« U20合宿に思う | トップページ | 決勝戦メンバー »

さまざまな支援

Cover_0904

25日はラグビーマガジン4月号とラグビークリニックの発売日。クリニックの特集は「ブレイクダウン」。現代ラグビーの勝敗を分ける鍵とされるボール争奪戦をさまざまな角度から解説している。多くのFW第三列の選手が憧れるジョージ・スミス(オーストラリア代表)が、「低さこそ最大の武器」と、ボールを奪う秘訣を教えてくれる。

Rugbyclinic_16

国内シーズンは、日本選手権決勝(2月28日)を残すが、きのうまでの日記でもご紹介している通り、各代表チームの活動も活発化している。3月8日、大阪の花園ラグビー場では、トップリーグのオールスター戦がチャリティマッチとして行われるのだが、その収益金の一部を寄付する先が、「日本せきずい基金」および「大阪府 みどりの基金」に決定した。25日、この試合を提案し、実現に動いたキャプテン会議の代表・大畑大介選手が、大阪府の橋下知事を表敬訪問。この試合の顔として、さまざまな場所でアピールしようと頑張っている。ラグマガにも大畑選手のインタビューがある。

出張などが重なって紹介するのが遅れたのだが、21日の土曜日、毎日新聞の夕刊にこんな記事が紹介されていた。「ろう学校:中学設立資金が不足 社会人ラガーマン支援へ」。早川健人記者による記事を抜粋したい。

《耳の聞こえない子供たちに「日本手話」で授業をする全国唯一の私立ろう学校「明晴学園」(東京都品川区)が、中学校の設立資金不足に悩んでいる。窮状を知った社会人クラブのラガーマンたちが、「自分たちの『ことば』で授業を受けたい」との願いをかなえてあげようと支援に乗り出した。
 学園は1999年、フリースクールとして出発。国の構造改革特区に認められて2008年4月に開校、幼稚部と小学部に計37人が通う。「日本手話」で授業をするため、「分かりやすい」と子供たちに好評だ。最上級生として5年生7人が通っており、進学先となる中学部の2010年度開設を計画。学校法人として認可した都は、中学部運営資金計3000万円を6月までに集めることを条件にしている。
 しかし、集まった募金は389万円。聴覚障害者のラグビー「デフラグビー」への支援が縁で関東ラグビー協会加盟の「東日本トップクラブリーグ」(11チーム)の選手たちが協力を申し出た。2月7日、東京・秩父宮ラグビー場で、日本選手権1回戦に出場した「タマリバクラブ」(神奈川)の控え選手15人が学園の子供7人と一緒に募金を呼びかける手作りのビラを観客に配った。
 関東ラグビー協会の奥村敏明クラブ委員長は「協会所属チームメンバーの子供も明晴に通っている。ぜひ力になりたい」と話す。ビラ配りは日本選手権決勝の28日まで毎週末、同ラグビー場で続ける》

 日本選手権決勝を観戦されるみなさんは、ビラ配りをする子供達に会えるでしょう。ぜひ、この問題を考えていただければと思います。記事はHPでも見ることができます。コチラです。 

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « U20合宿に思う | トップページ | 決勝戦メンバー »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    主人と一緒にラグビーをやってた方もデフラグビーを知ってもらおうと花園にブースを出して紹介していました。今、息子と一緒にラグビーをしている子のご両親も耳が不自由な方です。私もなんとかコミュニケーションを取りたいと手話を勉強していますが、本当に難しいです。手話での授業教える方も大変だと思いますがぜひぜひみなさんが学びたいことを学べる場を提供してあげてほしいと思います。

    投稿: にも吉 | 2009年2月26日 09:37

    大畑現役続投宣言に感動しました
    この感動で、ボクももう少し頑張れそうに思いました
    しかし、支える家族の心境を思うと....

    投稿: ナベゾ | 2009年2月26日 06:10

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/44172966

    この記事へのトラックバック一覧です: さまざまな支援:

    » 大畑大介、来季も現役続行 [ココロミ]
    時事ドットコムより ラグビー・トップリーグ、神戸製鋼のWTB大畑大介(33)が25日、大阪市内で現役続行を表明した。今季終盤に左肩を骨折するなどけがが重なったことで、去就が注目されていた。大畑は「日本一になって完全燃焼し、納得してから終わりたい」と、来季への決意を示した。  大畑は、テストマッチ(代表同士の試合)通算69トライの世界記録を保持する。  大畑大介、来シーズンも走ってくれるんですね! まずは嬉しいです。 トップリーグ プレーオフ1回戦、東芝とのゲームの前半6分で左肩骨折で退場。両足のア... [続きを読む]

    受信: 2009年2月26日 00:26

    « U20合宿に思う | トップページ | 決勝戦メンバー »