« 箕内・土佐対談 | トップページ | 7人制日本代表 »

MS杯準決勝結果

日曜日は花園ラグビー場だった。トップリーグプレーオフ・マイクロソフトカップの三洋電機ワイルドナイツ対サントリーサンゴリアス戦をJSPORTSで解説するためだ。試合前、三洋電機の榎本淳平キャプテンと言葉をかわした。「きょうはどんどん前に出ますよ。東芝戦(13節)はうちらしくなかったですから」。試合前のトスで勝った榎本キャプテンは、風上の陣地を選択した。

しかし、立ち上がりから飛ばしたのはサントリーのほうだった。ブレイクダウン(ボール争奪戦)で人数をかけ、三洋に圧力をかける。SO曽我部のキック、パスも冴え、FLティーポレ、LO篠塚のトライで、30分過ぎまでは13-6とリードした。ただし、三洋もあせらず、「サントリーはブレイクダウンに人数をかけてきたので、外のスペースが空いていた」(榎本)という言葉通り、チャンスを待った。そして35分、SO入江のインゴールへのキックを追ったWTB三宅が左隅にトライ。入江が難しいコンバージョンも決めて同点に追いつく。ここで、サントリーは好調の曽我部が右足を痛めて退場するアクシデント。流れは大きく三洋に傾いた。

前半終了間際にも入江がPGを決めて、16-13とリードした三洋は、風下の後半もFB田井中のロングキックで陣地をとり、入江が難しいPGを着実に決めて、最後は交代出場のHO堀江が決勝トライ。息詰まる接戦を制した。ブレイクダウンで徹底してプレッシャーを受けながら、グラウンドを広く使うスタイルを崩さなかった三洋の勝利だったが、サントリーがミスで崩しきれなかったとも言える。日本選手権で再戦が実現すれば、どうなるかはわからない。

前半のペースでいけば、サントリーが十分に勝てる内容だっただけに清宮監督は無念そうだった。「悔しいです。でも、次につながる内容だし、悲観する試合ではありません」と話したが、山下キャプテンは「これだけミスをしたら勝てるわけがない」と険しい表情だった。

飯島監督は「サントリーはスクラムに自信があったと思います。開幕戦では、大人と子どもと言われたスクラムが、互角以上にできました。逆にブレイクダウンはサントリーの激しさにやられました」と、危うい勝利にほっとした笑顔で語った。副キャプテンの三宅は、「マイクロソフトの準決勝にふさわしい試合だった気がします。サントリーは強かった。強力なランナーをシンプルにぶつけられ、止めることができませんでした」とコメント。「決勝で東芝にチャレンジできることが素直に嬉しいです」と決勝戦を見据えていた。

秩父宮ラグビー場も含めた結果は以下の通り。2月8日の決勝戦は、東芝対三洋電機の組み合わせとなった。

◎プレーオフトーナメント準決勝結果
東芝ブレイブルーパス○26-7●神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半12-0)
サントリーサンゴリアス●22-32○三洋電機ワイルドナイツ(前半13-16)

◎全国クラブ大会決勝結果
タマリバ○64-17●駒場WMM(前半21-12)

以上の結果、日本選手権の組み合わせが確定した。
2月7日(1回戦)
【花園】
12:00~NEC 対 神戸製鋼
14:00~サントリー 対 クボタ
【秩父宮】
12:00~帝京大学 対 リコー
14:00~早稲田大学 対 タマリバクラブ

2月15日(2回戦)
【秩父宮】
12:00~①帝京大/リコー 対 NEC/神戸製鋼
14:10~②サントリー/クボタ 対 早稲田大/タマリバ

2月22日(準決勝)
【花園】
14:10~①の勝者 対 三洋
【秩父宮】
14:10~東芝 対 ②の勝者

2月28日の決勝戦は秩父宮にて14:00キックオフ

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 箕内・土佐対談 | トップページ | 7人制日本代表 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    サントリーと早稲田の対戦が実現することを楽しみにしています!どちらも好きなチームですが、やはり当日は早稲田を応援でしょうね。ま、とりあえず、両チームとも一回戦は勝ってもらわないと実現しないんですけどね。。

    投稿: funky | 2009年2月 2日 22:19

    日本選手権の組み合わせの決め方が、透明じゃないですね。準決勝がMS杯と違う組み合わせになるのは分かりますが、どちらの山になるかの決め方の理由を知りたいです。

    投稿: ながせまさゆき | 2009年2月 2日 17:44

    花園ラグビー場、好カードにもかかわらずお客さんの入りはいまいちでしたね~。

    日本選手権の準決勝の1試合は花園ラグビー場で行われるのに、2回戦の試合は花園では行われない(2試合とも秩父宮ラグビー場)のは何故でしょう?

