« 決戦前日&お知らせ2つ | トップページ | TL10節日曜の結果 »

大学1回戦の結果

土曜日は熊谷ラグビー場にいた。早朝にNHKのラジオに出演し、そのまま湘南新宿ラインで熊谷に向かった。めちゃくちゃよく眠れました。10時半くらいに熊谷に到着したのだが、すでに駅では熊谷ラグビー場に行こうとする人を数多く見かけた。

第1試合は、法政のロングパスを駆使したワイドなアタックが連続して、開始10分ほどで法政が3トライを畳みかけ、立命館を圧倒した。SH日和佐の素速いパスさばきと、SO文字のスペースに放つパスは見事だった。しかし、立命館もFWの力強い縦突破を軸にディフェンスを崩し、後半34分にCTB島がトライを返す。このあとは拮抗した展開。後半なかばに、再び法政が攻撃のテンポアップを図ってスコアは動いたが、果敢に攻め合う好ゲームだった。

第2試合の早稲田対関東学院は、予想通り、キックオフ直後から激しいコンタクトプレーが相次いだ。ただし、この日はすべての局面で早稲田が強さを発揮。FB田邉は、先制のPGを決めたほか、8-0とスコアがなかなか動かなかった前半40分、判断のいいドロップゴールを決めて11-0とリードを広げ、後半24分にも、WTB中濱が抜け出したところに、爆発的なスピードで走り込んでトライ。なんと、トライ、ゴール、PG、DGと、ラグビーの得点方法をすべて成し遂げるフルハウスの16得点。大活躍だったが、この勝利を支えたのは、なんといってもタックル。CTB長尾、FL中村、HO有田、豊田キャプテンらが次々に相手を仰向けにしていった。

「負ければ終わり。崖っぷちでジャンプしようと言っていた。重みのあるゲームです」と、中竹監督は会心の笑顔。連覇に向けて大きな壁を乗り越え、声も弾んでいた。

敗れた関東学院の桜井監督は、「いろんな状況があるなかで、(対外試合解禁の)夏合宿で最初に早稲田と戦い、最後も早稲田とできた。悔いは残るが、選手をほめてあげたい。最後のトライが、来年のスタートになります」と語った。

もっと僅差になると思われたが、やはり関東学院はチーム作りの後れが出ていたような気がする。土佐キャプテンは、完敗を認め、自分たちなりに精一杯戦ったこと評価しつつ、「実際にラグビーができた時間が短かった」とポツリともらした。ただ、昨秋の不祥事から、みんなに愛されるチームを目指して頑張ってきて、「もし、きょうの試合を見て心を動かされた人がいたとしたら、愛されるチームになれたのかもしれません」とも語った。僕は、土佐の鬼気迫る突進には心動かされた。いいものを見せてもらった気がする。

この試合の速報レポート、来週発売のナンバーに寄稿しました。

その他の会場の結果は以下の通り。

◎第45回全国大学選手権1回戦結果
日本大学 0-59 東海大学(0-28)
帝京大学 23-17 慶應義塾大学(7-3)
摂南大学 47-24 天理大学(19-17)
福岡大学 3-31 筑波大学(3-12)
法政大学 51-17 立命館大学(27-10)
関東学院大学 5-21 早稲田大学(0-11)
同志社大学 31-8 流通経済大学(0-3)
日本体育大学 17-45 関西学院大学(7-19)

◎トップリーグ第10節結果(20日)
ヤマハ発動機 46-10 日本IBMビッグブルー(前半20-10)
近鉄ライナーズ 7-20 トヨタ自動車ヴェルブリッツ(前半7-10)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 決戦前日&お知らせ2つ | トップページ | TL10節日曜の結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    下馬評が低かったのですが、花園で関西勢が
    連勝したのはうれしかったです。
    2回戦、瑞穂でお待ちしてます

