« TL11節結果、各種全国大会 | トップページ | 高校決勝は明日 »

高校準決勝結果

高校大会準決勝の結果、書きます。夜のテレビで見るみなさん、ご注意ください。

第1試合は、常翔啓光学園対東福岡。ともに攻撃力が互角で、ボール争奪戦での攻防が注目されたのだが、予想に違わぬ好ゲームになった。キックの応酬でも個々の選手が好判断でスペースを埋めて蹴り返す。レベルの高い攻防だった。常翔啓光学園は、立ち上がりからCTB森田、三原にボールを集めて防御を崩し、WTB国定らがトライ。東福岡も前半終了間際にNO8山本がトライ。後半は、東福岡が何度も常翔啓光学園ゴール前まで攻め込んだが、最後は常翔啓光学園がしぶといディフェンスでしのいだ。

「東福岡が近場を攻めてくれたのはラッキーだったかもしれません。今年の目標は日本一ですが、(決勝戦では)結果を追い求めるより、自分たちのラグビーを最大限に見せて欲しいと思っています」(常翔啓光学園・杉本監督)

第2試合は、御所工業・実業が大半の時間攻め続け、京都成章が我慢する展開。それにしても、京都成章のディフェンスの集中力は素晴らしかった。それでも、攻め続けた御所工業・実業。試合終盤にようやく京都成章が敵陣に攻め込んだが、疲れからかボールを素速く動かすことができず、最後は御所がカウンターラックでボールを奪い返し、CTB岡本のPG1本という最少得点で勝利した。

「なんとも言えません」と放心状態の御所工業・実業の竹田監督。「最後は選手を信じていました。成章さんに成長させていただきました。感謝しています」と、よく合同練習をしてきた相手に感謝の言葉を何度も口にしていた。試合後、報道陣に影響を受けた指導者について問われたとき、竹田監督は「これまで卒業していった子供達が教えてくれました」と、何度も子供達の悔し涙を見て指導者としての至らなさを感じてきたことを話していた。

これで決勝戦は春の選抜大会と同じカードになった。ともに小柄ながら、ボールを動かして勝負するチーム。ハイレベルの決勝戦になりそうだ。

◎準決勝結果
常翔啓光学園○22-15●東福岡(前半15-10)
御所工業・実業○3-0●京都成章(前半3-0)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL11節結果、各種全国大会 | トップページ | 高校決勝は明日 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    第一試合で、シンビンを通告する際「16番、こっち来い」とレフェリーが言ったように聞こえました
    ジャッジが専制君主的に見えたせいでそう聞こえたのかなあ
    あれは空耳?

    投稿: ナベゾ | 2009年1月 6日 05:10

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/43647563

    この記事へのトラックバック一覧です: 高校準決勝結果:

    » ビックグリーン失速〜トップイーストプレーオフ NTTコミュニケーションズ×三菱重工相模原 [SIDELINE CAP]
    [[attached(1,center)]] この日も青空。冬の澄みきった青い空とジャージのコントラストは日本ラグビーの財産だ。母国イングランドやニュージーランドはこの季節、雨がち。ここだけは本場にも負けないぞと思う。 しかし、こんな美しい空の下で、上がるか落ちるかの入替戦シリーズがスタートするとはなんとも皮肉だ。トップイースト2位のNTTコミュニケーションズ シャイニングアークス(以下NTTorアークス)と同3位三菱重工相模原ダイナボアーズ(以下ボアーズ)の対戦。トップリーグとの入替シ..... [続きを読む]

    受信: 2009年1月 5日 22:21

    « TL11節結果、各種全国大会 | トップページ | 高校決勝は明日 »