« TL12節12日の結果 | トップページ | 東西学生&クラブ »

魂のプレー

13日の火曜日は、たまりにたまった原稿書きに明け暮れていた。書き忘れていたが、12日の花園で、大学選手権にも出場していた某選手がアルバイトしているのを目撃した。招待席のシートを取り付けているところを見て、ん? セコムラガッツの山賀選手が帝京大で引退後にラグビー場でアルバイトしていたという話を思い出した。ラグビー好きなんだろうなぁ。当たり前だけど。アップし忘れていた花園のこたつシート。今季もこんな感じで暖かそうに観戦されていた。

Hanazonokota

原稿書きの合間に、東芝ブレイブルーパス対サントリーサンゴリアスの録画を見る。試合前の東芝・廣瀬キャプテンの表情を見て泣けてきた。チームメイトが窃盗の疑いで逮捕されるという不祥事に、「自分たちにできることは、いいプレーを見せること」という覚悟が伝わってくる。キックオフ直後からの東芝の魂込めたプレーぶりは、サントリーを飲み込んだ。東芝の強さは接点の強さである。気持ちの充実が現れやすい。それにしても、大野、ベイツ、ヒル、ものすごい。冨岡鉄平の気迫あるプレーも印象的だった。

サントリーも点差で想像していたほど悪くはない。前半30分くらいまでは試合も生きている。ただし、前節で大活躍だったSH田中ほか、主力選手の負傷欠場もあって攻撃がつながらない。攻めてはミスの繰り返し。タックルまで甘くなったのは集中力の欠如としか思えなかった。ゲームメイクも、ちょっと外のスペースにボールを動かしすぎていた気がする。後半、怪我から復調してきたNO8ソンゲタが入って縦に行き始めると、攻撃もいい流れになった。試合運びを少し変えるだけで、同じメンバーでもこの点数はぐっと詰まる。

東芝は勢いがある。サントリーも汚名返上に燃えるだろう。最終節、そしてプレーオフは凄まじい試合が展開されそうだ。首位を走る三洋電機ワイルドナイツは、負傷者が続出している。いまの東芝と戦ってどうなるか。プレーオフは、1位対4位、2位対3位だ。もし三洋が2位になれば、いきなり三洋対サントリーという準決勝になる。4位争い、6位争い、残留争い、いっぱい見どころがあって、最終節、面白い。

トップリーグ昇格を目指すチャレンジリーグも第1節を終了。自動昇格を目指すトップチャレンジ1では、ホンダがマツダを下し、入替戦を目指すトップチャレンジ2では、豊田自動織機が三菱重工長崎に勝っている。第2節は、17日の土曜日に秩父宮ラグビー場にて。トップチャレンジ2は、12:00キックオフでNTTコミュニケーションズ対三菱重工長崎、トップチャレンジ1は、14:00からリコーブラックラムズ対マツダブルーズーマーズ戦がある。ここでリコーが勝てば、自動昇格の2チームがホンダとリコーに決まる。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL12節12日の結果 | トップページ | 東西学生&クラブ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    トップチャレンジ。大差を見ていると、このまま負けてもキュウシュウ1位がイースト2位・ウェスト2位より上の位置で入れ替え戦にまわるのは…。
    強豪3九州勢が昇格している今、これならトップリーグは11位より12位になったほうが有利になる。
    トップリーグを目指しているチームと会社の部活で楽しんでるチームを同じ土俵に置くのも無理があるかもしれないが。
    2部リーグを全国規模で移動させるような統一は企業負担が大きいのはわかる。
    せめて各リーグで1位・2位を決めてから6チームによるリーグ戦を行い、1位・2位が自動昇格、3位・4位入れ替え戦は出来ないか。

    投稿: タロ | 2009年1月14日 09:41

    炬燵の上の五合瓶
    正月ですねえ
    でも、炬燵に入ってチビチビやりながら観ていると、目の前の出来事がライブである事を忘れてしまうのでは
    これぞ劇場のイドラ

    投稿: ナベゾ | 2009年1月14日 05:35

    味スタの府中ダービーは現地観戦したが、サントリーの腑甲斐なさより東芝の気迫が全面に溢れ出た一戦だった。清宮監督はプレーオフ進出を神戸戦で決めたことと、今後東芝と再戦することを考慮して主力5人を入れ替えていたが、仮に主力選手が出ていても東芝の猛攻を凌げたかどうか。東芝は不祥事の汚名返上と最終節での三洋との直接対決での逆転1位通過というモチベーションからこの一戦に賭けていたのは間違いない。これで来週日曜日が非常に楽しみになった。対するサントリーのリーグ最終戦は昨年と同じトヨタとのマッチアップ。今度はどういうメンバーで臨むのか注目したい。

    投稿: ローズプレステージ | 2009年1月14日 01:05

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/43734801

    この記事へのトラックバック一覧です: 魂のプレー:

    » 鉄人に育て石神勝 [イチロー的こころ]
    入団した年にはヒョロリと痩せっぽちで、ヤマハラグビー部の大巨人や鉄人たちが揃うロック(4,5番)の中で頼りなげに見えた男がいた。岐阜第一高校から大東文化大を経てヤマハに入団したイッシーこと石神勝選手は鉄人勝又貴光、気迫の中野大介、先輩の坂本一哉らの中でひたす... [続きを読む]

    受信: 2009年1月14日 10:55

    « TL12節12日の結果 | トップページ | 東西学生&クラブ »