« トークライブ15箕内選手 | トップページ | 山中選手&お知らせ »

あびこ&ラグマガ

Img_2734

火曜日はNECグリーンロケッツの取材で我孫子まで行ってきた。NECグラウンドの空は青く澄み渡っていた。

話を訊いたのは、グレン・マーシュ選手と、今季のルーキーFL宮本誉久選手。テーマは「伝えたいこと」。NECスポーツのファンクラブ会報誌「ロケッツマガジン」の取材である。36歳のマーシュ選手から、23歳の宮本選手へさまざまなアドバイスが送られた。

Img_2735

「練習でも常に100%を出し切るマーシュ選手を見て、あの凄いプレーの理由が分かりました」と宮本選手。マーシュ選手は、「あもん(宮本選手のニックネーム)は、僕と似たタイプ。ポテンシャルも高いし、志も高い。素晴らしい選手になると思う」と語り、長く続けるのは、長期的な目標と短期的な目標をしっかり立てて毎日努力していくことが大事だと話していた。

マーシュ選手に、好きな選手について訊いたのが、伝説的選手では、オールブラックスの英雄シェルフォードだと教えてくれた。「でも、僕はレベルには関係なく、いつでも100%の力を出す選手が好きなんだ」と言っていた。僕もそう思うなぁ。

25日はラグビーマガジンの発売日。2009年1月号ということになる。当然、日本代表特集で、スクラム最前列で見事に大役を果たした畠山選手らが取り上げられている。大混戦の関西学院大学ラグビー部のルポもあり。大友信彦さんの記録ナビでは、ロングPG記録が紹介されている。面白い。

Cover_0901

巻末のカラーページには、「ラグビーは人生の学校」と題して、短期来日していたジョナ・ロムー、エディ・ジョーンズ両氏を迎えて、サントリーのグラウンドでジョージ・グレーガン選手、清宮克幸監督との座談会が行われている。たとえばロムー氏がこんなことを言っている。「かつてはNZにも罰走のような練習がありました。何十回もグラウンドを往復させられる。タイムを切らなければさらに増える。もう足も動かない。頭は下がる。でも、両脇を見ると仲間も同じように走っている。こいつらが一緒なら乗り切れると思える。窮地に立たされれば人間の本当の姿も分かります」。熱い話が満載だ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トークライブ15箕内選手 | トップページ | 山中選手&お知らせ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    「ラグビーは人生の学校。」とても楽しかったです。
    私も「NO SIDE」のことにえらく驚きました。
    日本発祥なのか?
    それとも南半球には伝わっていなかったのか・・・?

    村上さんはご存知でしょうか?

    投稿: 群馬の愛好者 | 2008年11月28日 22:35

    「ラグビーは人生の学校。」楽しく読みました。ノーサイドってジャパンオリジナルだったんですね。GGもエディも知らなかった!?。
    世界共通と思いこんでいたので目からウロコです!
    まさに「人生の学校」!

    投稿: ヨカロウモン | 2008年11月27日 20:43

    亜門ね〜
    粋な演出のゲームを期待しましょう
    フェスタの時はHGやRGでパフォーマンスもお願いします!

    投稿: ナベゾ | 2008年11月26日 05:45

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/43225887

    この記事へのトラックバック一覧です: あびこ&ラグマガ:

    « トークライブ15箕内選手 | トップページ | 山中選手&お知らせ »