« 日曜日の花園 | トップページ | TL5節結果と重光選手 »

TL第5節土曜の結果

土曜日は観戦にはちょうど良い気温と日差しのなか、秩父宮ラグビー場のメインスタンドにいた。きょうは解説がなかったので、ラグビー仲間とほのぼの観戦だった。もちろん、取材はしなければいけないので、メモをとり、会見にも出ていたわけだけど。

第1試合のクボタスピアーズとコカ・コーラウエストレッドスパークスは、クボタのSOドゥラームがキックを巧みに使いながらゲームをコントロールし、PGで先制、4分にはCTB渡海谷が、ドゥラームのインゴールへのキックに走り込んでトライ。以降、一度もリードを許すことなく勝利した。コカ・コーラはSO淵上、LOアンドリュースなど主軸に負傷者が多く、若い選手がいまひとつ力を発揮できていない。山口キャプテンは、「セットプレーのミスが敗因ではありますが、それは春からの課題でもあり、修正して次節の九州ダービーは絶対に勝ちたい」と前を向いた。

クボタの記者会見は、佐野順ヘッドコーチからのお詫びで始まった。「ラグビーファンのみなさんの期待を裏切ったことを、深くお詫び申し上げます」。前節の試合で吉田選手がラフプレーでレッドカードを受け、9週間の出場停止になったことを受けてのもの。これにともなって、社内の処分として山神監督も12月14日まで謹慎となり、その間、佐野ヘッドコーチが指揮を執ることになった。鈴木キャプテンは次のようにコメント。「前節までのことを反省し、自分たちのプレーをひたむきにやろうと話しました。それをやり切れたことは良かったです」。

ラフプレーは、反則だからダメということだけではなく、見ている人を不快にさせるし、子供達の夢をも奪うものだと思う。なにより本当に勝利を求めるなら、そんなことをしている暇はないはずだ。ラグビーは激しいスポーツだからこそ、自らを律して戦わなければいけない。選手自身がそこに気付いていかなければ。

それにしても、クボタのSOドゥラームのハイパントは、捕りにくそうな回転だったなぁ。

第2試合の東芝ブレイブルーパス対NECグリーンロケッツは、予想通り、激しいぶつかりあいで緊張感ある試合になった。NECは、SO安藤が難しい位置のPGを2本決めて、前半を6-0とリードする。しかし、東芝の廣瀬キャプテンが「前半のNECは我々の攻撃をぎりぎりで止めているような気がした。一つ穴ができれば4トライ以上とれるのではと思った」と語った通り、後半の立ち上がり、東芝がLO大野のトライと、ヒルのコンバージョンで逆転すると、一気にペースをつかんだ。途中、やや攻めあぐんだが、最後は、後半28分に投入されたWTBロアマヌが、ボーナス点獲得を決める4トライ目をあげた。これで東芝は、5試合連続で5トライ以上をあげる「25点満点」。首位をがっちりキープした。

東芝の瀬川監督は、「東芝のラグビーに自信を持てた試合でした。毎試合4トライ以上をあげる攻めるラグビーが目標です。その結果、順位がついてくればいい」と、首位でいることについては多くは語らなかった。でも、難敵NECを破ったことで安堵の笑顔を見せていた。瀬川監督は顔に気持が出やすい人なのだ。一方、NECの細谷監督は、「東芝に勝たなければ、トップ4には残ることが難しくなる。そういう危機感を持って臨みました。しかし、後半足が止まったところもあり、完敗だったと思います」と厳しい表情だった。

ただ、外から見ていた者としては、スクラムでもNECが圧力をかけているシーンはあったし、うまくゲームを運べばもっといい勝負が出来るように見えた。もったいない戦いぶりに見えて仕方なかった。盛岡では、三洋電機が8トライの猛攻でサニックスを下している。これまでトライの少なかったトライ王・北川智規は、3トライの荒稼ぎ。

◎トップリーグ第5節結果(18日)
クボタスピアーズ○34-17●コカ・コーラウエストレッドスパークス(前半5-10)
東芝ブレイブルーパス○26-9●NECグリーンロケッツ(前半0-6)
三洋電機ワイルドナイツ○61-7●福岡サニックスブルース(前23-7)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日曜日の花園 | トップページ | TL5節結果と重光選手 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    土曜日は東京に用事があったので、秩父宮で2試合を観ました。
    NECは頑張って守ってたけど、結局、アタックで相手を崩せないうちに、自分が崩れていっていまいましたね…。

    今日、帰りの新幹線で初めて“やわらかカツサンド”食べました。また食べたくなりました!