    投稿: 瑞穂 | 2008年12月21日 10:17

    花園の大学選手権も大変魅力的でしたが、私は鳴門の近鉄-トヨタに行ってきました。両チームともハイレベルのディフェンス(攻撃もお互いに良かった)でロースコアになりましたが、やはりトヨタのランニングスキルが近鉄を上回っていました。トヨタには次節以降上位チームに勝っていって欲しいと思います。

    投稿: IXY-nob | 2008年12月21日 08:11

    関東-早稲田、中継で見ました。
    相手や勝敗関係なしで、関東の選手達の奮闘に感動しました。最後トライをひとつ獲ることが出来たときは、涙が出そうでした。
    土佐主将はじめ4年生の選手達は、私達の想像の範囲ではないくらい悔しいだろうと思いました。
    試合終了後、何度も涙を拭いながらも、前をみて立ち続けた土佐主将の姿は、最後までキャプテンだったと思いました。

    「4年生はトップリーグでまた頑張ってほしい。」

    いつもならそう思うはずですが、この試合では無理でした。怪我で練習が出来なかったなどというのとは、全く違いますから。
    普通に1年間かけてチームを作ることが出来ていたら、どんなチームになっていたのか、本当に見てみたかったです。
    こらえていたけど、中継の最後の方、村上さんの声のトーンから、(私の勝手な想像ですが)村上さんも関東の選手の気持ちを考えているのかな…と思ったら、やっぱりこぼれました。

    監督さんの言われたように、あのトライから次のチームがスタートして、また笑顔の選手達を見られるのを待ちたいと思います。
    そして、四年生の皆さんのこれからの活躍も期待していようと思います。

    長文大変失礼しましたm(__)m

    投稿: センターV | 2008年12月21日 01:58

    今日は花園へ。久しぶりに行ったところ、東花園は高架建設中。去年、駅が移動した理由がその様子を見て分かりました。前半の試合後休憩で外に出、トイレの前辺りまで、スモークでうんざり。国立もそうだったように、教育上よくないと思いました。一般の人もラグビーに関係する人も何てスモーカーが多いこと!!また、ヤジにも耐えられなかったので、途中で帰りました。試合が終わるころ、「勝ちました」のメールを見て安心しました。28日は瑞穂か秩父か、前日まで迷います。

    投稿: Y | 2008年12月20日 23:58

    中継のあった4試合を見た感じではスタミナ、スキルとも東海大学が一歩リードですか?弱点は昨年負けたように格負けor大舞台の経験不足ですよね。トーナメントだから当然番狂わせもあるでしょうが。。。注目の一戦は早稲田が強いと言うよりも関東の仕上がりの遅さは如何ともし難かったというの正解かも。。。

    投稿: nightbaron | 2008年12月20日 22:16

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/43475953

    この記事へのトラックバック一覧です: 大学1回戦の結果:

    » どうした?ラグビー近鉄ライナーズ3連敗!! [IXY-nob]
    徳島県鳴門ポカリスウェットスタジアム行、「近鉄ライナーズ応援バス」1号車1番の席に陣取った私は、今日の勝利を分析していた。 相手「トヨタ」は、フォワード・バックスともに走力のある選手がそろい、爆発的な攻撃力を誇る。 今シーズンの序盤は、フォワードの密集戦やキックでやや後手を踏んだため、下位チームに取りこぼししたが、後半戦に入り勝利を重ねてきている。 やはり、今日のポイントはトヨタバックス。特にSO黒宮とFB正面。 この二人を自由に走らせてはいけない。 ここを押さえれば、勝利に近づくはず!キックオフか... [続きを読む]

    受信: 2008年12月21日 08:12

    » 大田尾竜彦とデラックス攻撃隊 [イチロー的こころ]
    ※写真はトップリーグサイトからお借りしました。土曜日はヤマハラグビー部とIBMの戦うジャパンラグビートップリーグ第10節をヤマハスタジアムのバックスタンドで見た。抜けるようなサックスブルーの晴天の暖かい陽気の中、いつものようにゲート前にチームが用意したフードコ... [続きを読む]

    受信: 2008年12月22日 13:07

    « 決戦前日&お知らせ2つ | トップページ | TL10節日曜の結果 »