« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月20日 - 2008年7月26日 »

2008年7月13日 - 2008年7月19日

アンガス・トーク

金曜日は、愛好日記トークライブ第13回が行われた。ゲストは、元日本代表キャプテンのアンドリュー・マコーミックさん(愛称アンガス)。現在は、NZでツアー会社を経営するかたわら、コカ・コーラウエストレッドスパークスのアドバイザーを務めており、これから始まる網走合宿に合流する直前だった。

Angus

ラグビー王国NZで育った頃のことから、東芝府中での活躍、日本代表キャプテンになるまでの話を聞いていったのだが、東芝時代に日本語検定1級に合格しているだけあって、ほぼ日本語でお客さんにも分かりやすく話してくれた。1992年に来日したのだが、その頃の東芝は土のグラウンドで、擦り傷が絶えなかった話や、日本ラグビーになじむまでの話、日本文化を理解していく過程のエピソードで大いに笑いをとっていた。

「よく頑張ったという言葉はあんまり好きじゃない。勝たないと」と、勝ちたい気持ちの大切さを強調していたアンガスは、「常に力を出し切る選手がトップになれる」と語り、NZ代表のダニエル・カーターを例にあげていた。また、「これまで見たSOの中で島崎が一番上手い」と元東芝の島崎選手を絶賛していた。

日本代表の外国人選手のことについても聞いたのだが、「僕は自分が選ばれていたから言い方が難しいけど、国籍とか見た目は関係なく、日本の文化を理解している選手、若いときから日本で育った選手はいいと思う。ただ、日本代表強化のために外国人選手を連れてきて代表にするというのは、いいとは思わない」と話していた。また、外国人選手が多くなることで、その国の若い選手が育たないという現象は、日本より外国人選手枠の縛りの少ない「イングランドやフランスのほうが深刻な問題」とも。

「僕は日本代表を助けようとか、日本に何かを教えようと思ったことはない。ただ、日本代表に選ばれたかっただけ」。印象に残った言葉があった。「僕のおじいさん、おとうさんはオールブラックスだった。僕はオールブラックスになれなかったけど、日本代表のキャプテンになった。そしてワールドカップでプレーした。僕のほうが勝ってるかな、と思う」

他にもたくさんいい話があったのだが、それはまた来年、単行本で紹介できればと思う。出版実現のため、発売中の「愛好日記2トークライブ集」買ってくださ〜い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あと1か月半

ここ数日は、思わぬ歯痛などあったものの、少しゆったりした気分で過ごした。本日、仕事の打ち合わせがあって、また頑張らなければと気合いを入れ直す。

NZ遠征中のサントリーサンゴリアスが全日程を終えた。ライアン・ニコラス、青木佑輔ら、日本代表選手も出場した最終戦は、ワイカト地区代表に31-60で敗れ、通算戦績は1勝2敗に。サントリーは帰国するが、7月末からロシア遠征に向かう。

トップリーグは9月5日から始まる。新シーズンは、トップリーグだけでなく、有力選手が多数加入したトップイーストも注目されている。観る立場からすれば、トップイーストとトップリーグの試合を同じグラウンドでやってくれれば観戦がより楽しくなるのにと思う。昨季のトップウエストにも感じたし、そう思っている人が多かっただろう。しかし、管轄協会が違うこと(トップリーグは日本協会、トップイーストは関東協会)や、1日に2試合使用を拒否するグラウンドも多く、なかなか実現しなかった。それが今季は、数日、一緒に開催される日がある。

ざっと日程を眺めると、9月20日の松本平で、セコム対東京ガス、神戸製鋼対トヨタ自動車。10月25日の秩父宮で、サントリーフーズ対リコー、日本IBM対東芝など。そして12月21日の秩父宮では、リコー対セコム、サントリー対NEC。リコーのラーカムと、サントリーのグレーガンを同時に観られる可能性があるのはここだけかな。

さて、今週の土曜日は、トライネイションズの第3節が。南アは、FBがモンゴメリーからヤンティースにかわるなど、NZに勝ったメンバーから4名変更。オーストラリアは、怪我をしていたWTBトゥキリ、NO8パルーらが復帰する。

ジェイスポーツの放送予定は次の通り。
7月19日(土)18:55~J sports 1
オーストラリア 対 南アフリカ ※生中継(予定)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラインアウトのこと

