« 土曜の秩父宮結果と幸運 | トップページ | 大学選手権展望号 »

TL9節結果と大学のこと

日曜日は秩父宮ラグビー場にいた。スタンド観戦にはめちゃくちゃ寒い日だった。日本IBMのブースで同じ大学出身でもある文原くん(元日本代表PR)に会った。僕があまりに寒そうにしていたからか、スタッフの方がネックウォーマーをさしだしてくださった。試合場で販売中です!宣伝しておきますね。ありがとうございました。

僕はJsportsで第1試合のクボタスピアーズ対日本IBMビッグブルーの試合を解説した。両者ともに、キックで陣地をとりつつディフェンスで我慢する展開が終始続いた。クボタのセットプレーの安定と、SOドゥラームの戦力的キックの正確性が勝利をたぐりよせた気がする。スコアは、14-10。「我慢比べだと思っていましたが、規律を保てたことが一番です」と、クボタの佐野ヘッドコーチは、ほっと一安心という感じだった。

第2試合は近鉄ライナーズがサントリーサンゴリアスに渾身のチャンレンジ。前半を6-6の同点で折り返したが、後半の序盤にSH成田、SO曽我部を投入して試合のペースをあげたサントリーが、トライをたたみかけた。「近鉄の強さは予想通り。試合の中でペースを意図的に切り替えられるようになってきましたね」。サントリーの清宮監督も手ごたえをつかむ勝利だったようだ。近鉄は、後半8分にWTB角濱が、危険な行為でレッドカードを受け、残り時間を14人で戦うことになったのが痛かったが、それよりも、ノットロールアウェイの反則を繰り返すなど、自ら流れを悪くしてしまっているようでもあった。

試合後、2位の東芝ブレイブルーパスが神戸製鋼コベルコスティーラーズに敗れた情報が入った。今季初黒星であり、全勝は三洋電機だけになった。他会場の結果は以下の通り。

◎トップリーグ第9節結果(14日)
日本IBMビッグブルー●10-14○クボタスピアーズ(前半3-6)
サントリーサンゴリアス○34-20●近鉄ライナーズ(前半6-6)
九州電力キューデンヴォルテクス●27-31○NECグリーンロケッツ(前半24-19)
東芝ブレイブルーパス●16-42○神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半11-16)
コカ・コーラウエストレッドスパークス●3-41○ヤマハ発動機(前半3-17)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ○49-18●福岡サニックスブルース(前半20-13)

Talk

土曜の夜は、大学選手権の恒例プレイベント、「大学選手権トークバトル」に参加した。写真は、左から、早大・中竹監督、東海大・木村監督、帝京大・岩出監督、慶大・林監督。トークを終えた控室にて。「お手柔らかにお願いします」と、林監督が岩出監督とがっちり握手をかわしていたほか、それぞれ健闘を誓い合っていた。1回戦で直接対決するチームもあって、トークでの負傷者情報などは控えめ。木村監督が、早大と関東学大が当たったときは正直嬉しかったことを告白したり、岩出監督が、「対抗戦の初優勝で喜べたのは2日だけでした」と慶大との1回戦で笑いをとったり、和やかなトークだった。 中竹監督は、「明治に負けて気を引き締めなければいけないところを、1回戦で関東学大というのは、いい組み合わせ。チャレンジしたい」と強豪対決を歓迎していた。

14日の大学選手権代表決定戦では、北大を破った筑波大と、中京大を破った摂南大が選手権出場を決めた。1回戦で、筑波大は福岡大と、摂南大は天理大と対戦する。

各リーグの入替戦では、ほぼ上部リーグの大学が勝っているが、13日の関西の入替戦で、大産大が近大を破ってAリーグ昇格を決めた。また、Aリーグ残留を決めた京産大の大西健監督が辞意を表明している。30年以上にわたって同大学を率いてきた名将の辞任はさびしい。2008年というのは、記憶にとどめるべき年なのかもしれない。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 土曜の秩父宮結果と幸運 | トップページ | 大学選手権展望号 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    応援するヤマハの応援で佐賀鳥栖に行きました。寒風の空晴れ渡り、サックスブルーが後輩たちの前でトップリーグを魅せてくれました。

    投稿: イチロー | 2008年12月16日 10:42

    ついに三洋と東芝の全勝並走が崩れましたね
    そして次節の三洋の対戦相手は東芝を今節止めた神戸、しかも会場はホムスタです
    2節続けてMS杯、選手権へ向けて神戸の意地が見られるでしょうか?
    それとも三洋の一人旅が始まってしまうのでしょうか

    投稿: ぺー | 2008年12月15日 15:22

    トークバトルで大河の如き大西さんの話術が聞けなくなるのは寂しいですが、30年の中で育てた人材が引き継いでくれるのも大切な仕事でしょうし
    個人的に次期監督にもトークバトル等で聴衆を引付けるパーソナリティーを期待します

    投稿: ナベゾ | 2008年12月15日 06:57

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/43418612

    この記事へのトラックバック一覧です: TL9節結果と大学のこと:

    » ラグビーワールド連敗!TL復活の夢絶たれる!! [IXY-nob]
    40m以上もある長いPGは、ゴールポストに向かってまっすぐ飛んだ。 難しい距離だったが、 ぎりぎりバーを超え、アシスタントレフェリーの旗があがる。 得点を確認するレフェリーの短い笛のあと、ノーサイドを告げる長い笛。 この瞬間、ワールドのトップリーグ復活の夢は消えた。 3分前には逆転トライ(ゴール)で1点リードを奪ったにもかかわらず、自陣で反則を犯し、相手(豊田自動織機)にPGのチャンスを与えてしまった。(最終スコア26-28織機の勝利)09年シーズンから、プロ選手を排除し、社員のみでチームを構成する... [続きを読む]

    受信: 2008年12月15日 19:57

    » 神戸製鋼ったら、東芝に勝っちゃった!? [ココロミ]
    最近の神戸製鋼の戦いぶりを見ていると、負けても驚きませんが、勝っちゃったりすると、たまげます。なんで前節のコカコーラに負けて、東芝に勝ったの??? 最近の神戸製鋼は、つくづく解らないチームになってます。もちろん、勝ったのは嬉しいですが、なーんか、手放しで喜べないんですよねぇ。なんだろうなぁ、このモヤモヤ感は・・・。 ... [続きを読む]

    受信: 2008年12月15日 22:46

    » 佐賀は先輩後輩のラグビーの絆 [イチロー的こころ]
    昨日開催されたジャパンラグビートップリーグ、ヤマハvsコカ・コーラウェストとの試合は九州佐賀の鳥栖駅前にあるベストアメニティスタジアム(ベアスタ)で開催された。この試合はトップリーグの試合としてでなく、佐賀県ラグビー協会が多くの佐賀出身のトップリーガーが所... [続きを読む]

    受信: 2008年12月16日 10:40

    « 土曜の秩父宮結果と幸運 | トップページ | 大学選手権展望号 »