« ジャパンライナー運行 | トップページ | TL6節日曜の結果 »

TL6節・ラーカム・お知らせ

土曜日は秩父宮ラグビー場にいた。第1試合は、トップリイーストのリコーブラックラムズ対サントリーフーズの一戦。前半はサントリーフーズもディフェンスで粘って対抗したが、徐々にリコーの攻撃力に飲み込まれてしまった。

Lar1

ベンチスタートの背番号22、元オーストラリア代表SOスティーブン・ラーカムは、後半頭から登場し、柔らかなパスさばきでトライを生み出したり、高いハイパントで敵陣深く攻め入ったりと、さすがのプレーぶり。ラーカムを見に来ていた人も多いようで、リコーのベンチ側の最前列はラーカムが動くたびに、なんとなくざわめいていた。最終スコアは、70-12でリコーの勝利。

Lar

第2試合は、トップリーグの東芝ブレイブルーパス対日本IBMビッグブルーの戦い。前節、九州電力に快勝して上り調子のIBMがどこまで戦えるか注目していたのだが、前半20分までに東芝が3連続トライ。IBMも何度か連続攻撃を仕掛けたが、ターンオーバーから東芝が切り返してスコアを重ねた。それでもIBMはSOハーカスを軸に反撃し、俊足WTB勝俣の独走トライなどで前半に21-12の9点差まで迫った。

後半の立ち上がりは、東芝のイージーミスが続き、IBMの流れになるかと思われたが、東芝は慌てず、FLベイツ、後半出場のCTBオトらが強い突進を繰り返し、防御を縦に崩してから展開する東芝らしい攻撃でペースを握った。16分には、この日マンオブザマッチに選出されたHO湯原が突き放すトライ。その後も、WTBロアマヌ、FB立川らが次々にトライラインを駆け抜けた。SOデイビッド・ヒルは、3トライ、9ゴールの35得点をあげ、得点ランキングで独走状態である。

WTBのポジションからチームを的確にリードした廣瀬キャプテンは、「近鉄戦と同じような展開でした。しかし、苦しい中で点を取り返したところは、チームがレベルアップしたと思います。前半はラインアウトからモールを作ってしまってリズムが出なかったが、後半は、FWが沸いてくるようなサポートでテンポアップしようとしました」と一定の評価。瀬川監督は、これからの約1か月の休止期間について問われ、「細かいミスが多いので、もう一度一貫性をもって試合に臨めるよう一つ一つのプレーの精度を高めたいです」とコメントした。そして、廣瀬キャプテン。報道陣から三洋電機ワイルドナイツのことを問われ、「いまの時点では三洋のほうが上、なんとか食らいついて、どうやって越えるか。そこにターゲットを絞ってやっていきたい」と語った。

IBMの髙忠伸キャプテンは、「自分自身のプレーも含めて、すべてにおいてガッカリしています。何をやってもかみ合わず、見に来てくださったお客さんに申し訳ないです」と笑顔なく語った。粘り強く攻め続けて東芝を苦しめている時間帯もあっただけに、後半、緊張の糸が切れてしまったかのように崩れたのはもったいなかった。

◎トップリーグ第6節結果(25日)
三洋電機ワイルドナイツ○44-8●近鉄ライナーズ(前半13-3)
日本IBMビッグブルー●19-68○東芝ブレイブルーパス(前半12-21)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ○27-17●クボタスピアーズ(前半19-7)

◎お知らせ
愛好日記トークライブ・第15弾の詳細が決定しました。第15回目のゲストは、日本が世界に誇るNO8箕内拓郎選手(NECグリーンロケッツ)です。2003年、2007年のワールドカップで日本代表キャプテンを務め、中心選手として世界と戦ってきた箕内選手が、世界と戦う実感、キャプテンの役割、直近のアメリカ戦の感想など織り交ぜて語ります。席に限りがありますので、定員になり次第、締め切りとなります。
◆日時 11月24日(祝・月) 
午後5時開演(4時半開場)~7時 
◆場所『文鳥舎』三鷹市下連雀3-32-3 グリーンパルコB1
Tel:0422-79-3777  Fax:0422-79-3777
bunchou@parkcity.ne.jp
http://www12.plala.or.jp/bunchousha/
◆入場料 2,000円 定員約50名
◆懇親会 3,000円 定員約30名(終演後、1時間半程度立食パーティー)
※ご予約開始は、10月29日(水)午後3時より。メール、FAX、電話で。HPで座席の確認ができます。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ジャパンライナー運行 | トップページ | TL6節日曜の結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    東芝、三洋電機とも6戦全勝で折り返したが、ディフェンス面で三洋の方が上なのは明らか。ウィンドウマンス後最終節までどれだけ東芝が差を詰められるか。東芝はその前のサントリー、三洋電機は例年好勝負しているトヨタ自動車に足下を掬われなければちょっと気は早いが、TL創設以来初めて全勝チーム同志の最終節対決が見られるだろう。

    投稿: ローズプレステージ | 2008年10月26日 10:50

    24日のトークライブ、参加したいのですが。
    応援している日韓交流の若手3人:チング(吉本興業。韓国語漫才)と八田靖史さん(コリアンフードコラムニスト)によるイベント「八田りチングのチンチャトーク」を朝11時と午後3時から新宿・職安通りで行います。たぶん打ち上げ参加で難しい。
    もしも村上さんトークライブ参加する方で、韓国の文化・料理にご興味あれば、こちらもおこしください。
    詳細はチングHP
    http://yume.candypop.jo

    投稿: 韓国ラグビー見明(みあけ) | 2008年10月26日 08:07

    オールブラック装束のラーカムって本国をはじめとする南半球では話題になってないんでしょうか
    青い目の和製オールブラックス?

    投稿: ナベゾ | 2008年10月26日 04:13

    ラグマガのングウェニアの記事よかったです・ アメリカ戦楽しみです。 個人的には谷口かずひとさんのインタビューを見てみたいです

    投稿: 30肩 | 2008年10月25日 22:04

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/42901209

    この記事へのトラックバック一覧です: TL6節・ラーカム・お知らせ:

    » トップリーグ2008−2009・第6節・東京 [SANDA]
    === トップリーグ2008−2009・第6節・東京 === === 日本IBMビッグブルーvs東芝ブレイブルーパス === [[attached(1)]] 世界経済が混沌とする時事が流れる。カップヌードルまでもが、食とかけ離れたものに汚される。 経済が悪くなると企業に背負われている部分が多いトップリーグにも影響が出てもおかしくはない。 もちろん我々観客側のお財布のひももかたくなっていく。 この日本で生きる一人として、この困難を乗り切ろう。 て、こんなところで演説しても似合..... [続きを読む]

    受信: 2008年10月25日 21:17

    » 秋ゆくピッチ〜三菱重工相模原×日野自動車 [SIDELINE CAP]
    [[attached(1,center)]] 屈辱のシーズンとなった昨年。捲土重来を期す三菱重工相模原ダイナボアーズ。 観たい観たいと思っていた公式戦の観戦がようやくかなった。長女の体操教室⇒長女の小学校のバザー⇒三菱グラウンドというタイトなスケジュール。 開幕戦を落としたものの、ここまでは3勝1敗とまずまずのダイナボアーズ。 相模原は田名の自社グラウンド。相手は日野自動車レッドドルフィンズ。関東社会人リーグからの昇格。3連敗中と上部リーグの壁は厚い。元フィジー代表で元七人制日本代表..... [続きを読む]

    受信: 2008年10月26日 03:58

    « ジャパンライナー運行 | トップページ | TL6節日曜の結果 »