    投稿: らぐじ~ | 2008年10月19日 23:04

    neuron様の意見、私も同じです!!入江選手の桜cherryblossomジャージ姿見てみたい!
    あのタックル、キック‥‥
    SOもCTBも務めあげる手腕があります!

    ‥‥何よりカッコいいです、大好きです(´∀`)heart04
    先日熊谷で写真撮ってもらいました\(^O^)/

    JK選んでくれないかなー楽しみだな。

    投稿: びいる | 2008年10月19日 13:44

    勝手連の祈りがスクラムを後押ししてたように思えました
    次の九州ダービーもスクラムを制して勝利を納めてもらうよう、来週も勝手に連帯だ!
    GO WEST !
    GO 西浦!

    投稿: ナベゾ | 2008年10月19日 09:00

    東芝は今節のNEC戦での勝敗が覇権奪回に占める重要性を十分認識していたのだろう。これまでの前半トライを重ねると後半スタミナ切れから失速する悪い傾向を断ち切るために、前半敢えて棄てる作戦に出た。相手側からの失点をPGに留め、後半一気に畳み掛ける攻撃が出来たのは大いに自信になるだろう。一方、NECは相変わらず攻撃力に課題を抱えており、トップ4進出に黄信号が灯った格好。次節のホーム柏の葉でのヤマハ戦が正念場になりそうで奮起を期待したい。

    投稿: ローズプレステージ | 2008年10月19日 02:55

    盛岡での試合、J Sportsの中継もなく、結果だけみました、で…
    SO入江、交代もなく80分間、10番を勤め上げたようです。
    Brownだけのチームじゃないんだよ!って、思わず言いたくなるような。
    是非とも、対USA戦で入江選手の勇姿を見てみたいです、JK様。

    投稿: neuron | 2008年10月18日 21:55

    プロの選手は自分中心のプレーではなく、見ている観客に満足させるプレーをしなくてはいけません。不快なプレーは強制的に排除されるべきです。舞台の役者も目的が同じように、音楽の演奏家も目的が同じようにプロの選手は観客に快や喜びをもたらすことを考えるべきです。プロのラグビー選手の目的にしましょう。ただ、勝てばいいだけなら、ジャンケンポンでの勝負とかわりはありません。毎回毎回、記録に記憶に残るゲームもしてもらいたいですね。

    投稿: Y | 2008年10月18日 21:33

    今日はいただいたコカコーラのジャージを着て応援してました。今季は外国人SOが増えて、その活躍がすごいですね。日本人のSOがいなくなってしまうようで、寂しいです。

    投稿: らり坊 | 2008年10月18日 21:16

    今日のコカコーラクボタ戦、ELVルールでの試合の理想的な形になった気がします。絶好のコンデイで横の激しく動く展開で笛も最初限に抑えられている感じ、ラグビーが笛が多すぎて詰まらないという声に応えたサッカー的な途切れない試合展開になった気がします。非常に面白く観戦できました。

    投稿: 深緑郎を探せ! | 2008年10月18日 20:27

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/42828145

    この記事へのトラックバック一覧です: TL第5節土曜の結果:

    » トップリーグ2008ー2009・第5節・東京 [SANDA]
    === トップリーグ2008ー2009・第5節・東京 === {{{ 首都圏は青空が広がる。 ラグビー観戦には絶好のお天気である。てか、どこでなにをやるにしても 今日の好天は人の心と体を活発にしてくれる。 自然はその日の人の動きを左右する。でかいもんだ。 さて、ラグビートップリーグも中盤へと突入。 全体的に見渡すと、東芝、三洋、サントリーのトップ3は予想の範囲 しかし、4位サニックスは予想できなかった。 博多人としてはうれしい誤算である。 麻生総理を生んだ福岡(あまり..... [続きを読む]

    受信: 2008年10月19日 08:29

    « 日曜日の花園 | トップページ | TL5節結果と重光選手 »