歯茎のことを書いていたら、けっこう各方面から反応があった。いろいろご心配かけてすみません。傷口は快方に向かっております。ただし、傷口がまだ痛むので、さわやかな笑顔を見せられるまでは、もう少々お待ちください! とにかく、現役選手のみなさんには、マウスガードは歯医者さんに相談するなどして自分の歯にフィットしたモノをしっかりしましょうとアドバイスしたい。僕が大学でプレーした1983年~86年は、マウスガード(マウスピース)をしている選手は少数派。していると、「ええかっこしぃ」とまで言われたりした。いまはマウスガードは常識。歯は折れると生えてこないし、衝撃によって脳などに深刻なダメージを受けることもある。気をつけましょう。

新ルールのことを少し。8月1日から日本でも採用される試験的実施ルールのなかで、「いずれのチーム側にもラインアウト構成人数に制限はない(最低各チーム2名で成立する)」という項目がある。これまでは、防御側は攻撃側の人数に合わせなくてはいけなかった。変更の主旨は、①防御側が人数を合わせる不必要な中断時間を減少させる。②レフリーの人数確認による中断時間を減少させる。③防御側のオプションを増やすことは、ボール争奪場面を重視するIRB憲章に一致する。というようなことのようだ。

これも前週末のNZ代表対南ア代表の試合で、実際に起こったのだが、南ア・ボールのラインアウトで、NZ側が南アより多い人数で並んでいた。ここから展開した南アは、数的優位をうまく使って大きく前進していた。ただし、もし南アのジャンパーがしっかりキャッチできなかったりすれば、人数の多いNZに一気にボールを奪われたかもしれない。試験的ルール下でのラインアウトの攻防は、瞬時に人数計算をするなど、素速い状況判断がもとめられることになる。

◎愛好的読書日記【五輪ボイコット 幻のモスクワ、28年目の証言】(松瀬学著 新潮社)を読んだ。1980年のモスクワ五輪ボイコットに関わった人たちに新たに取材している。僕はその頃、15歳だから深い話はまったくわかっていなかった。これを読むと、当時の日本のスポーツ界のおかれた立場がよくわかる。そして、なんともやりきれない気持ちになった。大学生の頃、ロス五輪柔道の山下選手の金メダルには感動したが、彼の涙の意味についても考えさせられた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モールのこと

きょうも朝から歯医者だった。歯茎の腫れはおさまってきて、現状では、「愛好日記トークライブ集」の表紙のクマくらいの口元になってきた。美化し過ぎか? でも、麻酔をせずに歯茎の治療をするのはどうなんだ?(涙)

きのうの日記に書き忘れたのだが、トライネイションズのNZ代表と南ア代表の試合で、南アがけっこうドライビングモールを使っていた。「モールを引き倒してもいい」という試験的ルールは採用されているのだが、NZも簡単には倒せず、ある程度はゲインされていた。この規則について日本協会の実験的競技規則ガイドには、こうある。「防御側のプレーヤーは、モールを地面に引き倒すことができます。この場合、防御側のプレーヤーが、モール内の相手プレーヤーの肩から腰の間をつかむ必要があり、その後で相手プレーヤーを地面に引き倒します。モールがそれ以外の行為によって崩された場合は、コラプシングの反則とみなされます」。つまり、足を引っかけたり腰から下にタックルしたりするのは反則なので、押し返すことを忘れると、ある程度は前に出られてしまうということ。モールを長い距離押し切ってトライ、というのは難しいけど、攻撃の起点としては十分有効だということを南アが見せてくれていた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きょうは軽く

土曜日からなんとなく歯が痛いような気がしていた。大学時代に前歯を4本まとめて折ったことがあるのだが、その古傷である。月曜日の朝、鼻の下が腫れてぬいぐるみの犬みたいな顔になっていた。すぐに病院で処置してもらったけど、久しぶりに痛い思いをした。しばらくお酒は飲めません(涙)。

そんなこともあって、ブログを書くのに時間をあけてしまった。先週末、アウェイでオールブラックスを破った南アフリカ代表スプリングボクスが、世界ランキング1位に返り咲いた。オールブラックスは、キャプテンのFLリッチー・マコウが不在だったが、スプリングボクスも、キャプテンのHOジョン・スミットがいなかった。フィットネスはオールブラックスが上だと言われていたが、スプリングボクスは最後はシンビンで14人になっていたのに逆転した。SHジャニュアリーの運動能力の高さに驚かされた。スプリングボクスの底力、恐るべしである。今週末、スプリングボクスは、オーストラリア代表ワラビーズとの対戦。これも面白そう。

