« 新加入、退団選手ほか | トップページ | 文鳥舎ライブ最終回 »

2009年度日本代表メンバー

19日の午後、2009年度の日本代表メンバー30名が発表になった。キャプテンは、菊谷崇。すでにメディカルチャックなどは終わっているのだが、本格始動は、4月15日から熊谷ラグビー場で行われる合宿から。そして、カザフスタン戦(4月25日)から始まるアジア5カ国対抗に臨む。大会終了後、負傷者の状態や、試合でのパフォーマンスによって多少のメンバー変更を加え、この春のターゲットであるパシフィックネーションズカップ(PNC)に参加する。

今季のPNCは、フィジーが主会場になるのだが、日本の試合はすべてフィジーで行われる。ジョン・カーワンヘッドコーチは、「PNCは非常に重要です。目標は日本の世界ランキングを11位に上げること。それが2011年でのトップ8入りにつながってくる。今年のPNCで、サモア、フィジー、トンガ相手に2勝から3勝あげなければ、順位は上がらない」と意気込みを語った。

「2007年からのプロセスの中で、2008年はワールドカップでの成果を崩すことなく培っていく1年であり、選手の新旧入替のシーズンでもありました。今回選んだ選手の80%を2011年のワールドカップまで継続して強化していくつもりです。2009年は2011年大会のベースを作るシーズンと位置づけています。PRは日本がワールドクラスの選手を育たなければいけないポジションであり、5名を選びました。HO3人、SH3人も、ワールドカップで行うであろう同じ編成にしています」

また、今季からフルタイムのFW&スキルコーチとして、元オールブラックスのスキルコーチを務めていたマイケル・バーン氏を招き、彼を中心に、新たなキッキングプラン、アタックのストラクチャーを作ることも明らかにされた。

今回の選考から、負傷を理由に漏れたのは、三洋電機の相馬朋和、ホラニ・龍コリニアシ、入江順和、神戸製鋼の松原裕司、トヨタ自動車の遠藤幸佑との説明があった。つまり、それ以外はカーワンHCが、ベストと考えた選考であり、インターナショナルレベルであるか、将来、インターナショナルレベルで通用する選手になる可能性があると考える選手達ということになる。また、現在ウエールズでプレーしているSOジェームズ・アレジについても、今後、代表に選び、SO争いに加えたいという意向を語った。

龍コリニアシ、遠藤はこの春のプレーは難しいそうで、龍コリニアシと同等の働きを期待されてタウファ統悦が選出され、ワイド展開の中でしっかりボールを継続できる選手としてジャック・タラントが選ばれている。タラントはFB、CTBもできるし、吉田大樹、松下に関してはWTBもこなせる。FWについては、PR、HO両方でレベル高くプレーできる金井を選出。少ない人数の中でもやりくりのできる布陣になっている。オライリーは怪我でこの一年プレーできていないが、その怪我は癒えているようだ。また、ボールにアグレッシブに絡める三列として、カーワンHCがどうしても選びたかった旨を話していた。

■FW=17
PR1平島久照、 川俣直樹、HO青木佑輔、安江祥光、金井健雄、PR3畠山健介、山下裕史、仲村慎祐、LO4大野均、ルーク・トンプソン、LO5北川俊澄、北川勇次、FL菊谷崇、フィリップ・オライリー、中山義孝、マイケル・リーチ、No.8タウファ統悦
■BK=13
SH吉田朋生、矢富勇毅、田中史朗、SOショーン・ウェブ、大田尾竜彦、CTBブライス・ロビンス、今村雄太、平浩二、ライアン・ニコラス、WTB小野澤宏時、ジャック・タラント、FB吉田大樹、松下馨

■スタッフ
ゼネラルマネージャー=太田治/ヘッドコーチ=ジョン・カーワン/アシスタントコーチ=グラント・ドゥーリー/FW&スキルコーチ=マイケル・バーン/ストレングス・コンディショニングコンサルタント=マーティン・ヒューメ/ストレングス・コンディショニングコーチ=太田正則/通訳・コーチングコーディネーター=香川淳一/テクニカル=前田祐樹/アシスタントマネージャー=岩本征二/ドクター=村上秀孝/アスレチックトレーナー=木村通弘/アスレチックトレーナー=原賢二/通訳=中澤ジュリア/広報=永井康隆

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 新加入、退団選手ほか | トップページ | 文鳥舎ライブ最終回 »

    「愛好速報」カテゴリの記事




    コメント

    日本代表発表記者会見での太田GM、カーワンHCの発言を確認しました。
    7月の日本A代表の海外遠征プランは没になったのですね。残念。JKは「私はA代表をW杯に行きたい選手のチームとして活用する」と語っていたのに。
    記者会見でのJKの発言は、2011年W杯日本代表のセレクション打ち切りを宣言したものと受けとめました。

    投稿: マスター | 2009年3月21日 18:28

    国代表の資格についての国際ルールがありますが、強豪国はそれに加えて自国のルールを持っているようです。たとえば国内でプレーしていることや、自国人の先祖がいるとか。ジャパンの外国人選手たち、ほぼみな素晴らしい選手で大好きですが、国の代表で戦う以上、ラグビー界以外の国民も納得・了解する必要があると思います。協会にはその義務があります。いつもラグビーを知らない人たちにそのことを質問されて、説明に窮してしまいます。今回は選ばれませんでしたが、国際ルールではOKでも、今はすでに日本にいない外国人選手を代表に呼んだりしては、ラグビー界の悲願である人気・底辺拡大には逆効果でしょう。せめて日本の学校を卒業とか、弱くても誇りを持って運営してもらいたいです。ことフル代表に関してだけは、日本ラグビーの代表ではなく、日本の代表というコンセプトがないと広くは支持されないと思います。

