« TL4節土曜結果&大室選手 | トップページ | お知らせ他 »

TL4節結果と小野澤&ハーカス

13日は、秩父宮ラグビー場だった。僕は、Jsportsで横河武蔵野アトラスターズ対ヤマハ発動機ジュビロ戦を解説した。ヤマハは、夏に鼻を骨折して出遅れていたLOローリー・ダンカンが初出場で、パワフルに突進。攻撃の起点を作り、SO大田尾の軽やかなパスワークでボールを動かし、CTBマレ・サウが重心の低い走りで、何度もディフェンスラインを突破。前半で、31-0と大量リードを奪った。

しかし、後半は吹っ切れたように攻める横河が、NO8サモ、交替出場のLOフィフィタの力強い突進で流れを変え、SH池原、WTB笠原ら途中出場の選手達が思い切りよく前に出て、後半だけで5トライを奪う猛攻を見せた。一時は、38-24と迫られたヤマハだが、FL八木のトライで突き放し、結局は9トライを奪って快勝した。FLルーベン・ソーンはさすがの仕事量だった。どれだけ窮地を救い、チャンスを作ったことか。これまで横には展開できても、縦に突破する動きがなかなかできなかったヤマハだが、ダンカンという軸ができたことで、WTB中園、徐ら俊足選手の決定力も生きるようになった気がする。マンオブザマッチは、3トライのCTBマレ・サウ。

第2試合のサントリーサンゴリアス対日本IBMビッグブルーは、FB髙のPGで先制したIBMが激しいタックルでサントリーの攻撃を何度も食い止めたが、サントリーが、ボールを左右に大きく展開し、SO曽我部、LO篠塚らのトライで着々と加点した。FBオドゥーサは、70m独走トライも含む大ブレイク。IBMも、終盤3トライを返したが、ボーナス点を獲るところまではいかなかった。

清宮克幸監督は、「サントリー的にはハッピーな試合でした」と語り、サントリーで公式戦初出場となったFL佐合、4年目で初の公式戦出場となった伊勢田、アキレス腱の出術から復活したPR林らの名をあげ、「そうした選手対のアグレッシブさはいい方に出たと思います」と喜んでいた。ただし、平、ニコラスの両CTBが負傷退場し、多くの選手が慣れないポジションでプレーすることになってからは組織が崩れてしまったことで内容にはやや不満げ。SO曽我部のゲームメイクにも辛口だった。マンオブザマッチは、PR畠山健介。

この試合で、サントリーの小野澤宏時が、トップリーグ史上初となるリーグ戦通算50トライを 達成した。「50トライは意識していなかったのですが、みなさんに言われて気にし始めました。ほっとしています。長い間やっていれば、いつか誰かが達成するものですよ。ただ、息子が花束を持ってゴールのところで待っていてくれたのは嬉しかったです」

小野澤は2003年9月13日のトップリーグ初出場以降、本日の試合を含みリーグ戦通算60試合目での記録達成となった。今季のトライランキングでは、小野澤は4トライで、他の選手5人と並んで2位。1位は、5トライをあげている福岡サニックスの藤原旭。得点ランキングは、東芝のデイビッド・ヒルが、75点でトップ。2位に近鉄の重光泰昌が63点でつけている。

Hercus

試合後、日本IBMのマイク・ハーカス選手にインタビューした。ご覧の通りの二枚目である。アメリカ代表でもあるハーカス選手に、11月のテストマッチへ向けて話してもらった。内容は、来週あたりに、日本ラグビー協会のWEBで紹介される予定。ハーカス選手は、オーストラリア人なのだが、お父さんの仕事の関係でアメリカで生まれた。だからアメリカの国籍も持っている。オーストラリア21歳以下代表にも選出されていたが、22歳からアメリカのクラブでプレー。そのままアメリカ代表に。「日本はラグビーするのに素晴らしい環境です。できれば、長く日本でプレーしたい」と話していた。10月末にアメリカに戻って、トレーニング合宿に参加し、本人曰く「選ばれれば日本と戦えますね」。しかし、アメリカ代表のプロ選手は少なく、2007年ワールドカップではキャプテンも務めたハーカス選手の代表入りは間違いのないところだ。

