようになったのは」。いくら筋力がアップしても、自分の特徴を失ってはいけないということだ。

連載「他競技に学ぶ」は、プロフリークライマーの尾川智子さん。早大ラグビー部員が、人工壁を登る「ボルダリング」を体験している。この人すごいなぁって思っていたら、なにげなくつけたままにしていたテレビ画面に尾川さんが現れた。NHKのトップランナーである。それ見て、また「この人すごいなぁ」と思う。努力の人だ。ラグビーでも、指の力は必要なので、ボルダリング、いいかも。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL6節日曜の結果 | トップページ | ボールプレゼント企画 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、『ぐんぐんうまくなるラグビー』、読みました(^^)v
    実に面白い(*^_^*)
    清宮克幸さんが書いたんですが、サントリーサンゴリアスの選手、コーチ陣が登場するのはもちろん、あのうなぎステップまで解説とは…(≧▼≦)
    さすが村上さんの編集です☆彡
    詳しくはブログにアップしたので、読んでください!
    ではまたー

    投稿: やまけん | 2008年10月29日 08:30

    貴乃花親方も他競技の選手を短期入門させているようですね

    投稿: ナベゾ | 2008年10月28日 07:06

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/42927528

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグマガ&クリニック:

    « TL6節日曜の結果 | トップページ | ボールプレゼント企画 »