    投稿: マスター | 2009年2月 2日 16:45

    まだプレーオフ決勝の結果も出てないのに、なぜ三洋は日本選手権はアウェーの花園に決まったんでしょうか?
    リーグ戦の1位通過ではなくトップリーグ王者が日本選手権はホームアドバンテージを取るべきです。

    まさか本社が大阪だからという理由はないとは思いますが、あれだけ太田でファンサービスをして普及活動をしてるのに、理由もなくアウェーの花園にまわされる理由がわかりません。

    投稿: タロ | 2009年2月 2日 15:27

    三洋電機は、あの劣勢な展開でよくぞ勝利をつかんだものだと感心します。
    このごろの試合巧者ぶりには、昔を知るファンは脱帽です。そのニックネーム、ワイルドナイツは変えるべきかもしれません(笑)

    投稿: ねも | 2009年2月 2日 10:58

    プレーオフの結果速報の直後に日本選手権の組み合わせも配信されてきました
    桟敷側からしてみたら気持ちの切り替えも全くつかぬうちにもう次の大会
    時期をずらして、シーズンを長くしてもらうわけにはいかんのでしょうか
    慌ただしくてどうも馴染めません

    投稿: ナベゾ | 2009年2月 2日 05:38

    風下の前半を12点差で終えたときは「ひょっとしたら・・・」と期待しましたが、こちらに攻撃のミスが多すぎて風上の優位性を生かせずに終わりました。
    三洋戦は守備のミス・東芝戦は攻撃のミスで勝てるチャンスを失ったのは歯がゆいかぎりです。
    三洋戦の得点と東芝戦の失点をいいとこ取りすれば35-26で勝ち試合なのになぁ、とせんのないことを思う今夜です。

    投稿: 神戸製鋼ファン | 2009年2月 2日 00:42

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/43928774

    この記事へのトラックバック一覧です: MS杯準決勝結果:

    » 神戸製鋼は、ずっと“おしん”のままだった (MS杯準決勝 結果) [ココロミ]
    神戸製鋼は、ひたすら“おしん”になり、我慢、ガマンでそのまま終わっちゃった。でも、そのディフェンスの集中力は凄かった。 マイクロソフトカップ セミファイナル 2009年2月1日(日)14:00Kick Off 秩父宮 神戸製鋼コベルコスティーラーズ ● 7-26 ○ 東芝ブレイブルーパス   神戸製鋼 前半 0 :T0G0PG0DG0 / 後半 7 : T1G1PG0DG0 東芝    前半 12 : T2G1PG0DG0 / 後半 14 : T2G2PG0DG0 出場選手:1平島 久照... [続きを読む]

    受信: 2009年2月 2日 00:14

    » ラグビー神戸製鋼、善戦及ばず。次は日本選手権だ!! [IXY-nob]
    今日はラグビーマイクロソフトカップセミファイナル。 花園ラグビー場への出撃も考えたのだが、4強中唯一関西勢である神戸製鋼をオンタイムで応援するため、テレビ観戦。前半は今年の神戸の強みであるディフェンスが機能し、風下にもかかわらず、東芝の攻撃をことごとく封じた。 ただ、しっかりと守りながらもペナルティーやキックミスなど、自分たちのペースへ持っていくことができない。 結局前半25分にシンビン(一時退場)を犯した直後に失点(トライ)。 さらに「ここで守りきって後半へ」という前半終了直前に追加点を許した。(... [続きを読む]

    受信: 2009年2月 2日 08:55

    « 箕内・土佐対談 | トップページ | 7人制日本代表 »