◎トップリーグ第4節結果(13日)
横河武蔵野アトラスターズ●29-55○ヤマハ発動機ジュビロ(前半0-31)
日本IBMビッグブルー●24-43○サントリーサンゴリアス(前半3-24)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL4節土曜結果&大室選手 | トップページ | お知らせ他 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    金曜から東京に遊びに来て、秩父宮→熊谷→秩父宮と観戦しています。
    私も昨日はスタンドから村上さんを拝見、デジカメでニッコリ笑顔の写真を撮らせていただきました(笑)

    サントリー、怪我人が多くて心配です。

    投稿: びいる | 2008年10月14日 17:27

    サントリーは怪我人が心配ですね。それと試合を通して相手をはじき返すディフェンスができていないように感じますが、私だけでしょうか。三洋のような仰向けに倒すタックルが見たい。
    ところで、ウイングの長友選手がダイレクトキックを取ったときタッチを踏んでいて相手ボールラインアウトになっていたようですが、これってダイレクトタッチのマイボールじゃないんでしょうか?またがないとだめなんですか?

    投稿: 長崎人 | 2008年10月14日 13:29

    きのうの秩父宮は、秋晴れでいい観戦日和でした。生ルーベン・ソーンは、渋かったです。やはり、いい仕事しますね。モギリは凄かった!!

    投稿: サファイヤ | 2008年10月14日 10:00

    豪州、日本と的確に着弾させるとは
    米製 ICBMの精度を見せつけられてしまった
    一刻も早く戦略兵器制限交渉を再開し、ハーカス選手の平和利用を検討せねば

    投稿: ナベゾ | 2008年10月14日 05:52

     アメリカは代表選手でも渡航費を選手自身が一部負担していると聞いて、ちょっと感動してしまいました。でも、勝つのはジャパンでお願いします。

     ところで、ジェームス・アレジ選手(James Arlidge)はドラゴンズ(Newport Gwent Dragons)でスタンドオフ、フルバックでマグナス・リーグにハイネケンカップに、頑張っているみたいですが、アメリカ戦に召集は有るのでしょうか?

    投稿: rugbyhead | 2008年10月13日 22:08

    今日、横河武蔵野アトラスターズ対ヤマハ発動機ジュビロ戦から秩父宮で観戦したんですが、試合の前に村上さんが著書と熊の縫いぐるみを持って撮影している村上さんを見ました。私もあの縫いぐるみをもっています。シリアルは21です。ああ、縫いぐるみを持っていって村上さんのサイン貰えばよかったと悔やんでいます!!今度、サインください!!

    投稿: funky | 2008年10月13日 21:39

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/42777893

    この記事へのトラックバック一覧です: TL4節結果と小野澤&ハーカス:

    » トップリーグ2008−2009・第4節・東京 [SANDA]
    === トップリーグ2008−2009・第4節・東京 === 10日の試合:NECグリーンロケッツvsクボタスピアーズの観戦記は    http://blogs.yahoo.co.jp/t_tnk_2/56239703.html をごらんください === 日本IBMビッグブルーvsサントリーサンゴリアス === [[attached(1)]]」 11日に九州へ行き、とんぼ返りでこの日13日には..... [続きを読む]

    受信: 2008年10月15日 11:50

    » ルーベン・ソーンさんと、ジョージ・グレーガンさん [ココロミ]
    トップリーグは第6節まで終了し、1ヶ月の休止期間となります。今シーズン、まだ神戸製鋼のゲームを生で観ていないのに、この選手たちは生で観てしまいました(^^)。 そりゃ~、もちろんこのビッグネームの選手たちですわ。おほほっ。ちょびっと遅くなったけど、アップしちゃいます。お付き合いくださいね~。 元ニュージーランド代表キャプテン、ルーベン・ソーンさん、元オーストラリア代表、ジョージ・グレーガンさんね。 ... [続きを読む]

    受信: 2008年11月 5日 00:09

    « TL4節土曜結果&大室選手 | トップページ | お知らせ他 »