昨年の7月14日、15日あたりは日記に何を書いていたかと見返してみたら、NECグリーンロケッツのあびこラグビーフェスタが台風で中止。トライネイションズのNZ対南アのことも書いている。しかも、昨年はW杯イヤーだったから、トライネイションズの進行が早い。だって、昨年は7月中にトライネイションズ最終戦観戦ツアーに出かけている。まあ、今年は通常のスケジュールに戻ったということなんだけど。また、昨年の7月15日に、アジアラグビーフットボール協会(ARFU)理事会で「アジア5カ国対抗」の新設が決まったことも書いている。その大会は、この春、日本の全勝優勝で終わった。早っ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あびこフェスタ

土曜日は、NECグリーンロケッツのあびこラグビーフェスタ2008に行ってきた。昨年は、台風のため中止され、2年越しの開催。数えて10回目になる。例年、地元のファンのみなさんを中心に、数千人のお客さんを集める大きなラグビー祭りだ。

Robi

フェスタそのものは午後4時半から8時過ぎにかけてなのだが、朝から高校生による恒例の7人制大会も行われていた。僕はフェスタが始まる前にブライス・ロビンス選手にインタビュー。小さな頃からのラグビー人生を聞いた。ラグマガの解体心書でその内容は紹介できる。ロビンス選手は、リコーからの移籍だが、奥さんともどもあびこをとても気に入っているようだ。今月25日発売。お楽しみに。

080712_013

午後3時40分からは、フェスタに先立って、NECのファンクラブ「ロケッツクラブ」の会員向けの「ファンミーティング」の進行役をした。細谷監督、岡村ヘッドコーチ、熊谷キャプテンが今季の戦い方について解説したのだが、ほぼ選手に説明するのと同じ細かい内容をファンのみなさんに披露。視察で訪れていた神戸製鋼関係者を驚かせていた。ものすごく簡単に言うと、サントリーはセットプレーからのトライが多く、三洋電機はカウンターアタックからのトライが多い。NECもセットを大事にし、ボールを動かしていくということだ。今季よりトップリーグで拡大された外国人選手3人枠の選手起用法について、ファンの方から質問があったが、細谷監督は「あくまで日本人を軸に考えています」と、外国人選手はプラスアルファの力として計算していると話した。

Festa

午後4時半、フェスタ開幕。全選手の紹介から、ファンのみなさんとの交流が始まった。村田祐造氏のリードで、「運動神経がよくなる!あたまと体の体操」に参加者のみなさんと選手が一緒になって取り組み、子供達がつけたタグを選手が追いかけるゲームなどなど。そのあと、箕内、ロビンス、猪瀬、水山、佐藤という5人の日本代表選手のトークイベントが予定されていたのだが、ここで夕立が。実は僕はこのトークの司会だったのだが、4月の関西ラグビーまつにり続いて、またしても雨でトーク中止かと冷や冷やした。ここで、主催者側がクラブハウスを全面的に開放。ウエイトトレーニング場やミーティングルーム、テラスなどにお客さんを誘導して、雨の様子見。ファンミーティングもそうだが、グリーンロケッツのファンのみなさんを大切にする行動には感心させられる。クラブハウスを開放しなかったら、お客さんはほとんど帰ってしまったかもしれない。

080712_121

Final

結局、雨は7時前ににあがり、トークからイベント再開。ここでは、日本代表のムードメーカーとして存在感を示したという、猪瀬選手の一発芸に大笑い。その後、プレゼント抽選会のあとは、フェスタの名物となっている、藤戸選手率いる「森の妖精たち」によるミュージカル(?)。これ、完成度高くて面白かった。メイキング映像で、妖精役の佐藤平選手が横浜の中華街などに出没していたのには笑えた。渡瀬あつ子さんのラグビー応援歌「楕円桜」の披露もあり、最後は渡瀬さんも一緒になって、藤戸選手作詞作曲の「あびこラグビーフェスタの歌」の大合唱。そして、花火があびこの空に打ち上げられた。最後は選手が花道をつくってお客さんを送り出していた。

細谷監督、熊谷キャプテンとも、今年は「トップ4入り、そして優勝を目指す」とコメントしており、巻き返しへの意気込みはそうとうなものだった。

家に帰って、トライネイションズの2戦目「NZ代表オールブラックス対南アフリカ代表スプリングボクス」を観る。身動きできずに見入った。凄まじい試合。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月20日 - 2008年7月26日 »