« 有田四兄弟 | トップページ | ラグビー普及促進酒場 »

花園30日

200812301437000

30日、花園ラグビー場はきょうも快晴である。シード校が登場しての2回戦は、チーム関係者が一番たくさん集まる日なので、人が多い。3つのグラウンドを移動する通路は大混雑だった。

試合のほうは、朝一番の第3グラウンドでBシードの東海大仰星を京都成章が破る波乱のスタート。僕は同時刻に西陵が関西を大差で下した試合を解説していたので、見ることができなかったのだが、大阪のラグビー関係者は「自滅」、「攻め方が間違ってた」などと話していた。でも、京都成章も京都予選で伏見工業を倒しており、流れ次第では分からない実力差ではあった。

もう一つBシードが敗れたのが仙台育英。最後に追い上げたが秋田中央が粘りきった。いい試合だった。このほか大差もあったが、1回戦を突破した実力派チームがシード校に渾身のチャレンジをみせ、國學院栃木もしつこいディフェンスで大型FWの青森北を追い詰めた。最終スコアは、6-8で青森北の勝利。こちら、仙台育英対秋田中央の試合前。第1グラウンドの光の中に出ていくところ。ラグビーの中で好きな光景の一つだ。

200812301427000

優勝候補のAシード、御所工業・実業、常翔啓光学園、國學院久我山は順当に勝ち進んだが、久我山は深谷の頑張りに苦しんでの3回戦進出である。Bシードの東福岡は連覇を十分に狙える実力を見せつけた。佐賀工業、尾道も仕上がりが良さそう。1月1日は、僅差勝負が続出しそうだ。

200812301434000

第1グラウンドのメイン入口を左に曲がると、いろんな展示物があるのだが、これはトップリーグのPRブース。1月1日は、サントリーサンゴリアスの佐々木隆道選手がやってくる予定だ。JSPORTSの控え室には解説陣が次々にやってくる。林敏之さん、宮本勝文さん、今泉清さん、薫田真広さん、砂村光信さん、などなど。みなさん、母校に厳しいのも面白い。「反則が多すぎるって話しておきました」と今泉さん。宮本さんの場合は、「うちなんか、出てへんもんなぁ」と残念そう。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 有田四兄弟 | トップページ | ラグビー普及促進酒場 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    久我山の11番
    幻のトライ
    リプレーで見て
    小沢君のプレーしびれました。
    タッチは、無い
    日本人であのプレーは・・・
    宿沢さん?

    投稿: ヨコダイ | 2008年12月31日 20:52

    能工で盛上れなかったので秋田中央と秋商にはお正月を賑やかにしてもらいたいです

    投稿: ナベゾ | 2008年12月31日 06:15

    村上様、はじめまして。いつも楽しませていただいてます。
    ルールについて質問させて下さい。
    花園での試合で、自陣22mライン後方で相手キックをフェアキャッチした後にタップキックしてからタッチに蹴り出したところ、ダイレクトの判定で蹴ったところまで戻されていましたが、これも新ルールの影響なのでしょうか?

    投稿: nadaso | 2008年12月30日 23:07

    村上様、はじめまして。いつも楽しませていただいてます。
    ルールについて質問させて下さい。
    花園での試合で、自陣22mライン後方で相手キックをフェアキャッチした後にタップキックしてからタッチに蹴り出したところ、ダイレクトの判定で蹴ったところまで戻されていましたが、これも新ルールの影響なのでしょうか?

    投稿: nadaso | 2008年12月30日 23:05

    富山工の選手、ノロウイルス感染とは災難でしたね~。

    投稿: rugbyhead | 2008年12月30日 21:46

    それにしても、暖かい花園。信じられまへんわ。
    地球温暖化万歳?

    投稿: おなか | 2008年12月30日 20:51

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/43575468

    この記事へのトラックバック一覧です: 花園30日:

    » 高校ラグビー!花園は大盛況!! [IXY-nob]
    陽射しは弱いものの、平年に比べると暖かかった花園ラグビー場は、大阪代表チームが3校登場するとあって、早朝から大賑わい。 今日は一日で16試合を消化するため、3カ所のグランドが使われていたが、大阪の3校が試合をする第三グランドの正面中央に陣取った。 高校生の試合は30分ハーフであるため、全国大会の緊張感による硬さがほぐれないまま、力を出し切れずに負けるパターンがある。 その典型が今日の第一試合。 大阪代表「東海大仰星(Bシード)」が京都代表「京都成章」に負けた。 仰星の試合は大阪地区の決勝で見ていたが... [続きを読む]

    受信: 2008年12月31日 07:40

    « 有田四兄弟 | トップページ | ラグビー普及促進酒場 »