« TL自動昇格決まる | トップページ | トップ4バトル前哨戦のお知らせ »

TL最終節結果

トップリーグ最終節全試合の結果を文末に記します。録画を見る方、ご注意下さい。僕は名古屋の瑞穂公園ラグビー場で、トヨタ自動車ヴェルブリッツ対サントリーサンゴリアスの試合を解説することになっていた。その準備をしながらなのだが、第63回東西学生対抗を少し見ることができた。東軍のFW第三列は、マイケル・リーチ(東海大)、豊田将万(早大)、土佐誠(関東学大)という豪華なメンバー。この3人に代表されるように、現時点での個々の選手の完成度には差があって、最終スコアは、102−14と大きく開いた。後半、途中出場の東軍WTB田中渉太(早大)が切れ味あるステップワークで2人、3人とタックラーをかわしてトライしたときは、西軍ベンチの選手から、「あれ誰?」と驚きの声があがった。個人技の差を見せつける東軍の大勝だった。

Ew

そして、トヨタ自動車対サントリーの試合が始まる。前節に東芝に大敗したサントリーのモチベーションは高かった。前半こそ、トヨタ自動車に攻め込まれるシーンが多かったが、これを粘り強いディフェンスで耐え抜き、後半は、SH成田の投入でペースアップするいつも通りの戦い方。トヨタの特徴である接点の強さも後半は抑え込み、WTB山下、CTBハビリらがトライを重ねて突き放した。怪我から先発復帰のNO8ソンゲタは何度もタックルをはじきとばして突進。マンオブザマッチを受賞した。

「3位は決まっていましたが、ここで立て直すことができないなら、マイクロソフトで立ち直ることはありえないという気持ちでした。結果が出て良かったです」と、サントリーの山下大悟キャプテン。攻撃面では課題があったものの、激しいブレイクダウンを制す勝利で、まずは最低限の目標を果たしたという表情だった。

他会場の結果は以下の通り。実は、この試合のキックオフ前に、NECとクボタの勝利が決まっており、最終節前までは生きていたトヨタの日本選手権出場の可能性は消えていた。しかし、前日のミーティングから、「そのことは気にせず、自分たちがやるべきことをしよう」と意思統一していたそうで、他会場の結果は試合終了後まで選手には知らされなかった。

◎トップリーグ最終節結果
NECグリーンロケッツ○32−30●福岡サニックスブルース(前半17-18)
東芝ブレイブルーパス○62−13●三洋電機ワイルドナイツ(前半33-8)
近鉄ライナーズ●14−28○クボタスピアーズ(前半7-12)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ○23−10●ヤマハ発動機ジュビロ(前半6-10)
九州電力キューデンヴォルテクス○78−21●横河武蔵野アトラスターズ(前半35-7)
コカ・コーラウエストレッドスパークス○67−0●日本IBMビッグブルー(前半32-0)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●6−38○サントリーサンゴリアス(前半6-10)

この結果、1位東芝、2位三洋電機、3位サントリー、4位神戸製鋼となり、プレーオフトーナメントマイクロソフトカップ・セミファイナルの組み合わせが以下のように決まった。
◎2月1日
秩父宮ラグビー場 14:00KO
東芝 対 神戸製鋼
近鉄花園ラグビー場 14:00KO
サントリー 対 三洋電機

また、日本選手権には、トップリーグから上記の4チームと、5位NEC、6位クボタが出場することが決まった。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL自動昇格決まる | トップページ | トップ4バトル前哨戦のお知らせ »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    昨日は、息子の風邪具合が悪く、地元九電とコーラの試合をテレビ観戦。
    自動降格・入替戦がかかるチーム同士だったから、ファンの興味が薄かったのか? 観客数が寂しかった。
    個人的な感想だが、日曜日は息子のラグビースクールで、観戦は難しい。他のスクールの練習日がどのようになっているかは分からないが、福岡の試合は、日曜日開催が続いた。土曜日開催も検討はしていただけないのだろうか?
    それによっても、観客動員数は変わってくるのではないだろうか?

    投稿: うつつ | 2009年1月19日 12:51

    プレーオフにはトニさんを初めとした故障者グループが復帰出来るのでしょうか
    ベストメンバーでの対戦を楽しみにしてます

    投稿: ナベゾ | 2009年1月19日 05:03

     昨シーズンはトヨタ、今シーズンはサントリーに勝った以外、上位チームにはほとんど勝てていないヤマハが相手でしたから十中八九勝てるだろうとは思っていましたが、接戦になったのは不満です。
     「優勝&名門復活への号砲」とはいかなかったもどかしい試合でした。
     2週間でどれだけ修正できるか首脳陣の手腕に期待します。

    投稿: 神戸製鋼ファン | 2009年1月19日 00:16

    瑞穂に行きました。大学東西戦を一番いい席で見ましたが、テレビに慣れてるせいか、リアル映像の前では誰が何してるか分かりませんでした。素人目にはレフリーには気づかれないルール無視が多いと思いました。知ってる子をやっと見つけるのが精一杯。定期戦よりは激しい動きであることは確かです。一応真剣なのかな?東は大柄ばかり、西は逆に小さい。西はもっとこまめにより小さく、速く動けば勝てるんではないかと思いました。東は西の出身者が多くいたようですから、東西出身者戦でやるならば、また、結果もちがったろうと思います。

    投稿: Y | 2009年1月18日 20:17

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/43779638

    この記事へのトラックバック一覧です: TL最終節結果:

    » ラグビー神戸製鋼!プレーオフ進出おめでとう!! [IXY-nob]
    今シーズンのトップリーグも今日が最終節。 神戸ではわが近鉄ライナーズVSクボタとプレーオフ(マイクロソフトカップ)出場の最後の切符を争う神戸製鋼対ヤマハの2試合が行われた。まずは第一試合の近鉄戦だが、相手のクボタが6位以内(日本選手権進出)を確保するため、キックのみに頼った勝利至上主義の試合に終始したため、いかにも面白くない試合だった(近鉄の今シーズンの戦いについては、日を改めてコメントしたい)。 28-14でクボタ勝利。いよいよ、大一番の第二試合。 この試合こそ、両チームともなんとしても勝たなくて... [続きを読む]

    受信: 2009年1月18日 22:10

    « TL自動昇格決まる | トップページ | トップ4バトル前哨戦のお知らせ »