    投稿: smowman | 2009年3月21日 12:27

    箕内選手のパフォーマンスは低かったのだろうか?
    ここ数年、FWの箕内、BKの小野澤とキャプ50目前の二枚看板がJAPANを引っ張って来たと言っても過言ではないと思うが、その一枚がJAPANから抜けて、時代も移ろうとしているのか、と思わずにはいられない。

    投稿: エリス少年 | 2009年3月20日 17:00

     ニューポートドラゴンズのアレジも選考漏れ
    ですか…。 あと、確かに、走れるPR
    ビーストみたいな選手が日本にいたら…。
    08/09シーズンは暗い話題が多かったので
    それを吹き飛ばす活躍を期待。あと、村上さん
    質問なのですが、今年はクラッシクオール
    ブラックスは日本でも、世界でも活動しない
    のですか? 継続してほしい面白い企画
    だったのですが…。
     P.S  昨日のNHKの番組に ななめ45度
    が出演。強豪ひしめく中11組中6位と健闘
    してました。ダークホースらしい戦いぶりでした。
    ラグビープラネットで彼らと共演してたこと
    村上さん覚えてましたか?

    投稿: Jaco van del Vault | 2009年3月20日 07:08

    箕内ももう終わりなんですかねぇ…。

    投稿: らぐじ~ | 2009年3月19日 23:32

    豊田入って欲しいですね。
    菊谷、中山と競争するチャンスをあげて欲しい。
    堀江選手は辞退ですか?

    投稿: 行 | 2009年3月19日 23:14

    JKの日本代表だから、言っても仕方ないことですが。
    どんなセレクションがされるのかな、という楽しみはほとんどありませんわな。
    ただ、トップリーグでのパフォーマンスがイマイチでも選ばれ続けるというのは興醒めです。

    投稿: マスター | 2009年3月19日 22:05

    8番で東芝の豊田が入ると思ったんですが・・次のWCは彼で行くべきだと

    投稿: kerikeri | 2009年3月19日 21:25

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/44398697

    この記事へのトラックバック一覧です: 2009年度日本代表メンバー:

    » 西川先生の “2009 春 日本代表スコッド” 雑感 [日生学園第二高校ラグビー蹴球部 “ラグビー魂”]
    こんばんは! 日生学園第二高校ラグビー蹴球部 “ラグビー魂” です! 練習を終えて、ブログを更新しようとパソコンに向かったら、2009年 春シーズン 日本代表スコッドが発表されていました。 少し予定を変更して、簡単にですが勝手な寸評を “雑感” というかたちで更新しようかと思います。 今日は、FW編を! “西川先生シリーズ” 特別編 “2009 春 日本代表スコッド” 雑感  FW編 【フロントロー】 昨秋の日本代表スコッドに入っていたメンバーが中心。... [続きを読む]

    受信: 2009年3月19日 18:49

    » 【速報】セコムラガッツ存続請願書 8767人分の思い・・・。 [まる≠楕円・・・? ふたたび]
    セコムラガッツ狭山応援会様からコメントいただきました。 2/22のラガッツ感謝祭 [続きを読む]

    受信: 2009年3月19日 20:41

    » ラグビー近鉄ライナーズ!「タウファ統悦」選手日本代表に初選出おめでとう!! [IXY-nob]
    4月25日からラグビー日本代表は、春の国際試合に入ります。HSBCアジア5カ国対抗から、パシフィック・ネーションズ・カップまでの8試合です。 この連戦の出場選手が昨日発表され、わが近鉄ライナーズからは今はとなった「ルーク・トンプソン」と「タウファ・統悦」の2選手が選出されました。 ルークはすでに日本代表の中心選手となっており、カーワンHCの信頼も厚いので当然ですが、統悦が選ばれたことには驚きと同時に大変嬉しく思いました。この「タウファ・統悦」選手はトンガ系の帰化選手ですが、高校から日本に留学し、日大... [続きを読む]

    受信: 2009年3月20日 09:47

    » 日本代表発表 [体脂肪マン的個人日記]
    日本代表選手が発表された。 松原は?入江は?龍は?と思っていたらJKの記者会見記事に怪我のため選出しなかった旨のコメントが。 今シーズンプレーできていなかったオライリーの選出にはビックリ。 これは過去の実績と怪我は完治しているとのことなのだろうが・・・。 2008年は、多くのスコッドメンバーを発表した後に代表を選出していたと思うのだが、今年は代表メンバーの選出だけ。 まぁ、怪我とかした時に追加招集された人は全てスコッドの中からというわけでは無かったと記憶しているので、スコッド自体が重要ではないとい... [続きを読む]

    受信: 2009年3月21日 07:39

    » 西川先生の “2009 春 日本代表スコッド” 雑感 BK編 [日生学園第二高校ラグビー蹴球部 “ラグビー魂”]
    こんばんは! 日生学園第二高校ラグビー蹴球部 “ラグビー魂” です! 先ほど関東遠征前最後の練習試合を終えてきました。 レポートは、また明日にでも更新しようと思います。 今日は少し予定を変更して、 “西川先生シリーズ” の特別編、先日更新したFW編に続いてBK編を! “西川先生シリーズ” 特別編 “2009 春 日本代表スコッド” 雑感  BK編 【HB団 (SH・SO)】 SH相変わらずの3人体制。 『強さ』 の吉田選手 (東芝)、『速さ』 の矢... [続きを読む]

    受信: 2009年3月21日 18:43

    « 新加入、退団選手ほか | トップページ | 文鳥舎ライブ最終回 »