« 魂のプレー | トップページ | JWC候補選手発表 »

東西学生&クラブ

1月18日、名古屋市の瑞穂公園ラグビー場(12時キックオフ)で、トップリーグのトヨタ自動車対サントリーの前に行われる「第63回東西学生対抗試合」の出場選手が発表になった。混戦だった大学ラグビーを象徴するかのように多くの大学から選出されている。

東軍の監督は早稲田の中竹竜二氏、西軍は関西学院の牟田至氏。両軍25名ずつ選ばれているが、選手のコンディションもあるのでまだ変更もありそう。東軍のNO8に豊田将万(早稲田)、土佐誠(関東学院)、HOに岸直弥(東海)、有田隆平(早稲田)が並んでいると、それだけでワクワクする。マイケル・リーチ(東海)と小峰徹也(早稲田)の両FLというのも魅力がある。法政SH日和佐篤と、早稲田SO山中亮平のHBコンビはどんなプレーをするのか。

西軍では、大学選手権でも活躍した関西学院FL西川征克、同志社NO8村上丈祐らがいるFW第三列は魅力的だし、突破力ある島拓也(立命館)、釜池真道(同志社)、アイセア・ハベア(天理)のCTB陣も興味深い。見に行こっ。

今年の日本選手権は、2月7日開幕。トップリーグ上位6チーム、大学の優勝、準優勝、トップチャレンジ1位、全国クラブ大会優勝の計10チームで行われる。大学優勝チーム(早稲田大学)と1回戦で対戦するのは、クラブ王者なのだが、その全国クラブ大会は、すでに準決勝が終了し、2月1日、秩父宮ラグビー場で行われる決勝戦には、タマリバ(関東第1代表/神奈川県)と、駒場WMM(関東第2代表/東京都)が登場する。この両チームは、東日本トップクラブリーグの決勝戦でも対戦し、34-16でタマリバが勝っているが、実力は拮抗している。両チームのHPを見ると、その活発な活動をうかがい知ることができる。ワセダと戦うのはどっちだ?

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 魂のプレー | トップページ | JWC候補選手発表 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    最終節は、瑞穂で解説のようですね。2週連続
    愛知へようこそです
    大学東西戦とのダブルヘッダー楽しみましょうscissors

    投稿: 瑞穂 | 2009年1月15日 17:55

    試合後のスリーチアーズフォーはどういう意味なんでしょうか?

    投稿: ヤマハガンバレ!! | 2009年1月15日 11:15

    毎日トラックバックさせていただきありがとうございます。週末の神戸まで熱い毎日を送らせていただいています。感激のラグビーデイを期待しています。

    投稿: イチロー | 2009年1月15日 10:13

    保土ヶ谷でよく見掛けるタマリバを応援すべきか、少なからず縁の深い地元目黒の駒場をお応援すべきか、実に悩ましい....
    今年はバーバリアンズが残れなかったんですね!

    投稿: ナベゾ | 2009年1月15日 05:09

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/43739002

    この記事へのトラックバック一覧です: 東西学生&クラブ:

    » トップリーグチャレンジマッチ2008−2009(1/11) [My suggestion(社会人野球、ラグビー、きらきらアフロetcのファン)]
    ≪ラグビートップリーグチャレンジマッチ2008−2009≫ ■第1節 <トップチャレンジ2> 豊田自動織機(トップウエスト2位)  120−24  三菱... [続きを読む]

    受信: 2009年1月15日 02:17

    » ラグビーのショーを待つ [イチロー的こころ]
    ワールドカップのカナダ戦、最後のキックから起こる感動を待ってスタジアムが静まりかえり、大西将太郎はその難しいキックを決め、ジャパンのプライドを保った。涙が溢れて止まらなかったのは将太郎はこのプレッシャーを見事なショーに変えるプロであり、その瞬間を共有でき... [続きを読む]

    受信: 2009年1月15日 10:13

    » 東芝対サントリー、藤沢WEST対YCAC [らぐびーあにまる 2 (芝生のグランドも頑張る)]
    東芝対サントリーは思わぬ点差がつきましたねサントリーはメンバーを落としたのかな、でも、あそこまでやられるとは思ってなかったでしょうね。本番はマイクロソフトカップなので、サントリーは「ネッセサリーロス」でしょうね、再戦のときのモチベーションが最高にもって...... [続きを読む]

    受信: 2009年1月15日 12:28

    « 魂のプレー | トップページ | JWC候補選手発表 »